こども音楽コンクール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

こども音楽コンクール(こどもおんがくコンクール)は、TBSラジオなどJRN系列各局及びJNNTBS)系列局のテレビユー福島が主催して行われる小学生中学生対象の合唱合奏コンテストである。ヤマザキパンの協賛。

概要[編集]

毎年夏休み〜翌年1月にかけて行われており、小学校中学校コーラス部、合奏部、鼓笛隊(ブラスバンド部、吹奏楽部)、マンドリン・ギター合奏(マンドリン部)、リコーダー合奏(リコーダー部)、そのほか各種器楽(アコーディオンなど)、またクラスや学年単位で参加することも可能となっている。

同一学校からの参加は1つの部門につき1チームに限定する地域と2チームまでの地域があるが、同一楽曲による重複参加、同一グループによる複数楽曲の演奏は認めない。また地域によっては合奏の部第1、第2の両部門への重複出場が出来ない場合もある。

まずテープによる予備審査を各都道府県単位で実施し、その上位校が都道府県コンクール、地方ブロックコンクール(地区優秀校演奏発表会 次項に示す全国7ブロック)を経て、1月にTBSで行われる全国コンクール(文部科学大臣奨励賞選考会)で次々項に示す各部門の最優秀校(文部科学大臣奨励賞)を決定する。最優秀校は2月下旬、ないしは3月初旬に東京オペラシティで記念演奏会(表彰式兼ねる)に出演し、その模様はJRN系列に向けて「こども音楽コンクールスペシャル」と銘打って1時間の特別番組で、またTBSテレビでも30分のダイジェスト版として紹介されるほか、2010年から数年間は当時TBS HDが運営していたクラシック専門のインターネットラジオOTTAVAにおいて、不定期で参加した全国の小中学校の楽曲の演奏を配信していたこともある。

このコンクールは1953年にTBSの前身のラジオ東京が『ホーム子供コンクール』の名称で開始し、翌年『ラジオこどもコンクール』に改称した[1]1954年には毎日放送の前身の新日本放送が近畿2府4県の小・中学校を対象に『NJBこども音楽会』が開始した[2]1956年3月には両者が統合した東西大会が開催され、同年5月に『こども音楽コンクール』に改称した[3]。その後、1966年中部日本放送(現・CBCラジオ)が東海・北陸地方を対象としたコンクールを開始したほか[4]、毎日放送の呼びかけに応じて山陽放送RKB毎日放送など西日本の民放各社が参加するようになるなど、全国的なコンクールになっていった[2]

審査対象地域[編集]

審査部門[編集]

ラジオ番組・こども音楽コンクール放送局[編集]

TBSラジオ[編集]

放送時間[編集]

パーソナリティ[編集]

1953年-1977年(複数パーソナリティ制)
  • 斉藤昌子(1953年頃 - 1958年頃、TBS版初代司会者)
  • 中島みち(1953年頃 - 1958年頃、TBS版初代司会者)
  • 和田京子(1958年頃 - 1961年頃)
  • 吉村光夫(1958年頃)
  • 原田淑枝(1958年頃 - 1964年頃)
  • 山本文郎(1959年頃 - 1977年頃)
  • 二村義子(1964年頃 - 1969年頃)
  • 郷司淑子(1969年頃 - 1972年頃)
  • 菅原牧子(1969年頃 - 1972年頃)
  • 竹内道子(1975年頃 - 1976年頃)
1977年以降(1人制)
  • 石尾和子(1976年頃 - 1978年頃、山本文郎降板後は1人で番組進行した模様)
  • 吉川美代子(1978年頃 - 1981年頃)
  • 西田有里(1981年頃 - 1984年頃)
  • 佐藤真紀(1984年頃 - 1986年頃)
  • 鎌倉みどり(1986年頃 - 1988年)
  • 佐藤千春(1989年~1990年)
  • 佐古千春(1991年 - 1995年頃)
  • 畑杏子(1995年頃 - 1996年9月)
  • 広重玲子木村郁美(1996年10月 - 1997年6月、交代制)
  • 小倉弘子(1997年7月 - 1998年9月)
  • 外山惠理(1998年10月 - 2000年3月)
  • 海保知里(2000年4月 - 2001年3月)
  • 久保田智子(2001年4月 - 2002年3月)
  • 外山惠理(2002年4月 - 2003年3月)
  • 山田愛里(2003年4月 - 2007年3月)
  • 水野真裕美(2007年4月)
  • 山田愛里(2007年5月頃 - 2008年3月、これ以後は「プレシャスサンデー」パーソナリティーが兼務)
  • 新井麻希(2008年4月 - 2010年10月)
  • 久保田智子(2010年10月 - 2011年10月)
  • 岡村仁美(2011年10月 - 2012年9月)
  • 吉田明世(2012年10月 - 2013年3月)
  • 林みなほ(2013年4月 - 2015年3月)
  • 笹川友里(2015年4月 - )
参考資料
  • 『かがやく瞳たち、そして音楽・TBS「こども音楽コンクール」50周年記念』TBSラジオ&コミュニケーションズ、2003年発行
  • TBSラジオの1997年10月以降の番組表、TBSラジオ広報誌「954press」

東北放送[編集]

放送時間
  • 日曜日 8:10-8:30
パーソナリティ

信越放送[編集]

放送時間
  • 土曜日 8:20 - 8:30、日曜日 8:30 - 8:40

CBCラジオ[編集]

放送時間
  • 日曜日 12:10 - 12:20

毎日放送[編集]

放送時間
  • 日曜日 5:00 - 5:30
パーソナリティ

OTTAVA[編集]

放送時間
  • 不定期の土・日曜日 22:00 - 24:00(2011年度)

備考[編集]

  • TBSテレビでは1987年の終夜放送開始まで、放送開始前のテストパターンにてこども音楽コンクール出場校の演奏を流していたことがある(曲紹介はTBSの女性アナウンサーが担当していた)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京放送(編集) 『TBS50年史』、2002年、63-64頁。 
  2. ^ a b 毎日放送40年史編纂室(編集) 『毎日放送の40年』 毎日放送、1991年、70頁。 
  3. ^ 東京放送(編集) 『TBS50年史』、2002年、64頁。 
  4. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、134頁。 
  5. ^ 1975年3月31日の朝日放送とのネットチェンジまで、毎日放送のテレビ部門テレビ朝日(当時はNET=日本教育テレビ)系列(ANN)に加盟していた。
  6. ^ 毎日放送の他には、朝日放送テレビ部門はANNに加盟)と和歌山県域局の和歌山放送(ラジオ単営)の2局がJRNに加盟している。特に朝日放送は、1975年の毎日放送とのネットチェンジまでテレビ部門もJNNに加盟していた。また、TBSラジオはNRN単独局のKBS京都/滋賀(テレビ部門は独立局)・ラジオ大阪や独立局のラジオ関西とも若干の番組取引関係がある。

外部リンク[編集]