外山惠理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
とやま えり
外山 惠理
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都墨田区向島
生年月日 1975年10月22日(38歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学文学部
勤務局 TBSテレビ
活動期間 1998年 -
ジャンル バラエティ・ラジオほか
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界
過去 どうぶつ奇想天外!』など

外山 惠理(とやま えり、1975年10月22日 - )は、TBSアナウンサーラテ欄においては旧字体を新字体に差し替える慣例から「外山理」の表記を用いることがある。

来歴・人物[編集]

東京都墨田区向島出身。1998年アナウンサーとしてTBSへ入社(同期は駒田健吾新タ悦男)。身長154cm。血液型A型。現在では『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』をはじめラジオを主に担当している。

大学時代の彼女はチアリーディング部(慶應義塾大学チアリーダーズUNICORNS)で活躍していた。1998年発行の女子アナ写真集『We love TBS!!』(アスキー刊)や一部の週刊誌に当時の写真が掲載されていたほか、同年9月に開催されたイベント『アナウンサー大感謝祭』でもユニフォーム姿を披露していた。なお、同級生に巨人高橋由伸と元日本テレビアナウンサーの柴田倫世がいるが、まったく面識がないとのこと。

2000年5月、『土曜ワイドラジオTOKYO 永六輔その新世界』のアシスタントをしていた堀井美香が2度目の産休に入ることになり、同年3月まで放送されていた次の番組『清水圭のスポーツコングDX』のアシスタントだった外山が、後任のアシスタントに起用される。ただ、それまでの外山の言動などから、局内外からアシスタント起用を疑問視・不安視する声は非常に多く、実際に番組にも抗議の投書が寄せられたこともあったという。しかし、永六輔の献身的なサポート(永は抗議の手紙すべてに対し「長い目で見てやって欲しい」と返信したという)及び教育の甲斐あって、現在歴代アシスタント中でもっとも長くレギュラーを務め、今や「外山惠理その新世界」と永から冗談めかして語られるなど、ラジオ『誰かとどこかで』の遠藤泰子と並び、永のパートナーとして不動の位置にいる。外山は「永さんはラジオの師匠、先生」と敬愛、近年は永のサポート役として、永の出演するイベントへ共に登場することもある[要出典]

隔週レギュラーで出演していた『夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ』では、その言動からパーソナリティの宮川賢に「ピノコ(PNK)」というあだ名をつけられていた[1]。また、アシスタントを務めている『爆笑問題の日曜サンデー』では、顔立ちから爆笑問題太田光に「顔」や「ワンちゃん」と呼ばれている(フジテレビアナウンサー加藤綾子の愛称「カトパン」にあやかり、「トヤパン」と呼ばれたこともある)[2]

チェロをたしなんでいるという(先述の『We love TBS!!』に写真が掲載されている)。

実家は隅田川に架かる桜橋向島側の橋詰にある和菓子店「言問団子」を経営。母親も文化放送の元アナウンサーで、小俣雅子の後輩にあたる[3]

現在の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の担当番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 単行本『夜な夜なニュースいぢり X-Radio バツラジ』(TBSラジオ・編)より。
  2. ^ 3月31日の日曜サンデー”. 「爆笑問題の日曜サンデー」公式サイト (2013年3月31日). 2014年1月18日閲覧。
  3. ^ 『六輔の遠近メガネ―続・結界』(永六輔著、2001年、マガジンハウスISBN 978-4838713035、p157)
  4. ^ これ以前に不定期に担当したことがある。

外部リンク[編集]

先代:
金子あや
どうぶつ奇想天外!アシスタント
第3代
次代:
久保田智子