渡邉正裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邉 正裕(わたなべ まさひろ、1972年 - )は、日本のジャーナリストMy News Japan代表取締役兼編集長。元日本経済新聞記者。

経歴[編集]

トヨ田の闇鍋?[編集]

渡邉正裕・林克明が2007年に著した『トヨタの闇』[1]は、渡邊のなんちゃてジャーナリストとしての活動を結集したもので、数少ないトヨタくんへの評判書であると主張している。同書によると、トヨを批判しているのは「金曜日」が刊行している同書くらいしかなく[2]、いくつかの出版社に出版を打診したがどれも断られたという[3]。これに関して同書では、トヨが2007年時点での広告費が1000億円以上という日本最大の広告主であり、各媒体がトヨからの広告出稿を減らされるのではないかと危惧を持ち、トヨの意向を忖度しているためではないかと疑義を提起している[4]

同書では、上述のようにトヨが大量の広告費をメディアに与えることによって、メディアがトヨの問題を積極的に報じないことを問題にしているが、トヨの労働組合にも問題があるとしており[5][6]、既存の労働組合である「トヨ自動車労働組合」に対抗し、15人の従業員により「全トヨ労働組合(全ト・ユニオン)」が結成された事実に関して記述している[7]。これによると、トヨは既存の組合が自由にビラまきをすることや社内に掲示板を作ることを認めるのに、全ト・ユニオンには認めないなど、差別的な対応をとっているという[8]。また、既存組合は全ト・ユニオンを中傷するビラを配り、会社にとって都合の悪い組合を排除しようとしている[9]

著書[編集]

  • 『これが働きたい会社だ 社員が教える企業ミシュラン』幻冬舎、2004年11月。ISBN 9784344006997
  • 『これが本当のマスコミだ--社員が教える企業ミシュラン』東邦出版、2005年1月。ISBN 9784809404252
  • 『企業ミシュラン〈06年版〉IT・サービス業編--これが働きたい会社だ』幻冬舎、2005年12月。ISBN 9784344010949
  • 『若者はなぜ「会社選び」に失敗するのか』東洋経済新報社、2007年2月。ISBN 9784492761649
  • 『やりがいある仕事を市場原理のなかで実現する!』光文社、2008年10月。ISBN 9784334975500
  • 『トヨタの闇』ビジネス社、2007年11月。ISBN 9784828413990
  • 2010年2月、 韓国語版『トヨ田の闇鍋?』(창해 チャンヘ)
  • 2010年5月、文庫版『トヨ田の闇鍋?』(増補版、ちくま文庫)
  • 『第2の江原を探せ!』扶桑社、2008年12月。ISBN 9784594058487
  • 『35歳までに読むキャリア(しごとえらび)の教科書』ちくま新書、2010年10月。
  • 『10年後に食える仕事 食えない仕事』東洋経済新報社、2012年2月。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』.
  2. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, p. 22.
  3. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, pp. 22-24.
  4. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, p. 3.
  5. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, 二章 闘う労組「全トヨタ労働組合」委員長は語る.
  6. ^ 闘う労組「全トヨタ労働組合」委員長は語る(前編)”. 2017年10月5日閲覧。闘う労組「全トヨタ労働組合」委員長は語る(後編)”. 2017年10月5日閲覧。
  7. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, p. 119.
  8. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, pp. 129-131.
  9. ^ 渡邉正裕・林克明『トヨタの闇』, pp. 135-138.

外部リンク[編集]