大沢悠里のゆうゆうワイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大沢悠里のゆうゆうワイド
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1986年4月7日 - 2016年4月8日
放送時間 平日8:30 - 13:00(270分)
放送回数 7808
放送局 TBSラジオ
ネットワーク 関東ローカル
パーソナリティ 大沢悠里
出演 (月)西村知江子
(火)佐田玲子
(水)見城美枝子
(木)陣内貴美子
(金)さこみちよ
テーマ曲 ポール・モーリア「はてしなき願い」
プロデューサー 内田伸
公式サイト 公式サイト
特記事項:
13:00まで枠拡大後、のちに本編を11:00までとし、11:00 - 13:00を『大沢悠里のゆうゆうワイド 昼もゆうゆう120』として本編とは別番組扱いで放送するようになった。
テンプレートを表示

大沢悠里のゆうゆうワイド』(おおさわゆうりのゆうゆうワイド)とは、1986年4月7日から2016年4月8日まで、TBSラジオで放送された生バラエティ番組である。大沢悠里冠番組

2016年4月の番組改編で30年続いた平日のワイド番組の歴史に幕を下ろしたが、2016年4月9日からは後継番組として毎週土曜日に大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版がスタートした[1]

概要[編集]

2011年4月7日に放送開始25周年を数え、TBSラジオで放送された生ワイド番組では最長寿番組であった。聴取率も高く、番組開始当時はニッポン放送玉置宏の笑顔でこんにちは!』と熾烈な聴取率争いを繰り広げていた[2]。1996年に玉置が『笑顔でこんにちは!』を降板してからは、聴取者が『ゆうゆうワイド』に移動する現象が起き、本番組(8:30 - 11:00、第1部)は関東のAM・FM局の全番組の中でたびたび1位になった。コンセプトは、「人情・愛情・みな情報」。本番組の宣伝用のロゴと大沢の似顔絵は、似顔絵イラストレーターの山藤章二が手掛けた。

4時間30分におよぶ番組は大沢と女性パートナー・各コーナーに登場するレギュラーゲスト・またほぼ毎日登場する歌手・作家などのゲストとのトークを中心に、随所に挿入されるニュースや生活情報、交通情報フロート番組・コーナーで構成されている。中でも金曜日に放送された「お色気大賞」は、『大沢悠里ののんびりワイド』(1979年 - 1983年)・『大沢悠里のがんばってますかー!昼はまるごと歌謡曲』(1983年 - 1985年)時代で放送されていたコーナーを復活させ、放送開始以来現在も続く人気長寿コーナーである。

番組スタート当初、大沢とその日のパートナーが、『榎さんのおはようさん〜!』と『鈴木くんのこんがりトースト』との間のミニ番組伊香保温泉インフォマーシャル伊香保温泉・朝風呂一番!』という番組にも出演していた。

浅香光代が最後のレギュラー出演となった1999年3月31日の放送中にタレント・野村沙知代の批判をしたことがきっかけで、「ミッチー・サッチー騒動」が勃発した[3]

2010年6月1日には、関東の『ゆうゆうワイド』に対し、関西の朝の長寿番組として知られているMBSラジオありがとう浜村淳です』のパーソナリティ・浜村淳がゲスト出演した。『ありがとう浜村淳です』も生番組であるが、浜村がTBS放送センターの近隣にある赤坂Bizタワー内の毎日放送東京支社に出張して放送したことにより、生放送での共演が実現した[4][注 1]

サウンドステッカーでは、出演者が番組タイトルをメロディに乗せて歌うのが「お約束」となっている。レギュラー出演者はもちろん、フロート番組の出演者(毒蝮三太夫小沢昭一永六輔遠藤泰子など)や、ゲスト出演者にも事前に歌ってもらう(ミュージシャンの場合は演奏をしたりメロディと全く異なる歌い方をする場合がある。また、ゲストによっては歌わずに番組タイトルをそのまま発する場合もある)[5]。ジングルの後にゲスト出演者は「おはようございます。〇〇(ゲストの名前)です」などと挨拶をし、映画や音楽、書籍などの告知をする。制作されたジングルはストックされ、現在数千本存在するという[6]。ただし、『都民ニュース』の前についてはそれぞれ個別のジングルが流れる[7]

本番組では時報の直前に大沢が「まもなく時報になります。ちょっとお手元の時計、合っているかどうかお確かめください。TBSラジオです。J・O・K・R」というように、生でコールサインを読み上げている[注 2]。このときに周波数と出力をコールしたり(「AM954kHz でお送りしています)[注 3]、番組やコーナーの案内などを含めることもある[7][8]

エンディングでは、大沢がその日の全ての番組スタッフの名前を読み上げている[注 4]。これは、スタッフたちに「ミスしてはならない」という意識を高めるためと「みんな頑張れよ」という気持ちを込めているとのことである[6]

横浜市にある放送ライブラリーで、本番組の1988年6月22日放送分を聴くことができる。ただしコマーシャルニュースなど一部編集がされている。

秋山ちえ子の談話室』終了後の2003年以降、毎年8月15日終戦記念日)には、秋山ちえ子による『かわいそうなぞう』の朗読を放送している。2015年は、8月15日が土曜日だったため、前日14日に「戦後70年特集『語りつぐ』」の一環として放送した。

放送時間[編集]

番組開始から1996年4月5日までは8:30 - 12:00だったが、低聴取率の『おまたせ一慶まっぴるま!』に代わって同年4月8日から13:00までに拡大された。

拡大後も12:00以降の聴取率が低く、番組全体の聴取率に影響するようになったため、8:30 - 11:00を『大沢悠里のゆうゆうワイド』、11:00 - 13:00を『大沢悠里のゆうゆうワイド 昼もゆうゆう120』の2部構成とした[注 5]。約20年経過した現在でも『昼もゆうゆう120』のサウンドステッカーは流されており、聴取率調査では2部構成として扱われているが、実際の構成としては1つの番組であり、新聞やTBSラジオのサイトで公表されている番組表でも1つの番組として掲載されている。

番組終了報道から週一番組へ[編集]

番組放送開始から30年となる2016年4月8日に放送終了すると発表。30年という節目である事、大沢の年齢や体力を考慮したほか、ワイドFMが始まったことにより若い世代を取り込むために内容を変更する事などが要因となっている[10][11]。大沢自身も同年1月18日の放送で発表し、「1年前にTBSにお願いして了解してもらい、今日に至った。体力的に4時間半の生放送の番組は長い。年齢的なこともあり、疲れてくると質が落ちる。いい放送ができないとリスナーに申し訳がない。余力を残し、元気なうちにほかの世の中も見たい」「十年くらい前から『ゆうゆうワイド』一本に(仕事を)絞ったけど、それでもやっぱり疲れが取れなくなってきた」[12]と降板理由を語るとともに、4月からの後任を伊集院光が務めることも明らかにした[13][14]。尚、この発表時点では、大沢はインタビューにおいて「例えば『ゆうゆうワイド』を2時間にして続けるという方法もあったのでは?」との問いに「正直、それも考えました。(中略)でも、ゼロか100だと考えて、やはり辞めるしかないな、ということです。」と、語っていた[15]

その後、新番組の詳細が発表され、『ゆうゆうワイド』の第1部(8:30 - 11:00)と第2部『昼もゆうゆう120』(11:00 - 13:00)を分割し、第1部の後番組として、月曜日から木曜日は伊集院が担当する『伊集院光とらじおと』、金曜日は元TBSアナウンサーの有馬隼人山瀬まみが担当する『有馬隼人とらじおと山瀬まみと』となり、さらに木曜日は伊集院がメインパーソナリティ、有馬がアシスタントという体制での放送となることが明らかになった[16][17]。また、第2部の後番組には、ジェーン・スーがパーソナリティを務める『ジェーン・スー 生活は踊る』として開始することが同年1月23日の『週末お悩み解消系ラジオ ジェーン・スー相談は踊る』で明らかになった[18]。『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』はこの番組内で放送されることになるが、従来と異なり月曜日から木曜日の放送となる[19]

しかし、リスナーの要望等の理由から、翌4月9日から毎週土曜日 15:00 - 16:50に時間を移して大沢と金曜パートナーのさこみちよによる『大沢悠里のゆうゆうワイド土曜日版』としてリニューアルすることが発表された[20][21][22]

そして迎えた2016年4月8日の最終回は「日本一の聴取率の番組の最後を日本一の山のふもとで」と静岡県富士宮市の「休暇村富士」にて富士山を眺めながら、佐田玲子(病欠[注 6])を除いた各曜日のパートナーとコーナーレギュラーが静岡各地で中継し、大沢の音頭で「みなさん、お元気で!」の一言で締めここにゆうゆうワイド30年と1日の歴史に幕を降ろした。

出演[編集]

パーソナリティ[編集]

ピンチヒッター[編集]

大沢が海外出張(番組で企画する阪急交通社のツアーへの同行)や夏季休暇取得などで休みのときは、TBSアナウンサーや歌手、タレントらが代理を務める。

ほか

パートナー[編集]

期間 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1986.4 1987.3 長谷川昌子 さこみちよ
1987.4 [24] 1988.3 藤田小女姫 長谷川昌子 内海桂子 野口雅子
1988.4 [25] 1988.9 平野レミ 畑恵美子
1988.10 [26] 1990.3 石井和子
1990.4 [27] 1990.9 西村知江子
1990.10 [28] 1992.3 有村美香
1992.4 [29] 1993.3 秋沢淳子
1993.4 1993.12 小川恵理子
1994.1 1994.3 中島啓江
1994.4 1996.12 浅香光代
1997.1 1999.3 陣内貴美子
1999.4 2001.12 五月みどり
2002.1 2010.9 佐田玲子
2010.10 2016.4 見城美枝子

ピンチヒッター[編集]

  • 笹川友里 (TBSアナウンサー) (2014年9月1日/西村のピンチヒッター、2015年9月3日/陣内のピンチヒッター)

おもなスタジオゲスト[編集]

  • 杉山邦博(東京相撲記者クラブ会友) - 大相撲本場所12日目にあたる日に登場(「ゆうゆう大相撲解説」)。
  • 福岡翼(芸能レポーター) - 年2回木曜日に放送される「芸能界裏情報スペシャル」に出演。

タイムテーブル・主なコーナー[編集]

現在[編集]

(2016.4 放送終了1週間前の時点)

(前番組『森本毅郎・スタンバイ!』のエンディング部で森本毅郎と大沢悠里のクロストークがあった後)

8:30 オープニング
ジングル
基本的には8:30ちょうどからテーマ曲(ポール・モーリア「はてしなき願い」)が流れるが、日によって不定期にジングル等が入ることがある。
当番組の宣伝やアシスタントが歌うジングル、「♪ティービーエス、ティービーエス、ティ〜ビ〜エ〜ス」という、過去にTBSラジオで使用されたジングルとタイトルコールが流れたのち、ピッチを変え合成音声のように加工した声で「(ティービーエスラジオ、)おーさわゆーりの、ゆうーゆうーワイードー」とタイトルコールを流すこともある[注 7]
オープニング
テーマ曲が流れ、番組冒頭で、大沢が前の時間放送されていた番組の引き継ぎと現在時刻を言う。
TBSラジオ、森本毅郎さん、遠藤泰子さんの『スタンバイ』が終わりまして、8時半を過ぎました」。
このあと、大沢と各曜日パートナーによるあいさつ・今日の日付と当日誕生日を迎えた人への祝辞[注 8]・放送回数を言う。
「皆さんおはようございます、大沢悠里です。おはようございます、〇〇です。〇月〇日・〇曜日です、今日お誕生日の方、おめでとうございます。○○○○回のゆうゆうワイド、スタートしました」。
パートナーとの簡単な会話の後、担当する気象予報士を紹介。気象予報士が気象情報を伝えた後、慣例で以下のセリフを言う。
「さあ、今日も始まりました。午後1時まで、4時間半の生放送。どうぞお仕事をなさりながら、病気療養中の方[注 9]も、どうぞお付き合いくださいね」。
ほっとホットモーニング
簡単なトピック。時事のニュース、イベント紹介、特別企画などである。
8:37 TBSラジオ交通情報
8:41 ゆうゆうポスト
日本香堂一社提供。リスナーからのおたより。
8:48 都民ニュース
東京都広報番組。月曜日は西村、水曜日は見城、その他の曜日は大沢が担当。
8:53 TBSニュース
TBSアナウンサーが担当。他のニュース枠は曜日ごとのニュースデスクが担当しているが、この枠はTBSアナウンサーが持ち回りで担当しており、新人アナウンサーが初めて担当することも多く特に新人紹介が行われることもある。
8:58 ゆうゆう天気予報
9:00 悠里の世間ニュース
(月曜日)「鳥越俊太郎ニュースの職人のこだわり」
お昼のゆうゆうスーパートークから移動。鳥越俊太郎は「ゆうゆうワイド土曜日版」にもレギュラー出演している。
(火曜日)「朝の事件簿」
最新の事件やニュースを毎日新聞東京本社社会部長・大坪信剛が解説。
年末には「朝の事件簿スペシャル」として時間が10時台前半まで拡大される。
かつては鳥井守幸や阿部重夫が担当。
(水曜日)「与良正男の与良ば斬るぞ!」
政治問題を毎日新聞論説委員与良正男が解説する[注 10]
(木曜日)「宇都木員夫の芸能界裏情報」
宇都木員夫が担当。最新の芸能情報。
毎年6月と12月には福岡翼をゲストに迎えて「芸能界裏情報スペシャル」を放送する。
(金曜日)「お色気大賞
スペシャルウイークや年末には「お色気大賞特集」として10時台前半まで拡大される。
なお、かつての月曜日と水曜日はゲストを迎えてのトーク、音楽や、60歳のラブレターなどの伝言特集を流すことが多かった。
9:16 TBSラジオ交通情報
9:18 ゆうゆう天気予報
時折気象予報士が「なぞかけ」風にスタジオとトークしたり、天然風にトークしたりする事がある[注 11]
9:20 ゲストトーク等
9時台後半から10時台前半までをゲストトーク等に当てている。
ゲストトークは月曜日から金曜日まですべての曜日に設定されるが、火曜日・木曜日・金曜日のゲストトークには一定のコンセプトが設けられている(ただし例外あり)。
(火曜日)「玲子の音楽の万華鏡」[30] - 主に音楽界からゲストを招く。
(木曜日)「ゆうゆうスポーツトーク」[31] - 主にスポーツ界からゲストを招く。
(金曜日)「ゆうゆうおもろい金曜日」[32] - 主にお笑い芸人、タレントなどからゲストを招く。
特定のゲストを招く企画もある。
(水曜日)「ゆうゆうびっくり大学・歴史の新事実」 - 河合敦が出演。
(木曜日)「ゆうゆう大相撲解説」 - 大相撲本場所12日目にあたる日。杉山邦博が出演。
(金曜日)「ゆうゆう替え歌教室」 - 大沢とさこのほか2014年からは角川博が参加(主に曲部分)。
(金曜日)「らくご異人伝」 - 2015年9月開始。歴史上の人物のエピソードを新作落語で紹介。立川吉笑立川笑二が出演。
ゲストを招かない企画が放送される場合もある。
(火曜日)「玲子の東京流し旅!」 - 2015年5月開始
(水曜日)「見城美枝子の世界よいとこ探訪!」 - 2015年5月開始
(金曜日)「100年前の三面記事特集!」 - 2014年開始。明治大正期の新聞の三面記事から風変わりなものを紹介。朗読は岡田泰典。2016年1月には内容をまとめた文庫本『100年前の三面記事』が角川マガジンズから出版されている[注 12]
(その他)「ゆうゆう伝言特集」 - 8時台に発表されるテーマに沿ったメールやFAXを募集して紹介。
定期的に9時台や11時台のコーナーの拡大版を放送する。
(火曜日)「朝の事件簿スペシャル」 - 9時台の「朝の事件簿」の拡大版。年末に放送。
(木曜日)「芸能界裏情報スペシャル」 - 9時台の拡大版。6月と12月に放送。宇津木のほか福岡翼をゲストに迎える。
(金曜日)「お色気大賞特集」 - スペシャルウイークや年末に放送。
(その他)「グッドグッドミュージックスペシャル!」 - 11時台の「悠里のグッドグッドミュージック」の拡大版。この企画が設定されるときは特定の週の月曜日から金曜日まで1週間を通じて放送する。
ゲストトークは以下のように9時台の3ブロックと10時台の1ブロックの計4ブロックで構成される。なお、9時台にゆうゆうマーケット・トピックスを挟むほか、交通情報と気象情報が定時(速報時は随時)に入る。
9:20 悠里のようこそいらっしゃい
ゲストトーク(第1ブロック)。ゲスト紹介など。
9:32 ゆうゆうマーケット・トピックス
CM前に円相場日経平均株価(いわゆる寄り付きでの株価)を伝える。2006年9月29日までは新光証券、さらにさかのぼると新光投信が冠スポンサーであった。
9:40 AGF悠里のおしゃべりカフェ
ゲストトーク(第2ブロック)。AGFの一社提供。「AGF 悠里のおしゃべりカフェ」[33]ではゲストにAGFコーヒーギフトセットがプレゼントされる。スタジオでは見本の箱が渡される。
9:45 ジョイフル本田 ゆうゆうトークガーデン
ゲストトーク(第3ブロック)。ジョイフル本田の一社提供。2002年10月7日開始[34]
ゲストトークのあと「くらしのダイアリー」と題し、「ジョイフルレディ」の佐々木仁子(さとこ)が季節にまつわるエピソードに交えてジョイフル本田の情報を伝える(生放送でのCM)。また、一時期金曜日のみ「ガーデニング・ワンポイント」と題し、ジョイフル本田新田店(群馬県太田市)の担当者が電話出演し、ガーデニングの豆知識を教えるコーナーとなっていた。
9:56 TBSラジオ交通情報
9:58 ゆうゆう天気予報
10:00 話のエッセンス
ゲストトーク(第4ブロック)。複数社提供。ゲストの番組宣伝・新著紹介・イベント案内にはこの10時台を当てている。
このブロックのコーナー名はその都度変化している。かつてはNTTドコモ提供の「DoCoMo悠里の人生らくらくトーク」と題し、大沢がゲストに対して「あなたにとって絆とは何ですか?」という質問を必ずしていた。「悠里の人生ゆうゆうトーク」としていた時期もある。また全日警(2007年3月30日まで)、新銀行東京リンレイなどが冠スポンサーであり、コーナー名もその都度変化した。
10:18 ゆうゆう天気予報
2007年3月までは「ゆうゆうなるほどお天気」として放送しており、2007年3月まで東京西川産業2006年9月29日まで東京ガスが冠スポンサーであった。
10:20 TBS ラジオショッピング
10:26 毒蝮三太夫のミュージックプレゼント
毒蝮三太夫からのリクエストにより、このコーナー冒頭までゲストトークが続く事があった[注 13]
10:53 TBSニュース
ニュースデスクが担当。
10:56 TBSラジオ交通情報
10:58 ゆうゆう天気予報
11:00 女のリポート
女性リスナーから、人との出会い、ふれあいにまつわる「とてもいい話」を募って紹介する。本番組の放送開始と同時にスタートしたコーナーである。
パーソナリティの大沢が「心に残る出会いと悲しい別れ、新しい出会いを綴る、女のリポート」とコールし、映画『ディア・ハンター』の「カヴァティーナ」のピアノ演奏をBGMに、採用作品を朗読する。紹介の際は匿名でイニシャルと年齢が紹介されるが、投稿者層は概ね中高年である。採用されたリスナーには現金10,000円が贈られる。
傑作選がTBSサービスから出版されている。[注 14]
11:07 テレフォンラッキーナンバープレゼント
当選発表は番組エンディングで行われる。ラッキーカーナンバープレゼントと共に、数字3ケタを条件に対象者を限定する[注 15]
11:08 悠里のグッドグッドミュージック
2009年10月5日開始。オールディーズインストゥルメンタルを数曲かける(原則として海外の曲がかけられる)。途中「ゆうゆう知恵袋」という雑学クイズが入る(11:17分頃)。一曲挿んで答えの発表となる。
11:30 TBSラジオ交通情報
11:33 悠里のヤマザキ伝言大賞
放送当日にリスナーから募集した伝言を紹介する。採用者のなかから1名にスポンサーの商品がプレゼントされる。
「話のエッセンス」のコーナーまでに出演した当日のゲストを交える場合がある。
山崎製パンの提供。かつてはシードルニッカウヰスキー)→丸広百貨店にんべんの提供で、コーナー名もその都度変化した。
11:35 市原悦子 暮らし百景
2014年7月7日開始。月曜日のみ。花王提供。
11:40 ラッキーカーナンバープレゼント
当選発表は番組エンディングで行われる。
11:45 日本直販お昼のショッピング(祝日と年末年始は休止)
11:50 TBSラジオ交通情報
11:53 TBSニュース
ニュースデスクが担当。
11:53のニュースはTBSテレビなどJNN系列で11:30から放送されているJNNニュースで放送された内容を5分程度にまとめたものである。リポートなどの素材はJNNニュースのものをそのまま使用している。[注 16]
11:57 ゆうゆう天気予報
11:58 お知らせ(告知等)
12:00 ゆうゆうお昼のスーパートーク
(月曜日)「YONEX小川知子のぶらり街歩き」
小川知子が担当。2014年秋からYONEX提供。
(火曜日)「品田秀夫の今ドキ研究所」
品田秀夫と豊田綾乃が担当。
(火曜日)「ゆうゆう真っ昼間ムード・テナー」
月に1度の放送。沢中健三が担当。
(水曜日)「居島一平の行ったつもりで都道府県」
米粒写経の居島一平が担当。
(木曜日)「パトリック・ハーランのともだちニュース」
パトリック・ハーランが担当。月曜同様、2014年10月からYONEX提供。
(金曜日)「お色気大賞コレクション」
(その他)「悠里のグッドミュージック」
「ゆうゆうお昼のスーパートーク」でコメンテーターが休みの場合に、「悠里のグッドミュージック」と題して新譜のCDを3、4曲流す場合がある。
12:15 ゆうゆうマーケットトピックス
CM前に円相場日経平均株価(いわゆる前引けでの株価)を伝える。
12:17 ちょっと一休み
(月曜日)ゆうゆうカラオケ教室
(火曜日)ゆうゆうなぞかけ大賞
12時台の情報コーナー(2013年1月からは「悠里のちょっと一休み」内)で、2004年から毎週火曜日に放送されているリスナー投稿企画である。リスナーから募ったなぞかけの中から佳作を4つ、大賞を2作発表する。佳作・大賞に選ばれた作品を送ったリスナーには賞品が贈呈される。
作品発表の締めには「お色気大賞」や「ゆうゆう何でも川柳」と同様におちゃらかしの効果音がかけられる。例えば、受けの悪い作品に対しては木枯らしの音や仏壇のを鳴らす音、下ネタに対してはをはたく音などが使われる。
(水曜日)懐メロこの一曲
(木曜日)心に届ける音楽館
(金曜日)ゆうゆうなんでも川柳
12:29 TBSラジオ交通情報
12:35 ゆうゆうリクエスト
通常はリスナーからの楽曲のリクエストに応える。スポンサーによっては別内容となり放送されない。2006年9月29日までは遊学舎[注 17]が冠スポンサーであった。
年内最後の放送では越路吹雪の『愛の讃歌』を流すのが定番となっているが、これは大沢悠里からスタッフ・出演者・リスナーへの感謝を示すものである。
12:45 お役に立ちます
(月曜日)ブックレビューウィークリー
(火曜日)ゆうゆうクラシックサロン
青島広志が担当。
(水曜日)ゆうゆうペット相談室
動物医の兵藤哲夫が担当。
(木曜日)旅でもしようか
旅行ジャーナリストの沓掛博光が担当。
(金曜日)腰痛おさらば塾
酒井慎太郎が担当。2014年11月20日には講談社よりこのコーナーの内容をまとめた「酒井慎太郎の『腰痛おさらば塾』」が刊行されている[注 18]
12:48 おいしいものをありがとう
食に関する話題を扱うゾーン。過去にヒゲタ醤油MEGMILK江崎グリコが冠スポンサーだった時期があった。
(月曜日)日本料理百景
(火曜日)ゆうゆう教えて! さかなクン
さかなクンが担当。
(水曜日)おいしさ発見伝
(木曜日)奥さん!これが旬ですよ
(金曜日)平野寿将の食育愛
平野寿将が担当。
エンディング
当選発表
テレフォンラッキーナンバープレゼントとラッキーカーナンバープレゼントの当選発表を行う。
次回予告
大沢が明日(今・来週)の番組内容を紹介する。
クロストーク
たまむすび』への引き継ぎを行う。『たまむすび』のスタジオ(第7スタジオ)とは隣り合わせであり、『たまむすび』のパーソナリティから番組紹介が行われ各番組の出演者で簡単な会話が行われる。
2012年1月までは「このあとは小島慶子さんの『キラ☆キラ』をお送りします[注 19]。このあともTBSラジオとともにお過ごし下さい(金曜日はこの直後に「楽しい週末でありますように」を挟む)。また明日(金曜日は来週)、8時半にお会いいたします」とあいさつする。そして大沢と各曜日アシスタントが声を合わせて「ごきげんよう」というあいさつで、番組は締めくくられる。
2012年4月以降、エンディング直前に『たまむすび』出演者とのクロストークが復活した[注 20]
スタッフ紹介
最後にスタッフ紹介を行う。このとき「…という、錚々たる○○(事物の名前)グループ」というように毎日違う名前をつけて、その事物についてのうんちくを語る。「おいしいものをありがとう」のコーナーで取り上げた食材やあまり知られていない記念日に関する話題が多い。

過去[編集]

  • かつては、ゲストが8:30の番組開始当初から登場することが多くあった。(同様に11時台までいることもあった。)
9時台
10時台
11時台
12時台
  • ゆうゆうリクエスト
  • 住友信託銀行 60歳のラブレター(月曜日、2005年10月改編時)[35]
  • DENPO115 心に残るメッセージ(金曜日)
  • TBS女子アナウンサーも挑戦! ママと作ろうベランダ菜園(月曜日、2010年4 - 5月)[36]
  • 私のサンクスデイズ プロポーズ・アゲイン(月曜日、2010年7 - 9月)[37]
  • お役に立ちます
  • いきいき“折り句”の時間(シニア向け雑誌『いきいき』編集長・片寄斗史子による。火曜日、- 2004年)
  • 悠里と学ぼう! 著作権(金曜日、2011年6月 - 12月)
著作権に関するクイズを毎週出題、正解するとコーナースポンサーの日本音楽著作権協会・JASRAC)グッズやTBSのグッズが抽選で当たるコーナーだった。
  • 悠里のおいしいものをありがとう

特別番組[編集]

  • 時折外から完全生中継を行うことがある(おもに○○周年記念や、キリ番の回の放送など)。気象予報士やニュース担当のアナウンサー、箱番組の出演者を除き、全員が外から中継する。
  • 毎年正月三が日のうち、1月2・3日が平日にあたる日の放送は、『大沢悠里の鶴亀ワイド』と題して特別編成で生放送する(1月1日全日本実業団対抗駅伝大会の中継のため放送はなし)。1月2・3日が土日にあたる年は、その日の鶴亀ワイドの放送はない。ニュース・交通情報以外の通常のコーナーは原則としてない(通常放送時のスポンサーのCMは、ほぼ時間通り流れる)。リスナーから帰省する人を募り電話出演してもらう「ふるさと電話」が時折差し込まれる。大沢が歌詞をフォローしながら流すカラオケも定番となっている。
  • 2015年8月14日 - 「戦後70年特集『語りつぐ』」。「空襲」をテーマに、『ありがとう浜村淳です』のパーソナリティー・浜村淳と大沢の対談、かつての水曜パートナー内海桂子キダ・タロー、かつてのフロート番組『はがきでこんにちは』のパーソナリティ・近石真介、へのインタビュー、大沢が自身の母へのインタビュー[注 22]が放送された。
  • 2016年4月8日 - 「大沢悠里のゆうゆうワイド」最終回。静岡県富士宮市田貫湖より大沢悠里・さこみちよ、西村知江子・見城美枝子・陣内貴美子、さかなクン・小川知子・平野寿将が出演。番組ラストには全員で挨拶をして拍手・お開きとなった[注 23][注 24]

テーマソング・BGM[編集]

番組テーマソング

ポール・モーリア・グランド・オーケストラ演奏の「はてしなき願い」。1980年夏発表の南米での録音アルバム『カリオカの碧い風』(Aerosong)の1曲。ただし、曲の冒頭は放送用にアレンジされている。

交通情報のBGM

放送開始以来何度か変更されているが[注 25]、2000年代以降はプロ野球シーズン中(概ね4 - 9月)とオフ(10 - 3月)で曲を変えており、シーズン中はプロ野球中継と同じ曲をアレンジして用いられている(2011・2015年はシーズン中もオフ用の曲を使用)。オフシーズンの曲は当番組専用だったが、2007年10月7日から2009年4月5日までは『プレシャスサンデー』のエンディング曲としても使用され、こちらではほぼフルサイズで聴くことができた。また、祝日や年末年始はその時期に合わせたBGMが用いられることがある[注 26]
なお、2006年10月はTBS出資の映画『涙そうそう』の公開に合わせて「涙そうそう」のインストゥルメンタルを使ったため11月から、2007年は10月25日からオフシーズンの曲へ切り替えている。2010年8月・9月は映画『ハナミズキ』の公開に合わせて「ハナミズキ」のインストゥルメンタルを使用したBGMを使用[注 27]。使用終了後はオフシーズンの曲に切り替えられた。また、2010年11月下旬から12月にかけては映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、2014年12月には『アナと雪の女王』のテーマ曲が流れるなど、TBSが関わる映画とのタイアップがしばしば行われる。

スタッフ[編集]

制作
  • 内田伸(プロデューサー)
  • 吉澤亮太(月曜日ディレクター)
  • 赤木舞子[42](火曜日ディレクター)
  • 相薗淑子(水曜日ディレクター)
  • 花房達也(木曜日ディレクター)
  • 青原茂雄(金曜日ディレクター)
  • 水根重光 (この番組における名義は、ミッキー重光) (構成作家)
  • 中村俊一(構成作家)
  • 福岡いずみ(構成作家)
  • 小林智美 (「悠里のおいしいものをありがとう」水曜の担当でもある)
  • 前岡晋(構成作家)
  • 善入茂雄(構成作家)
  • 御舩陽平(中継ディレクター)
  • 大信陽一(アシスタントディレクター)
  • 金子陽平(アシスタントディレクター)
  • 松永啓輔(アシスタントディレクター)
  • 西村慎太郎(アシスタントディレクター)

ほか

庶務担当
  • 小泉千恵子
技術担当

ほか

TBSラジオキャスター(旧称は954情報キャスター)

注)△は技術担当を兼務。○は『毒蝮三太夫のミュージックプレゼント』に出演。●は交通情報担当。

気象予報士
警視庁交通管制センター
ニュースデスク

過去のスタッフ[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 最終回週の2016年4月4日には浜村より「悠里さん、お疲れ様でした。そして、土曜日も頑張って下さい。是非、京都へ、そして大阪へもお越しください」と、録音メッセージが送られた。
  2. ^ 11時の時報前に読み上げることが多いが、正午の時報前に読み上げることもある。
  3. ^ ワイドFM放送開始後は、「AM954kHz、FM90.5MHzでお届けしております」と、言う事も増えた。
  4. ^ J-WAVEの『TOKIO HOT 100』のエンディングでも、ナビゲーターのクリス・ペプラーが、ABCラジオの『堀江政生のほりナビ!!』では堀江政生がエンディングにてスタッフの名前の読み上げを行なっている。後者はその回ごとに「◯◯グループ」と呼称するなど、当番組に似た紹介方法である。
  5. ^ TBSラジオの番組表においては1996年10月の時点で、すでに「昼もゆうゆう120」のタイトルが記載されている。[9]
  6. ^ 番組内での発表。実際は前日に佐田の実母が亡くなっており、故郷である長崎県にて母を看取っていた事が判明している[23]
  7. ^ このタイトルコールは『大沢悠里ののんびりワイド』で流していたものを番組開始に合わせて改めて収録したもので、「おーさわゆーりの」で一拍置いているのが『のんびりワイド』のタイトルコールと異なっている。
  8. ^ 月曜の場合は、土日に誕生日だった人に対しても言う。
  9. ^ 2011年には「さらに東日本大震災で被災されてこちらへ来ていらっしゃる方」を付け加えた時期もあった。
  10. ^ 2012年3月までは「ゆうゆう政経塾」。
  11. ^ 2014年12月12日には佐々木聡美が「今日は花金の晴ですから、ボーナス袋を…」と語ってしまい、さこに「こう見えての佐々木さんでした」と締められた。
  12. ^ ISBN 978-4-04-731773-4-C0136。「ちょっと失礼します!」 馬上で出産! バカでマヌケな人々が世間を賑わす『100年前の三面記事』」 - livedoor NEWS・サイゾー、2016年3月21日19:00配信、同月31日閲覧
  13. ^ 大沢がゲストに「まむしさんがちょっとお話ししたいそうなので」と、切りだす。
  14. ^ 『女のリポート100選』(2009年10月、ISBN 978-4904345054)、『女のリポート 心に沁みる100の話』(2010年12月、ISBN 978-4904345153)。
  15. ^ 3ケタの数字を語呂合わせで読み上げ、効果音やおちゃらかしが流れる。例えば「021=あに」で「さだです」と流れ、佐田玲子が「やだなー」と嘆いたり、「333」で「愛燦燦燦と〜♪」と流す、「585=箱、5箱」で「山崎ハコハコハコハコハコです」、「388=三ババ」で「あなたの知江よ」「離しませんわぁ」「ド突いたろか! ホンマ!」と流れる、など。
  16. ^ なお、『ネットワークトゥデイ』や『土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送』のお昼のニュースでもこの手法が採られている。
  17. ^ TBSラジオが運営するコミュニティサークル。
  18. ^ 酒井慎太郎の「腰痛おさらば塾」、ISBN978-406219239-2 - 講談社公式ページ。
  19. ^ 2012年1月26日に同年3月での小島の『キラ☆キラ』降板が発表されたが、降板に至る経緯により、同年1月24日から終了まで、引き継ぎがなくなった。小島が休暇でパーソナリティが代理の場合と、小島司会の通販番組に変わったときのみ引き継ぎした(小島自身には言及せず)。
  20. ^ この番組で後番組とのクロストークをするのは、2004年3月まで『ストリーム』とのクロストークをしていたの以来8年ぶり。
  21. ^ 小沢昭一の死去に伴う終了。ただし、当番組ホームページには「小沢昭一の小沢昭一的こころ」の関連リンクが、『ゆうゆうワイド』放送終了後も張られている。
  22. ^ 2000年3月6日放送の再放送。
  23. ^ 大沢悠里のゆうゆうワイド 30年間ありがとうございました - 番組公式ページ、2016年4月8日、同年4月9日閲覧
  24. ^ 「大沢悠里のゆうゆうワイド」最終回 30年の歴史に幕!! TBSラジオ AM954+FM90.5 〜聞けば、見えてくる〜 - 番組公式ページ、2016年4月8日、同年4月14日閲覧
  25. ^ 初期はアン・マレーの「スノー・バード」のインストゥルメンタル、一時期は金曜パートナー・さこみちよの曲が流れたこともある。
  26. ^ こどもの日には『こいのぼり』、海の日には『』、年末はお琴アレンジの『お正月』といった童謡、成人の日は『若者たち』などのインストゥルメンタルが用いられる。
  27. ^ 同曲は『荒川強啓 デイ・キャッチ!』などでも使用。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ゆうゆうワイド」一転継続 リスナー後押し、土曜版で - 朝日新聞、2016年3月7日閲覧
  2. ^ 参考:月刊ラジオパラダイス 1990年4月号内の記事(1989年12月の調査では『笑顔でこんにちは!』- 4.0%、『ゆうゆうワイド』 - 3.6%)
  3. ^ ZAKZAK』1999年4月1日更新
  4. ^ 浜村淳ラジオ長寿番組リレー! 東から「ありがとう」(スポニチアネックス大阪、2010年6月2日)
  5. ^ 大沢悠里のゆうゆうワイドHP「2013年7月17日・スタジオ風景」(一例)
  6. ^ a b 『放送文化』(NHK出版)2009年春号『大沢悠里インタビュー』(4 - 12ページ)
  7. ^ a b 三才ムックVol.144『ラジパラ』・特集「TBSラジオ大研究」より。
  8. ^ 日刊ゲンダイ 2007年7月25日掲載記事より。
  9. ^ TBSラジオ番組表 1996年10月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ. 2011年5月29日閲覧。
  10. ^ TBSラジオ「大沢悠里ゆうゆうワイド」30年で幕 - 日刊スポーツ 2016年1月18日
  11. ^ 番組からのご挨拶 大沢悠里のゆうゆうワイドをお聴きの皆様へ - TBSラジオ 2015年1月8日
  12. ^ 文藝春秋月刊・文藝春秋』四月号、平成28年4月1日発行、p.349 - 350より
  13. ^ 大沢悠里「ゆうゆうワイド」4月降板を番組で明かす,日刊スポーツ,2016年1月18日
  14. ^ 「TBSラジオPRESS 2016年2・3月号内『祝30周年インタビュー ゆうゆうワイド 30周年の区切りに』」(TBSラジオ刊行)p.4 - 5より
  15. ^ TBSラジオPRESS 2016年2・3月号内『祝30周年インタビュー ゆうゆうワイド 30周年の区切りに』p.5より。
  16. ^ TBSラジオの朝が変わる! 伊集院光とらじおと(月〜木)、有馬隼人とらじおと山瀬まみと(金),PR TIMES,2016年2月22日
  17. ^ 伊集院光のTBSラジオ新番組「伊集院光とらじおと」詳細発表「JUNK」は続投,お笑いナタリー,2016年2月22日
  18. ^ 「ゆうゆうワイド」後番組MCにジェーン・スーさん…午前11時から2時間生放送 - スポーツ報知 2016年1月23日
  19. ^ 毒蝮三太夫 TBSの長寿ラジオ継続,デイリースポーツ,2016年2月24日
  20. ^ ゆうゆうワイドが土曜日に引っ越します! - 番組公式ページ、2016年3月8日閲覧
  21. ^ 大沢悠里のゆうゆうワイド 土曜日版 4月開始を発表! TBSラジオ AM954+FM90.5 〜聞けば、見えてくる〜 - 番組公式ページ、2016年3月7日11:33配信、同月17日閲覧
  22. ^ ゆうゆうワイド」週1土曜版で継続 リスナーの声が後押し”. スポニチアネックス (2016年3月7日). 2016年3月7日閲覧。
  23. ^ さだまさし最愛の母逝く…「夜叉のごとき菩薩」喜代子さん90歳”. スポニチアネックス (2016年4月10日). 2016年7月9日閲覧。
  24. ^ TBSラジオ番組表 1987年4月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  25. ^ TBSラジオ番組表 1988年5月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  26. ^ TBSラジオ番組表 1988年10月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  27. ^ TBSラジオ番組表 1990年4月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  28. ^ TBSラジオ番組表 1990年11月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  29. ^ TBSラジオ番組表 1992年4月 (PDF)” (日本語). TBSラジオ開局60周年. TBSラジオ&コミュニケーションズ. 2011年5月29日閲覧。
  30. ^ 見れば聞こえてくるスタジオ風景 2002年2月26日(TBSラジオ)
  31. ^ 見れば聞こえてくるスタジオ風景 2001年10月25日(TBSラジオ)
  32. ^ 見れば聞こえてくるスタジオ風景 2002年7月12日(TBSラジオ)
  33. ^ ラジオCM(AGF)
  34. ^ ラジオで聞くジョイフル本田
  35. ^ 関連情報(舞台 60歳のラブレター)
  36. ^ ニュース(HYPONeX JAPAN)
  37. ^ 特設サイト
  38. ^ TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」に丸橋院長が解説者として出演します(丸橋全人歯科)
  39. ^ 954写真缶「大沢悠里のゆうゆうワイド長崎中継」(TBSラジオ、2004年8月13日)
  40. ^ 954写真缶「大沢悠里のゆうゆうワイド・沖縄中継」(TBSラジオ、2005年7月1日)
  41. ^ 954写真缶「ゆうゆう20周年」(TBSラジオ、2006年4月14日)
  42. ^ TBSラジオ2010年度 採用情報アーカイブ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBSラジオ 平日8:30 - 12:00
前番組 番組名 次番組
大沢悠里のゆうゆうワイド
(1986年4月7日 - 1996年4月5日)
大沢悠里のゆうゆうワイド
(13:00まで番組拡大・のちに実質的な2部制に移行)
TBSラジオ 平日8:30 - 11:00
大沢悠里のゆうゆうワイド
(8:30 - 12:00)
大沢悠里のゆうゆうワイド

大沢悠里のゆうゆうワイド
第1部
(1996年4月8日 - 2016年4月8日)
TBSラジオ 平日11:00 - 13:00
大沢悠里のゆうゆうワイド
(8:30 - 12:00)
おまたせ一慶まっぴるま!
(12:00 - 13:00)
大沢悠里のゆうゆうワイド

大沢悠里のゆうゆうワイド
第2部・昼もゆうゆう120
(1996年4月8日 - 2016年4月8日)