岡田卓也 (経営者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡田 卓也(おかだ たくや、1925年大正14年)9月19日 - )は、日本実業家イオングループ名誉会長。四日市岡田家の7代目当主である。イオングループを子会社約300社、連結売上高8兆1767億円、従業員数約52万人(2016年2月期)という日本の小売業を代表する企業に育て上げた。

経歴[編集]

三重県四日市市の老舗呉服商・岡田屋6代目の岡田惣一郎の長男(1男4女の末子)として、1925年(大正14年)四日市市(中部地区)に生まれた。誕生後に卓也は捨て子の風習で三滝川の橋に捨てられた[1]占い師姓名判断により、戦死しにくいという「卓也」と命名された[2]。2歳の時に父が病没する。

旧制三重県立富田中学校(三重県立四日市高等学校)を卒業した。卓也は富田中学の野球部員であった。第37回全国高等学校野球選手権大会で母校四日市高校(旧制富田中学)を優勝させた監督の水谷貞雄(富田中学時代の投手)とは卓也が捕手としてバッテリーを組んでいた[3]

早稲田大学在学中に学徒出陣大日本帝国陸軍に入隊し、和歌山県にある橘部隊に配属される。軍隊内では(当時日常的におこなわれていた)鉄拳制裁の暴力を受けた[4]。1945年には、次姉の千鶴子が卓也の行く末を案じて、茨城県鹿島町の陸軍基地まで面会に来ている[5]。8月の日本の敗戦により卓也は9月21日に四日市に復員し、岡田屋の復興に取り組む。それまで一度も入室したことのなかった一つの蔵に入り、手文庫を開くと父・惣一郎の早稲田大学在学中の日記や、惣一郎が16歳の時の東海道徒歩旅行記が残されていた。これらを読んで父と精神的に再会し、岡田屋再建の決意を新たにしたという[要出典]

12月に40坪の呉服店を改装して、1946年(昭和21年)3月に開店。6月には岡田屋呉服店を株式会社岡田屋に改組・改称し、復学した早稲田大学に在籍中の身で社長・岡田家の当主となる。卓也は赤い自転車に乗って四日市市内外で岡田屋の名前を宣伝、庶民的な印象と安値販売で顧客を拡大した[要出典]

1948年(昭和23年)3月に早稲田大学を卒業した[6]1949年(昭和24年)12月に、姉の千鶴子と相談して店舗を辻の中町通りから諏訪新道に移転、以降岡田屋の店舗を拡大して、総合スーパーとして売り上げを急増させた[7]

1950年(昭和25年)に三重郡菰野町の地主である高田家の娘(3人姉妹)で椙山女学園大学在学中の女性と結婚した[8]

1969年、オカダヤ(岡田屋)と、兵庫県姫路市を拠点とするフタギ、大阪府吹田市を拠点とするシロの3社の提携・合併により誕生した総合スーパージャスコの初代社長に就任した。全国的な経営をする必要から大阪に移住して、多くの小売会社を合併し 、現在のイオングループの基礎を作った[9]。卓也は2017年のインタビューで「企業の歴史は合併の歴史だ」と述べている[10]

1989年(平成元年)9月にグループ名称をジャスコグループからイオングループに変更した。ジャスコは平和産業・人間産業・地域産業であり続けることを基本理念として、革新を続ける流通企業グループを目標としていた。「大企業病」を避けるには、岡田屋以来の「大黒柱に車をつけよ」という革新力が大切と2017年のインタビューで述べている[10]

1990年代大相撲横綱貴乃花の東京後援会長を務めた[11]

1999年1月18日早稲田大学名誉賛助員となる。

2000年(平成12年)5月、イオングループの会長職を退任した。会社経営の一線からは退いており、イオン環境財団理事長として植樹などに取り組んでいる。

親族[編集]

イオン取締役兼代表執行役社長の岡田元也は長男であり、民進党衆議院議員で初代代表である岡田克也は次男、2010年より東京新聞政治部部長を務めている高田昌也は高田家の跡継ぎとして養子となり改名した三男である。ジャスコで取締役として活動した小嶋千鶴子は姉。

名誉博士号[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 榊原、2004年、94頁
  2. ^ 榊原、2004年、95頁
  3. ^ やまがたコミニティ新聞ONLIEN(2010年10月8日)
  4. ^ 榊原、2004年、108頁
  5. ^ 榊原、2004年、110頁
  6. ^ 榊原、2004年、112頁
  7. ^ 志水、2009年、76 - 77頁
  8. ^ 榊原、2004年、113頁
  9. ^ 榊原、2004年、116頁
  10. ^ a b 「イオン名誉会長相談役 岡田卓也さん(91)-特別編-」中日新聞(2017年2月23日)
  11. ^ 岡田卓也『小売業の繁栄は平和の象徴 私の履歴書』日本経済新聞出版社 <日経文芸文庫>、2013年[要ページ番号]
  12. ^ [1]聯合ニュース,2009年2月24日
  13. ^ 中日新聞朝刊(2009年5月3日付)

参考文献[編集]

  • 榊原夏『岡田克也、父と子の野望』扶桑社、2004年
  • 志水雅明『四日市の礎111人のドラマとその横顔』(四日市市制111周年記念出版)四日市市文化協会、2009年

関連項目[編集]

先代:
創設
ジャスコ(現:イオン)社長
初代:1970年 - 1984年
次代:
二木英徳
先代:
中内功
日本チェーンストア協会会長
第2代:1976年 - 1978年
次代:
伊藤雅俊