この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

小倉弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おぐら ひろこ
小倉 弘子
プロフィール
本名 水内 弘子
愛称 おぐらちゃん
出身地 日本の旗 日本 東京都江東区
生年月日 1974年9月4日(41歳)
血液型 A型
最終学歴 東洋英和女学院大学社会科学部
勤務局 TBSテレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 1997年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 水内猛
家族 2女
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
現在 下記参照
過去 筑紫哲也 NEWS23』(スポーツ)
サンデージャポン
JNNニュースの森
イブニング・ファイブ
(『JNNイブニング・ニュース』)
ひるおび!』など

小倉 弘子(おぐら ひろこ、1974年9月4日 - )は、日本アナウンサー。本名、水内 弘子(みずうち ひろこ)。旧姓、小倉(おぐら)。夫はサッカー解説者(元サッカー選手)の水内猛

東京都江東区出身。TBSテレビ勤務。身長174cm。血液型A型京華女子高等学校卒業、東洋英和女学院大学社会科学部卒業。 特技は水泳、世界中の多くの国のフォークダンスが踊れること。

来歴

1997年4月にTBS(当時の東京放送)にアナウンサー32期生として入社。同期には安住紳一郎伊藤隆太[1][2]

新人の頃は『はなまるマーケット』『おはようクジラ』といった朝の番組に起用され、その後『筑紫哲也 NEWS23』のスポーツコーナーを担当。

2005年3月28日からの4年間は、『イブニング・ファイブ』のニュースキャスターを産休期間をはさみつつ務めていた。

2005年4月に元プロサッカー選手の水内猛と結婚。 結婚3年目の2007年9月29日、『オールスター感謝祭』の放送中にて、夫の水内猛が小倉の第1子妊娠を公表した。
2008年2月1日の放送をもって『イブニング・ファイブ』を一時降板し、出産・育児休暇に入る。後任(実質的には代役)のアナウンサーとして山内あゆがコーナー担当から昇格[3]。同年3月8日午前0時13分、第1子となる長女を出産[4]。同年7月25日の『イブニング・ファイブ』のエンディング(関東ローカルパート)で、翌週の28日から番組に復帰することが発表された。反対に、今度は山内が出産準備のため同番組を降板した。

2009年春から3年間は『ひるおび!』の総合司会兼進行アナウンサーを務める。そんな中、2011年12月29日に夫の水内猛のブログにて「(発信時点で)妊娠4ヶ月であり、2012年6月下旬にも第2子出産予定」である事を報告した。このため『ひるおび!』は同年3月末をもって降板。同年5月22日午前8時40分、第2子となる次女を出産。体重は3,125g、母子ともに元気という。

2013年4月より仕事復帰。

人物・エピソード

  • 東洋英和女学院大学在学中には日本テレビの『恋のから騒ぎ』に出演したことがあり、記念すべき第1回の説教部屋行きだった。またこの大学時代では、区議会議員選挙で選挙カーに乗ってのウグイス嬢の経験もあり、またそれ以前にも町内の子供会で副会長を務めたこともあり「昔から人前に出たり、話をしたりすることが好きだった」と入社直後にインタビューなどで語っている[5]
  • TBSの女性アナウンサーの中で最も身長が高く、かつては小島慶子(172cm。2010年6月退社)と共に「TBSの女ツインタワー」を自称していた[6]。TBSの面接を受けていた時にも「君、ちょっと大き過ぎるよ」と言われたこともあった[5]。ちなみに、2001年にフジテレビに身長177cmの森本さやかが入社するまでは、キー局女子アナとしても最長身であった。ちなみに、夫の水内よりも背が高い(水内は170cm)。
  • 2004年5月に開催した『アテネオリンピックバレーボールアジア最終予選』の期間中にTBSと共同放送したフジテレビでの特別番組で、フジテレビの渡辺和洋と共にキャスターを務め、フジテレビの番組にTBSのアナウンサーが現れるという共同放送の象徴となった。その為、地上デジタル推進大使候補の1人だったが、休暇中に後任に竹内香苗を指名して退任(事実上辞退)した。
  • 朝の情報番組『はなまるマーケット』の第2部「クイズママダス」(現在は終了)では、新人アナのお披露目と場慣れさせるためとしてアシスタントを半年間ほど新人アナウンサーに務めさせており、2代目新人アナアシスタントとして小倉、安住紳一郎伊藤隆太の3人が出演した(ちなみに初代は木村郁美広重玲子)。彼らの強烈な個性が功を奏し、翌年以降もこのパターンは続けられた[要出典]小倉は当時から新人とは思えない読みの安定感を見せ、その安定感は当時の進行役斎藤哲也以上とも言えるほどの評価があった[要出典]ラジオの『爆笑問題カーボーイ』(後に『大好き!東京ゲスト10』などで共演する爆笑問題の番組)で「小倉アナの野望」というコーナーが作られる程人気だった[要出典]
  • 『ひるおび!』担当時の2011年3月11日に発生した東日本大震災東北地方太平洋沖地震)を受けて、小倉がデザインを考案したレジかごクーラーバッグつきの番組本「節電のツボまるわかりブック」(幻冬舎刊)を発売した。
  • 同期入社のプロデューサー石丸彰彦が手がけたドラマ作品(『世界の中心で、愛をさけぶ』『白夜行』など)のDVD-BOX用の特典映像集で、ナレーションを務めることがある。

現在の出演番組

テレビ

  • ひるおび!
    • JNNニュース(2013年4月 - )火曜日ナレーション
    • 総合司会兼進行アナウンサー(2009年3月30日 - 2012年3月30日)
    • 火曜日→金曜日のコーナー進行(2014年10月頃 - )
  • Nスタ(2013年4月 - )木・金曜日→月・木曜日→水 - 金曜日→月・火曜日

ラジオ

過去の出演番組

テレビ

レギュラー出演
単発出演ほか

ラジオ

脚注

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1997.4<32期生> 3人入社(男2・女1) 安住紳一郎 伊藤隆太 小倉弘子」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、33頁。「97.4<32期生>3人入社 安住紳一郎 伊藤隆太 小倉弘子」
  3. ^ TBS:小倉弘子アナが2月から産休
  4. ^ 小倉弘子アナ、女児出産
  5. ^ a b FLASH 1997年7月29日号「新人女子アナウンサー特集」
  6. ^ “TBSのツインタワー”小倉弘子アナ第2子妊娠”. NEWS LOUNGE (2011年12月29日). 2016年3月25日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「小倉弘子 R「こども音楽コンクール」「初田啓介のHAPPY SHOW」「日曜大将軍」 TV「ランク王国」「筑紫哲也NEWS23(2000)」「ガキバラ帝国2000」」
  8. ^ a b c d e f 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、33頁。「小倉弘子… R「こども音楽コンクール」「初田啓介のハッピーショー」「日曜大将軍」 TV「ランク王国」「筑紫哲也NEWS23(00 - )」「ガキバラ帝国2000」」

参考文献

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

関連項目

外部リンク

先代:
-
JNNイブニング・ニュース
平日女性サブキャスター
初代
(2005年3月 - 2008年2月)
次代:
山内あゆ
先代:
山内あゆ
JNNイブニング・ニュース
平日女性サブキャスター
第3代
(2008年7月 - 2009年3月)
次代:
(放送終了)