渡辺真理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
わたなべ まり
渡辺真理
プロフィール
本名 高井 真理
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区
生年月日 1967年6月27日(48歳)
血液型 O型
最終学歴 国際基督教大学教養学部人文科学科
所属事務所 不明
職歴 TBSアナウンサー(1990年 - 1998年)
活動期間 1990年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
家族 高井一郎フジテレビ社員)
公式サイト 渡辺真理のウェブサイト
出演番組・活動
現在 アジアHOTプレス!
そこまで言って委員会NP』など
過去 モーニングEye
クイズダービー
そこが知りたい
ニュースステーション
最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学
熱血!平成教育学院』など

渡辺 真理(わたなべ まり、1967年〈昭和42年〉6月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー。本名、高井 真理(たかい まり)。旧姓、渡辺(わたなべ)。元TBSアナウンサー。

神奈川県横浜市中区出身。かつてはオフィス・トゥー・ワン所属していた。

来歴

TBSアナウンサー時代

横浜雙葉中学校・高等学校を経て国際基督教大学教養学部人文科学科卒業後、1990年4月にTBS[注釈 1]にアナウンサー26期生として入社(同期は岩井健浩有村美香田中宏明[1][2]。1991年4月に朝のワイドショー『モーニングEye』のキャスターに抜擢される。このほか、最後の出題アシスタントとなった『クイズダービー』をはじめ『そこが知りたい』『スーパーサッカー』など多方面で活躍し、TBSを代表するアナウンサーとなる。

しかし1996年秋、坂本堤弁護士一家殺害事件に関連して以前『3時にあいましょう』のスタッフが起こした「坂本弁護士のインタビューテープ問題」の影響で『モーニングEye』は打ち切られる。直後に『筑紫哲也 NEWS23』の第2部のキャスターに就任、「若き巨匠ヨー・ヨー・マー」における第22回'96アノンシスト賞 グランダ・プレミオ賞を受賞するが[3]1997年秋、放送時間短縮を含む抜本的なリニューアルを実施するのを機に、降板となった。

1998年3月に退社するまでの半年間は、唯一のレギュラー番組・ラジオ『MELODY MARKET』のほかは世界フィギュアスケート選手権中継のナビゲーターを務める程度だった。[注釈 2]

フリー転向後

その後、フリーアナウンサーに転身し、TBSの先輩である久米宏にそのキャラクターを買われ、オフィス・トゥー・ワンに所属。小宮悦子の後任でテレビ朝日ニュースステーション』の2代目サブキャスターに抜擢され、2004年3月26日の番組終了までコンビを組んだ。ライバル同士と言われた『NEWS23』(前述)と『Nステ』の両番組に出演した唯一の人物である。

『Nステ』終了後は、朝日放送制作・テレビ朝日系のビートたけし司会の『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学』でアシスタントを務めたほか、各ラジオ番組にも出演している。2006年秋からはラジオ番組『BATTLE TALK RADIO アクセス』にて、TBS退社後約8年半ぶりに古巣での仕事を行う。

2015年8月の時点で、オフィス・トゥー・ワンの公式サイトからプロフィールが削除されている。

出来事・エピソード

  • 2006年9月7日23時40分頃、目黒区中央町の都道で、車を止め運転席のドアを開けたところ、後方から来た自転車に接触、自転車の男性(当時29歳)は路上に転倒し左肩打撲の軽傷を負った。渡辺は「買い物をしようとして、後方確認が不十分なままドアを開けてしまった」と説明。男性のけがが軽かったことなどから、警視庁目黒署は物損事故扱いとした。また、同年12月頃に転倒し右のほおを負傷した。頬内部が内出血で腫れ上がり、あごを8針も縫う大怪我だったが、負傷部位に大きなガーゼをあててレギュラー番組に出演し続けた。2007年の春先に回復している。
  • 2008年8月27日に、フジテレビプロデューサーの高井一郎(当時45歳)と結婚した(互いに初婚)[5][6]
  • 結婚前の2007年4月、当時東京ヤクルトスワローズに在籍していた藤井秀悟選手との車中デートが『週刊ポスト』で報じられる。渡辺の所属事務所は「以前からの知り合いで、結婚の話などはありません」と説明した。
  • 2015年3月22日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)でTBSの後輩である青木裕子と初共演を果たしたが、2人の在籍年度が全く異なるため[注釈 3]、青木とはこの番組で仕事をするまで一度も対面した事すらなかった。

出演番組

TBS

フリー

レギュラー
単発出演

出演映画

出演CM

注釈

  1. ^ 会社法人としては現在の東京放送ホールディングス。放送局としては現在のTBSテレビTBSラジオ&コミュニケーションズ。TBSの通称は、2009年3月まで東京放送のものであったが、同年4月の東京放送ホールディングスへの解消に伴い、TBSテレビに引き継がれた。
  2. ^ 『TBS50年史』では「1998年2月退社」となっている。[4][3]
  3. ^ 青木がTBSに入社したのは、渡辺が同局を退社した7年後(2005年)である。また、所属も渡辺が東京放送(現・東京放送ホールディングス)であったのに対し、青木は同社の子会社であるTBSテレビ(新卒1期生)であった。

出典

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239-240頁。「1990.4<26期生> 4人入社(男2・女2) 岩井健浩 田中宏明 有村美香 渡辺真理」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「90.4<26期生>4人入社 岩井 健浩 田中 宏明 有村 美香 渡辺 真理」
  3. ^ a b c d e f g h i j k 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「渡辺 真理…[98.2 退社] R「時遊人倶楽部(90)」「トレンドメーカーズ」「MELODY MARKET(96)」 TV「モーニングEye(92)」「クイズテレビずき!(93)」「シネマにぞっKON!(93)」「カミングOUT!(94)」「ニュース23 II部(96)」「そこが知りたい(96)」 ★「ニュース23 II部 〜若き巨匠ヨー・ヨー・マー〜」<第22回'96アノンシスト賞 グランダ・プレミオ賞>」
  4. ^ a b c d e f g 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「渡辺真理[1998.2退社] R「時遊人倶楽部(1990)」「トレンドメーカーズ」「MELODY MARKET(1996)」 TV「モーニングEye(1992)」「ニュース23(1996)」「そこが知りたい(1996)」」
  5. ^ 渡辺真理、フジのプロデューサーと結婚、2008年9月5日、朝日新聞(電子版)
  6. ^ 渡辺真理アナ電撃婚! たけし求婚の言葉代弁、2008年9月5日、スポーツニッポン

参考文献

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

外部リンク