嵯峨春平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

嵯峨 春平(さが しゅんぺい、1951年3月10日 - 2004年8月23日)は、石川県出身の実業家。北陸放送第六代社長。

金沢市出身、慶應義塾大学法学部卒業。祖父は北國新聞社5代目社長で北陸放送、金沢工業大学創設者である嵯峨保二、父は北陸放送第五代社長の嵯峨逸平。長女はタレント・モデルのさがゆりこ

経歴[編集]

  • 1976年昭和51年) - 慶應義塾大学卒業後、TBS[1]に入社
  • 1982年(昭和57年) - 北陸放送に転籍し、取締役就任
  • 1983年(昭和58年) - 代表取締役常務就任
  • 1985年(昭和60年) - 代表取締役専務就任
  • 1989年平成元年) - 副社長就任
  • 1993年(平成5年) - 代表取締役社長就任
  • 1997年(平成9年) - 北陸放送でのCM未放送問題をめぐって代表取締役社長を引責辞任
  • 2004年(平成16年) - 呼吸不全のため死去[2]

脚注[編集]

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス(TBSHD)。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ
  2. ^ 嵯峨春平氏死去、 四国新聞社

参考文献[編集]

  • 石川県人物・人材情報リスト2007 - 日外アソシエーツ