浜尾朱美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

浜尾 朱美(はまお あけみ、1961年1月20日 - )はニュースキャスターエッセイスト徳島県出身。徳島市立高等学校を経て、1983年3月早稲田大学第一文学部を卒業。

プロフィール[編集]

早稲田大学第一文学部西洋史学専攻にて北欧史を専攻。大学在学中に「大学受験講座」内の「蛍雪アワー」のDJとして活躍するなど、元々アナウンサー志望だったが、TBSのディレクターに見出され、大学卒業後、当初は女優としてTBSポーラテレビ小説おゆう』出演でデビューし、以後、『青が散る』などの人気ドラマに出演したのを始め、テレビ番組やラジオ番組で活躍する。

TBSの報道番組筑紫哲也ニュース23』では、1989年10月2日の番組スタート時から1997年9月までの8年間サブキャスターを担当した。筑紫哲也が亡くなった日である2008年11月7日放送の『NEWS23』においてVTRではあるが久しぶりに出演、筑紫の死を悼んだ。

競馬ファンでスポーツ紙に競馬に関する連載を持っていたことがある他、好角家としても知られ大相撲番組の司会進行も務めた。 既婚、1男の母。

浜尾の親戚で、元ミノルフォン専属の歌手「都川弘とブルーロマン」(小原真治とプレイファイブ、トシ伊藤とザ・プレイズメンもグループ同一)のメンバー、明健一(元歌手、ミュージシャン。享年48)がいる。浜尾が早稲田大学在籍中、来訪の折に、明の一人息子、真希(現サッカー指導者、札幌中央フットボールクラブ創設者)に手作りの人形をプレゼントしたことを後に健一が伝える。

2012年~2013年 京都ノートルダム女子大学 客員教授

過去の出演番組[編集]

著書[編集]

  • 「夢のあと」
  • 「私の競馬」
  • 「もう結婚占いはいらない」

外部リンク[編集]

システムブレーン