この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

進藤晶子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しんどう まさこ
進藤 晶子
プロフィール
本名 深堀 晶子
出身地 日本の旗 日本 大阪府豊中市
生年月日 (1971-09-10) 1971年9月10日(45歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学大学院
メディアデザイン研究科修士課程修了[1]
職歴 TBSアナウンサー
活動期間 1994年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 深堀圭一郎
公式サイト 公式サイト
出演番組・活動
現在 がっちりマンデー!!
過去 ランク王国
筑紫哲也 NEWS23』(スポーツ)
JNNニュースの森』など

進藤 晶子(しんどう まさこ、1971年9月10日 - )は、日本フリーアナウンサー。本名:深堀 晶子(ふかぼり まさこ)(旧姓:進藤)。

来歴・人物

大阪府出身[注釈 1]。 実家は医院で、学生時代は家業を継ぐことも考えたが、医師になるための学力(主に理科系科目)が及ばなかったとのこと。聖母被昇天学院高等学校神戸松蔭女子学院大学卒業後、1994年4月、TBSにアナウンサー29期生として入社(同期入社には長岡杏子[2][3]

TBS時代

1995年放送開始の『ランク王国』では初代司会を務め、アニメーションのキャラクターなどに扮する「コスプレ」を披露して人気を得た[4][注釈 2]。なかでも『セーラームーン』の姿をした彼女の番組特製テレホンカードを製作したところ、応募が殺到し、非売品にもかかわらずカードにプレミアがついた時期もあった。

『ランク王国』と並行して、週末の『JNNスポーツ&ニュース』のキャスターを務め、さまざまなバラエティ番組にも出演する。1997年秋『筑紫哲也 NEWS23』のスポーツキャスターに起用されると、たちまちアイドル的な人気を得るようになる。そのため週刊誌などの活字メディアの格好の取材対象にもなり、毎週のように彼女に関する真偽いろいろの記事(「社内いじめがあったのではないか」等)が掲載された。

1999年秋に『JNNニュースの森』のメインキャスターに起用されるが、2001年3月番組を降板し、同時期に退社も発表される。大量に残していた有給休暇を消化し、同年9月に退社[注釈 3]。退社に際して『文藝春秋』に手記を発表して社内いじめがあったことを告白して話題となった[7]

フリー後

短期間のアメリカ留学後、2003年に日本テレビの番組『雲と波と少年と』に出演したが、低視聴率と番組スタッフの不祥事(飲酒運転による交通死亡事故)により2か月ほどで打ち切られた。そのほかでは、TOKYO FMBeautiful Hit Magic』やWOWOWのテニス中継のメインキャスターを務め、『がっちりマンデー!!』の前身『儲かりマンデー!!』の司会や2002 FIFAワールドカップのキャスターなどで古巣のTBSの画面に久々に登場した。

2005年4月から母校・神戸松蔭女子学院大学で非常勤講師を務める。局アナ時代からの『週刊アスキー』の連載をはじめ活字メディアでも活躍し、文芸誌『きらら』(小学館)2005年6月号に、初の小説『太郎くんの玉』を発表した。

私生活では、スポーツニッポンに一面で誤報(スポーツニッポン#疑義が持たれた報道を参照)を流されるというアクシデントがありながらも、2006年2月、長年交際を続けていたプロゴルファー・深堀圭一郎と結婚[4]2007年3月15日に第1子の女児を帝王切開で出産した。

出演番組

TBS時代

フリー後

TVCM

イメージキャラクター

  • CABIN 「アンラシーネ」(2008年1月 - 2010年1月)

著書

  • 出会いの先に(2003年4月11日、株式会社アスキー)ISBN4-7561-4258-3
  • もう千年、地球を美しいままに : イオンとはじめるエコな生活(2008年、講談社)

各種メディア連載

  • 朝日新聞夕刊スポーツ面 インタビュー「戦士のほっとタイム」(2003年1月 - 2006年12月)
  • 三菱商事グループ広報誌「MC+」(2005年3月 - 2007年1月)
  • GLAMOROUS(講談社)「Event concierge」(2006年1月 - 2007年5月)
  • 週刊アスキー 「進藤晶子のえ、それってどういうこと?」(2000年11月 - 遅くとも2014年)
    連載そのものは2014年まで続いたが、進藤は途中で降板。
  • 小林製薬 Real Laboブログ(2006年9月 - 2007年8月 )

注釈

  1. ^ 2003年以前の出身地は公称兵庫県姫路市出身。
  2. ^ 当時は秋葉原がまだ「電気街」でパソコンショップが隆盛だった時代であって、コスプレはまだそれほど知名度のある文化ではなく珍しかった。ちなみに、本人はコスプレを強要されて嫌だったという。
  3. ^ 『TBS50年史』では「2001年3月退社」となっている[5][6]

出典

  1. ^ “Masako Shindo offical website”. http://shindomasako.jp/profile/ 2014年8月10日閲覧。 
  2. ^ 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「1994.4<29期生> 2人入社(女2) 進藤晶子 長岡(畑)杏子」
  3. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「94.4<29期生>2人入社 進藤晶子 長岡(畑)杏子」
  4. ^ a b “進藤晶子アナ妊娠3カ月“波乱”の8年乗り越えて…”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2006年10月28日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2006_10/g2006102801.html 2013年9月19日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、240頁。「進藤晶子[2001.3退社] R「上岡龍太郎のサタデー・ぴぷ!(1994)」「午後はど〜んとマインド(1994)」 TV「ミッドナイト美女図鑑」「上岡龍太郎がズバリ」「ニュースの森」」
  6. ^ a b c d e f 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、32頁。「進藤晶子…(01.3退社) R「上岡龍太郎のサタデー・ぴぷ!(94)」「午後はど〜んとマインド(94)」 TV「ミッドナイト美女図鑑」「上岡龍太郎がズバリ」「ニュースの森」」
  7. ^ 「手記 私、女子アナを卒業します--「商品価値が下がった」--その一言に固まった」、『文藝春秋』第79巻第5号、文芸春秋、2001年5月号、 182-189頁。

参考文献

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

関連項目

外部リンク