菊池幸見

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きくち ゆきみ
菊池 幸見
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岩手県遠野市
生年月日 (1960-06-25) 1960年6月25日(59歳)
血液型 A型 
最終学歴 法政大学法学部法律学科
勤務局 IBC岩手放送
部署 報道局アナウンス部
活動期間 1983年4月 - 現在
公式サイト IBC岩手放送・アナ部屋 菊池幸見アナ
担当番組・活動
出演中 朝からRADIO
出演経歴 幸見の週刊おじさん白書
備考
第32回(2006年度)アノンシスト賞活動部門賞受賞(方言詩の世界)

菊池 幸見(きくち ゆきみ、1960年6月25日 - )は、IBC岩手放送アナウンサー作家1983年にIBC岩手放送に入社。「爆発ワイドラジオ新鮮組」(以下「新鮮組」)「IBC TOP40」など数多くの人気番組を担当した。現在、盛岡市在住。

略歴[編集]

  • 中学・高校時代はいわゆるハガキ職人で、特に『あのねのねのオールナイトニッポン』では「黄金バット」というペンネームで常連投稿者として知られていた[1]。一方でBCLも趣味で、特に『アンデスの声』の日本語放送担当だった尾崎夫妻とは長く文通を続けた仲[1]
  • 大学在学中は落語研究会に所属しており、研究会仲間に現読売テレビ森武史がいた。また、文化放送みのもんたの番組のアルバイトを経験していて、彼にずいぶん鍛えられたという[2]
  • ニッポン放送の入社試験も受験しており、そのときの試験官は、のちに同社社長となる亀渕昭信であった[2]
  • フリートークでの朴訥さ漂う語りが特徴。また得意とする「方言」も菊池の武器であり、「南部弁が堪能なアナウンサー」として、県内放送局でも数少ない存在となっている。
  • 1985年頃、同じラジオ番組を担当していた村井博子アナウンサーと「たけのこのこ合唱団」としてレコード「素敵にきらめいて」をリリース、夏の高校野球岩手県大会の開会式にも使われた[2]
  • 1980年代には、自分の弟子軍団「ゆきみ軍団」、そのまた弟子の軍団「ゆきみ軍団セピア」が存在しており、一部の団員は「新鮮組」に出演していた[2]
  • 伊奈かっぺいとの交流が深く、「にぎりっぺい」の名を賜ったこともある。岩手ならではの話を収録した「岩手でござい!」という本も著しており、伊奈かっぺい本人は、これに影響され1991年に「青森でござい!」を出版したなお、1994年には、あゆかわのぼるの「秋田でごさい!」も出版されている。
  • 趣味は釣りプロレス観戦。特にプロレス好きの側面は「新鮮組」時代によく現れており、番組内に「山本大鉄(山本小鉄のもじり)」なるキャラクターが登場したこともあった。ザ・グレート・サスケみちのくプロレスを旗揚げすると、IBCで放送された団体初のテレビ中継において大仁田厚対サスケの電流爆破デスマッチを実況した。
  • 1997年には「夕方ワイド番組」ブームに乗り、テレビの冠番組「幸見の夕刊テレビ」が立ち上がる。しかし同時期に始まったテレビ岩手5きげんテレビ」の優勢を崩せず1年半で終了。以後はふたたびラジオ番組担当が主となる。
  • 2010年、司会を勇退した大塚富夫から譲られる形で「IBCラジオ・チャリティー・ミュージックソン」司会となる。2018年現在も継続中である。
  • 2013年、照井健の後任として「じゃじゃじゃTV」の司会に就任。こちらも2018年現在継続中である。
  • 2003年に「泳げ、唐獅子牡丹」を上梓し、作家デビュー。岩手県を舞台に、放送局に勤務する自身の経験・知識を生かした小説を数年に一作のペースで発表している。なおこれにより、盛岡文士劇では作家がキャストの中心となる時代劇パートに出演している(通常、アナウンサーは現代劇パートに出演する)。

現在の担当番組[編集]

テレビ

ラジオ

過去の担当番組[編集]

テレビ

ラジオ

著書[編集]

  • 岩手でござい!(1994年)
  • 泳げ、唐獅子牡丹(2003年・2008年文庫祥伝社
  • 翔けろ、唐獅子牡丹(2011年・文庫書下ろし 祥伝社)
  • 走れ、健次郎(2014年・2017年文庫化 祥伝社)

CD[編集]

  • 岩手弁「方言詩の世界」
    • 2006年8月2日 お色気編(TKCA-73097)/笑いと涙編(TKCA-73096)/抒情編(TKCA-73095)
    • 2006年12月20日 少年時代編(TKCA-730155)/家族編(TKCA-730154)
    • 2007年8月3日 純情編(TKCA-73229)/笑いと涙編パート2(TKCA-73228)

関連項目[編集]

  • 伊奈かっぺい(「ござい!」シリーズ第1弾の「青森でござい!」を出版)

関連サイト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ラジオパラダイス』(三才ブックス)1990年4月号 p.45
  2. ^ a b c d 別冊ラジオパラダイス「DJ名鑑」(1987年刊)p.207 より
  3. ^ 2009年3月までは木曜も担当。また2015年3月までは水曜も担当。

外部リンク[編集]