乱!総選挙2005

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
乱!総選挙2005
ジャンル 選挙特別番組
出演者 筑紫哲也(アンカー)
久米宏(スペシャルアンカー)
三雲孝江
田丸美寿々 ほか
出演者を参照)
製作
制作 TBS (JNN)
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1部
放送期間 2005年9月11日
放送時間 19:58 - 22:30
放送分 152分
第2部
放送期間 同上
放送時間 22:30 - 翌0:00
放送分 90分
第3部
放送期間 同上
放送時間 翌0:20 - 2:00
放送分 100分

特記事項:
翌0:00 - 0:20は J-SPO&ニュースを放送。
BS-i は23:15頃まで地上波と同時放送。

乱!総選挙2005(らん!そうせんきょにせんご)は、TBSJNN系列)とBS-iで放送された2005年9月の第44回衆議院議員総選挙選挙特別番組

概要[編集]

番組アンカーは筑紫哲也。またスペシャルアンカーとして、元TBSアナウンサーで、『筑紫哲也 NEWS23』のライバルである『ニュースステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めていた久米宏が出演した。久米のTBS出演は約7年ぶり、また筑紫と久米の共演は、1991年日本シリーズ中継以来約14年ぶりとなる。なお、筑紫にとって生涯最後の選挙特番の司会となった(次回の『乱!参議院選挙2007』には声のみで出演した)。

スタジオには300インチの大型モニターを設置。全国各地から入ってくる情勢や開票状況を交えながら、選挙戦のドキュメントVTRや、筑紫と久米が注目候補者や各党幹部へのインタビューを展開した。また視聴者からの意見を紹介する等(一部は直接電話をつないで話を聞く)、双方向型の番組も目指した。途中で、久米が上着を脱ぐなどし、久しぶりの報道番組に力が入っていたようだ。 視聴率は、関東で15.6%、関西で18.2%と民放トップとなった(ただし、関西については後述のこともあり一概に比較はできない)。

この番組以降『乱!総選挙2012』までの選挙特番のタイトルとなった「乱!」は筑紫が名付けており[1]、当番組と『乱!参議院選挙2007』のロゴには筑紫が揮毫したものが使われていた。

出演者[編集]

役職・肩書きは出演当時。

この他にTBS・JNN系列のアナウンサー・記者が、各選挙事務所・党本部などからの中継を担当した。

放送時間[編集]

いずれもJST

  • 2005年9月11日 午後7時58分 - 翌日午前2時
  • 第1部 午後7時58分 - 午後10時30分
  • 第2部 午後10時30分 - 翌日午前0時
  • 第3部 翌日午前0時20分 - 午前2時

なお、BSデジタル放送BS-iでも、23:15頃まで同時放送された。

備考[編集]

毎日放送では、第1部・第2部の大半をローカルに差し替え、『角が今夜も☆印』(すみがこんやもほしじるし)と題して、『ちちんぷいぷい』と『VOICE』をベースにした独自の開票特番を放送した。詳しくはその項を参照。同局の『アッコにおまかせ!』のみ、やや詳しい宣伝を行った。なおBS-iが視聴可能であれば、関西地区でもTBS制作の内容も視聴できた。

脚注・出典[編集]

  1. ^ TBS参議院選挙 (tbs_senkyo) on Twitter 2010年6月24日のツイート なお、「乱」は『筑紫哲也NEWS23』が1993年に最初に設定した「年間テーマ」でもある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSJNN 選挙特別番組
前番組 番組名 次番組
乱!総選挙2005