半保護されたページ

山本モナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

やまもと モナ
山本 モナ
Yamamoto Mona.jpg
大井競馬場にて(2008年7月9日)
プロフィール
本名 中西 モナ(旧姓:山本)
出身地 日本の旗 日本広島県尾道市
国籍  ノルウェー(6歳まで)
日本の旗 日本
生年月日 (1976-02-11) 1976年2月11日(45歳)
身長 168cm
血液型 A型
最終学歴 英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士 University of Wales (UK), MBA
勤務局 朝日放送[1]
(1998年4月 - 2005年6月)
所属事務所 株式会社ARIES(アリーズ)(個人事務所)
職歴 元朝日放送アナウンサー
タレント
活動期間 1998年4月 - 2011年6月
2013年3月 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ番組
配偶者 一般男性
(2010年8月 - )
出演番組・活動
出演経歴 ムーブ!
ロンドンハーツ
クイズ!ヘキサゴンII
太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。など
その他 故郷の広島・尾道でボランティア活動を行っている

山本 モナ(やまもと モナ、ノルウェー名:モナ・ヘグダルMona Hegdal1976年2月11日 - )は、日本の元フリーアナウンサータレント。かつては結婚後の姓の中西 モナ(なかにし モナ)で活動していた時期もある。足のサイズは25.5センチメートル。スリーサイズはB89/W63/H92。

来歴

1976年2月11日に広島県尾道市に出生し、6歳の時に日本へ帰化した。福山暁の星女子中学校・高等学校を経て学習院大学法学部法学科を卒業し、法学学士号を取得した。その後、2011年3月に英国国立ウェールズ大学大学院で経営学修士(MBA)を取得した[2]

1998年4月に朝日放送[1]へ入社した。2001年より報道局に人事異動し、アナウンス部兼務となる。2004年にアナウンス部へ復帰し、『ムーブ!』の立ち上げにニュースキャスターとして携わる。2005年4月をもって『ムーブ!』を降板した。6月に朝日放送を退社してフリーとなり、オフィス北野に所属した。『ムーブ!』で共演した評論家の宮崎哲弥の紹介を通しての、7月13日・7月14日『BATTLE TALK RADIO アクセス』の代理出演が退社後の初仕事となった。

2006年9月に『筑紫哲也 NEWS23』のキャスターに膳場貴子と共に抜擢されるが、当時民主党政策調査会長代理であった衆議院議員細野豪志との不倫を報じられる。体調不良を理由に10月2日から『筑紫哲也 NEWS23』の出演を休み、10月23日付けで降板した。

2007年1月1日に11年ぶりに復活した『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』でテレビに復帰し、スイカかぶりものをして司会を務める。

2008年7月放送開始のフジテレビ情報番組サキヨミ』で総合司会として復帰。しかしその直後、同郷広島県出身のプロ野球選手二岡智宏(当時・読売ジャイアンツ所属)との不倫を報じられ、その結果『サキヨミLIVE』は1回のみの出演で降板した。同日からテレビ・ラジオ出演を無期限で自粛・謹慎することが所属事務所から発表された[3]

年明けとなる2009年1月20日の『大竹まこと ゴールデンラジオ!』においてメディア再復帰を果たし、聴取者からは8割の支持を得て好意的に迎えられた[4]。2010年8月、ブログで一般男性との結婚を発表。同日再度の投稿で、2011年春の挙式後にタレントを引退することを示唆している[5]

2011年6月30日に芸能界引退を発表し、同日付けで引退した。ブログは同年7月10日付で閉鎖し、9月から本名の“中西モナ”名義でブログを開始した[6]。11月にはブログで妊娠を発表した[7]。翌2012年7月10日、4278グラムの女児を帝王切開にて出産した。

2013年3月に芸能活動の再開を発表し[8]、個人事務所である株式会社ARIES(アリーズ)を立ち上げている。

2014年6月に第2子男児を出産[9][10]。同年7月1日付けで芸名を旧姓の山本モナに戻した[9][10]。2019年6月27日、第3子出産を報告した[11]

人物

朝日放送時代の出演番組

テレビ

ラジオ

  • 中原秀一郎のラジオTODAY
  • ティーンエイジ・ラプソディーズ(ラジオドラマ

ナレーション(時折出演)

フリー転身後の出演番組

テレビ

その他

ラジオ

舞台

CM

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 在籍当時の法人。2018年4月に認定放送持株会社化されて以降同局のアナウンサーは、全員朝日放送テレビ所属となっている。
  2. ^ 山本モナ (2011年3月1日). “学位記”. 山本モナのもなろ〜ぐ. 2011年4月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月25日閲覧。
  3. ^ “不倫騒動の山本モナ活動自粛 所属事務所が断”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2008年7月10日). オリジナルの2008年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081220184527/http://www.sanspo.com/geino/news/080710/gnd0711000-n1.htm 2013年8月25日閲覧。 
  4. ^ 「朝日新聞」2009年1月21日付け記事
  5. ^ 山本モナ (2010年8月16日). “もう一つのご報告”. 山本モナのもなろ〜ぐ. 2010年8月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月25日閲覧。
  6. ^ https://ameblo.jp/nakanishi-mona/
  7. ^ ご報告 (公式ブログより)
  8. ^ 山本モナ、本名の中西モナで芸能活動再開
  9. ^ a b 中西モナ 第2子長男出産!旧姓・山本で年内活動再開へ - スポーツニッポン 2014年6月11日
  10. ^ a b モナ第2子長男出産 旧姓山本モナに戻す - デイリースポーツ 2014年6月11日
  11. ^ “山本モナ、第3子を出産「三人子育て、どうなることやら」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年6月27日). https://hochi.news/articles/20190627-OHT1T50105.html 2019年6月27日閲覧。 
  12. ^ a b 週刊文春』2007年7月19日号
  13. ^ 山本モナ、新井浩史、江口寿史の選ぶ、ふるい映画って、あたらしい。
  14. ^ ワインエキスパート合格☆” (2013年10月). 2017年6月21日閲覧。

関連項目

外部リンク