仲本工事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
仲本 工事
本名 仲本 興喜(なかもと こうき)
生年月日 1941年7月5日(75歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都渋谷区
血液型 A型
身長 160cm
方言 東京方言
最終学歴 学習院大学政治経済学部
トリオ名 こぶ茶バンド
グループ名 ザ・ドリフターズ
相方 いかりや長介
加藤茶
高木ブー
荒井注
志村けん
立ち位置 左から2番目(ザ・ドリフターズ)
事務所 渡辺プロダクション

イザワオフィス
他の活動 歌手
作曲家
俳優
配偶者  三代純歌
公式サイト イザワオフィス 仲本工事プロフィール

仲本 工事(なかもと こうじ、1941年昭和16年〉7月5日 - )は、日本コメディアン歌手ギタリスト作曲家俳優ザ・ドリフターズこぶ茶バンドのメンバー。本名、仲本 興喜(なかもと こうき)。

東京府東京市渋谷区(現:東京都渋谷区)出身[1]イザワオフィス所属。バンドでの担当はボーカルギター。血液型はA型。身長160cm、体重66.5kg[2]。両親は共に沖縄県からの上京者。ドリフ映画での呼び名は「メガネ」。

沖縄で活躍する従兄弟の仲本興次もミュージシャンで、マーニンネーラン・バンドのドラマーである。日本芸術専門学校特別講師。

来歴[編集]

東京都立青山高等学校在学中は300人中7番の秀才で、東京都で2位の成績を残した体操選手としても活躍、文武両道であった。将来は弁護士になることを志望していた。同級生には俳優橋爪功がいた(ただし橋爪は転入生である)。

学習院大学政治経済学部卒。大学時代、ジェリー藤尾率いるジャズ・バンド「パップ・コーンズ」にセカンドシンガーとして本名で参加。この時のバンジョー奏者に高木智之(後の高木ブー)がいた。ドリフターズ加入前には加藤英文(後の加藤茶)とともにクレイジーウエストに参加していたこともある。

高木の誘いにより1965年1月1日付でドリフターズに加入。高木はいかりやに紹介するギタリストを仲本にするか、それとも同じバンド仲間の青木健にするか少し悩んだが、いかりやがあまりに急いでいたため、すぐ連絡が取れた仲本に声をかけたと述べている[3]。また、当初両親が芸能界入りに反対したため、いかりやが連日仲本の自宅に通って説得したという。

1966年日本武道館で開催されたビートルズ日本公演の前座としてドリフターズも参加。『ロング・トール・サリー』(邦題:『のっぽのサリー』)を仲本のリードボーカルで演奏した。

1969年10月、ドリフターズをメインに据えた国民的バラエティ番組『8時だョ!全員集合』がスタート。仲本もメンバーとしてグループの中枢を支える。

1981年、競馬のノミ行為が発覚し、志村けんとともに書類送検された。志村に比べて賭け金が大きかった事から、『8時だョ!全員集合』のプロデューサーだった居作昌果共々競馬法違反で略式起訴され罰金刑を受けた。この事件は当時の新聞の社会面やトップを飾り(朝日新聞の見出しは『ノミ馬券だョ!全員集合』)、仲本、志村は以降しばらく『全員集合』をはじめとするテレビ出演を見合わせ、ドリフターズ全員で出演していた永谷園のテレビCMも、仲本、志村を除く3人のみのバージョンに差し替えられるなど、芸能活動を1か月半自粛した。また、同年7月25日放送の『全員集合』での学校コントでは、仲本自身がこの件に関連したネタを披露する場面があった。なお、いかりやも一緒に関わっていたにもかかわらず、実際に摘発されたのは仲本、志村の2人だったという[4]

1982年、妻(紀子夫人)が心不全で亡くなる[5]

1985年、主演の『8時だョ!全員集合』が番組終了。

1990年水戸黄門第19部左甚五郎役を演じる。

1991年、美恵夫人と再婚[6]

1997年4月から6月にかけてフジテレビ系で放送されたドラマ『総理と呼ばないで』で官房事務副長官の役を演じる。

2002年SMAP稲垣吾郎ANAのテレビCM「超割(神様編)」で共演。

2003年6月、明治乳業「VAAM」のテレビCMで高橋尚子高木ブーと共演。

2004年11月26日に発売されたサザンハリケーン(学習院大学の後輩)のCDのジャケットに登場。

2006年6月、所属事務所を通じて、美恵夫人と2004年に離婚していたことを発表した。美恵夫人との間には1男2女を儲けている[7]

2006年10月4日に発売されたRAG FAIRのアルバム『オクリモノ』のテレビCMに出演。

2012年7月、27歳下の歌手、三代純歌と3度目の結婚を発表。仲本が三代の曲『恋待ちつぼみ』のプロデュースをしたことがきっかけとなり、2006年頃から交際を開始。2008年にはデュエット曲『この街で』を発表している。同月14日、新高輪プリンスホテルの「飛天」で披露宴を行った。

人物・エピソード[編集]

  • 中学校時代、担任が体操の先生であったことがきっかけで体操をはじめる。渋谷区の大会で団体優勝。高校1年の時には東京都の新人戦で個人総合4位。その後も体操選手として活躍し、ドリフターズのメンバーとなった後も『8時だョ!全員集合』の体操コーナー等で披露していた。また中学生時代の同級生兼バンド仲間に、後にスリーファンキーズのリーダーとして有名になった長沢純がいた[8]
  • 「仲本は確かに若くしてジェリーさんのセカンドを務めるだけあって、歌は巧かった」と高木は述べている(高木ブー『第5の男』p.85)。
  • 芸名の由来は以下に記す二説があり、どちらが正しいかは不明。
    • ドリフターズ加入後、当時所属していた事務所の先輩ハナ肇に「それにしても、お前はいつも体が工事中だな(怪我が多かったため)。よし、お前は芸名を『仲本工事』にしなさい。」と言われて(高木ブーの証言)。
    • 仲本自身が本名の「こうき」をあまり好きではなかったため「こうじ」と名乗っていたところ、ハナに「こうじはそのままでよい、その代わり道路工事の工事としなさい」と言われる。(いかりや長介の著書より)
  • 仲本といかりやのコンビによる『ばか兄弟』のコントや、サイレントムービーの単独コントのパロディは、仲本のみならずドリフターズの全コントの中でも評価が高く、発売されているDVDにも収録されている。また、体を張ったズッコケなどのリアクション芸も見せる。
  • ドリフターズのステージで着用している黒ぶちの眼鏡は伊達眼鏡である(コンタクトを装用した上でかけている)。若いころは両眼とも視力2.0を誇っていたという。なお、伊達眼鏡はドリフターズ5人揃った仕事の時のみと限定している。
  • コントでは「要領のいい、リーダーに媚を売る役」、「内心、何を考えているのか分からない役」を演じることが多い。また、得意の床運動(マット体操)を用いた軽快な身のこなしで、いかりやのツッコミを華麗に受け流すコント芸も有名。
  • ドリフ大爆笑』のコントで、棺に入った遺体を演じた際にそのまま眠ってしまい、それがNGにならず実際の放送で使われた。
  • いかりやの著書によれば、実はネタ作りやギャグの才能もあったが、どうすればもっと面白くなるかということに全く興味を示さず、やる気のなさから埋もれていたという。加藤が交通事故を起こして『全員集合』を謹慎した時、見事にその代役を務めた。
  • 渋谷・センター街で「仲本工事の店 居酒屋 名なし」を経営していたが、2005年に閉店した。
  • 弟子に演歌歌手の三代純歌がいる。三代が歌う『恋待ちつぼみ』(2006年6月17日発売)では作詞と編曲を担当。また、カップリング曲『真夜中のギター』では三代とデュエットした。
  • 2006年7月13日、高知県内のパチンコ店で財布を落としたが、盗まれたと思い被害届を提出。その後、財布を拾った男性が高知南警察署に届け、同日手元に戻った。
  • 近年は役者としての活動が多い。またライブハウスでソロライブを行うなど、音楽活動も精力的に行っている。
  • は飲めない。
  • 菓子メーカー「ロッテ」の企業コピーである「お口の恋人」は、仲本の母親が考案、応募し採用されたもの[9]である。

ギャグ[編集]

  • 「コ・マ・オ・ク・リ・モ・デ・キ・マ・ス・ヨ」(松下電器のビデオデッキ「マックロード」のCM)
  • じゃんけん決闘(志村とのペア) ※これにより、「最初はグー」が生まれ、全国的に広まったが、仲本ではなく志村の考案によるものである。
  • ばか兄弟(いかりやとのペア)
  • 「加藤(仲本)さん、○○されましたなぁ」「いや~、参った参った!」(加藤とのペア。後ろを向きながら自分の後頭部を軽く叩く。初期はこの後に荒井注が「私も○○されましたなぁ、いや~、参った参った」と言おうとしていかりやに「おまえはいい!」と突っ込まれるパターンがウケた)
  • 「二度としません。三度します。」
  • 「おおブレネリ、わたしのおうちはどこ」

出演[編集]

ドリフターズとしての出演は、「ザ・ドリフターズ」を参照のこと。

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

テレビCM[編集]

楽曲[編集]

ザ・ドリフターズこぶ茶バンドとしての活動は各項目を参照。

  • この街で(2008年6月4日) c/w:白いブランコ 真夜中のギター ※全曲三代純歌とのデュエット
  • 持病の歌〜ぼくには夢がある 希望がある〜(2013年7月3日) c/w:こんにちは私の奥さん ※三代純歌とのデュエット

その他、『うる星やつら』など、80年代アニメに多くの劇中曲を提供している。

OVA[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山下武『大正テレビ寄席の芸人たち』p.243(東京堂出版、2001年)には「東京・日本橋の靴屋の倅」とある。
  2. ^ クイズ☆タレント名鑑』より
  3. ^ 高木ブー 『第5の男』 p.100-101
  4. ^ ドリフターズが「結成50周年」でも再起動しない理由- アサ芸プラス
  5. ^ 64歳仲本工事、離婚していた…ドリフ全員独身に
  6. ^ 64歳仲本工事、離婚していた…ドリフ全員独身に
  7. ^ 64歳仲本工事、離婚していた…ドリフ全員独身に
  8. ^ http://ameblo.jp/nagasawa-jun/entry-11102444717.html
  9. ^ ロッテの広告記事「忙中ガムあり(279)」(日本経済新聞2008年2月14日、42面)における仲本本人のミニエッセイより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]