田勢康弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たせ やすひろ
田勢 康弘
生誕 生年月日 = (1944-10-08) 1944年10月8日(73歳)
満州国の旗 満州国 黒竜江省
出身校 早稲田大学政治経済学部
職業 ジャーナリスト

田勢 康弘(たせ やすひろ、1944年10月8日 - )は政治ジャーナリスト日本経済新聞客員コラムニスト

経歴[編集]

  • 1944年、満州国黒竜江省生まれ。父の仕事の都合で小学校5年から中学校1年の13歳まで青森市久栗坂で育つが、父の死をきっかけに当時母親の実家のあった山形県荒砥町(現在の白鷹町)に転居、その後一家で上京した。
  • 東京都立立川高等学校早稲田大学政治経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。政治部記者、ワシントン特派員、ワシントン支局長、政治部次長、編集委員、論説副主幹、コラムニストを歴任し、2006年3月に退社[1]。同年4月から4年間早稲田大学大学院公共経営研究科教授を務める。2010年3月31日同大を解職[2][3]。現在は日本経済新聞の客員コラムニストとして活動[4]
  • ワシントン駐在の経験などを通して特に1990年代以降積極的な言論活動を行う。

人物[編集]

  • 政治の質が落ちていった理由の一つに、政治ジャーナリズムに責任があるとし、その原因は政治ジャーナリズムが政治と政界を混同しているために、世間との常識に隔離ができてしまうためと指摘している。その弊害から脱するため、記者クラブ依存体質からの脱却を提案している。
  • また、1990年代に「自由民主党羽田派の離党による非自民連立政権が組織される」などの政局予想小説を書いて、後日その予想が的中した事で話題となった覆面作家黒河 小太郎(くろかわ こたろう)の正体が自分であったことを後に告白している(現在単行本は黒河名義、文庫版は田勢名義で出されている[5])。
  • 2005年(平成17年)の衆院選より、『筑紫哲也NEWS23』(TBS)の選挙前予想スペシャルにてコメンテーター(予想屋)を務める。以降、『報道ステーション』(テレビ朝日)など他の番組でもコメンテーターを務めるようになった。
  • 2007年(平成19年)の参院選でも、他の予想が「与党やや不利」であったが「小沢民主の圧勝(自民39:民主56)」を予想し、こちらもほぼ的中している。
  • FACTA誌において、「売文業 あべ首(こうべ)」「無一物爺」名義で執筆している。
  • 岡田卓也を理事長とする公益財団法人イオン環境財団の評議員[6]を務めている。(2014年7月現在)
  • 2016年2月29日、高市早苗総務相のいわゆる「電波停止」発言に抗議するジャーナリストらが会見を開いた際には、会見には参加しなかったものの呼びかけ人の一人に名を連ねている[7]

著書[編集]

  • 『豊かな国の貧しい政治』日本経済新聞社 1991 のち新潮文庫
  • 『政治ジャーナリズムの罪と罰』新潮社 1994 のち新潮文庫
  • 『総理の座』文芸春秋 1995 のち文庫
  • 『指導者論』新潮社 1996 「だれが日本を救うのか」新潮文庫
  • 『総理執務室の空耳 黒河小太郎政治小説集』新潮文庫 1996
  • 『ジャーナリストの作法』日本経済新聞社 1998 「ジャーナリストの冒険」新潮OH!文庫
  • 島倉千代子という人生』新潮社 1999 のち文庫
  • 『次は女に生まれたい』中央公論新社 2000
  • 『国家と政治 危機の時代の指導者像』NHK出版新書 2011

共編著[編集]

  • 『政治の出番』浅野史郎共著 日本経済新聞社 1999
  • 『メディアと政治 日米メディア・ダイアローグ』クレイ・チャンドラー共編著 明石書店 1999
  • 『指導力 時代が求めるリーダーの条件』北岡伸一共著 日本経済新聞社 2003

出演番組[編集]

その他[編集]

  • 愛猫家として知られており、田勢が番組ホストを務める「週刊ニュース新書」(現「田勢康弘の週刊ニュース新書」)で、「スタジオ内でネコを自由に歩き回らせる」という演出を提案し、実現している。なお、この際に田勢が飼っているネコを出演させることを提案したが、妻の反対によりタレントネコが出演することとなった。
  • 山崎ハコと交友があり、田勢が作詞を担当した「山形・白鷹 おらだのふるさと」という楽曲も発表されている[8]

脚注[編集]

外部リンク[編集]