JNNニュース22プライムタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JNNニュース22プライムタイム
ジャンル 報道番組
放送時間 平日 22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1987年10月5日 - 1988年9月30日
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBSJNN
出演者 森本毅郎
三雲孝江
中村秀昭
嶌信彦
松宮一彦
テンプレートを表示

JNNニュース22プライムタイム』(ジェイエヌエヌニュースにじゅうにプライムタイム)は、TBS制作でJNN系列にて1987年10月5日から1988年9月30日までにかけて放送していたニュース番組である。なお、タイトルロゴ上では『ニュース22プライムタイム JNN』(ニュースにじゅうにプライムタイム ジェイエヌエヌ)と表記された。呼称では『ニュース22プライムタイムJNN』であり、時間短縮のためJNNを省略することがあった。

概要[編集]

「報道のTBS」の面子とTBSの社運を懸けて、打倒『ニュースステーション』を目指してスタートした報道番組である。22時台の放送時間帯(プライムタイム)がそのまま番組タイトルの由来となっており、深夜枠からの脱却や色合いの違いを前面を押し出している。

メインキャスターは、『モーニングEye』のメインキャスターだった森本毅郎(元NHKアナウンサー)と、前番組の『ネットワーク』でもキャスターを務めた三雲孝江(当時はTBSアナウンサー)。サブキャスターにはスポーツアナウンサーの中村秀昭、スポーツキャスターには松宮一彦(いずれも当時はTBSアナウンサー)、コメンテーターには嶌信彦を起用した。

ただ、結局視聴率は『ニュースステーション』には勝てず、またキャスターの森本がフライデーに不倫現場を報じられ暫く謹慎する、スポンサーのリクルートコスモスリクルート事件に関連するなどミソがついてしまったこともあり、僅か1年で放送は終了。その後はJNNニュースデスク'88 → JNNニュースデスク'89へと衣替えするもこれも視聴率は低迷したことで、僅か2年でTBS系列は22時台のニュース番組から撤退することになる。

当初本番組のキャスターには黒柳徹子の起用が予定されており、所属事務所からも了解を得られていたが、黒柳のキャスター就任のためには同じ生放送である『ザ・ベストテン』の司会を降板せねばならないことから、黒柳本人が「『ザ・ベストテン』の司会を続けたい」としてキャスター就任を拒否したためこの話は流れてしまった[1]

また当時朝日新聞社員だった筑紫哲也にもキャスターの打診があったが、系列会社であり『日曜夕刊!こちらデスク』などで筑紫と関りの深いテレビ朝日が「引き抜きだ」としてTBSに猛反発、遂には朝日新聞とTBS両社のトップ会談[注釈 1]にまで発展したが、TBS側が「無理押しは出来ない」と折れたことで立ち消えになった。トップ会談にまで至ったのは筑紫がTBSの打診を受ける意思を示して朝日新聞社内に波紋が拡がったため。この件がきっかけで筑紫はニューヨークに転勤、駐在時の1989年夏にTBSからの再度の打診を受け入れ朝日新聞社を退社、同年秋から『筑紫哲也 NEWS23』がスタートすることとなる[2][3]

出演者[編集]

メインキャスター(アンカーパーソン)
  • 森本毅郎(元・NHKアナウンサー)
  • 三雲孝江(当時・TBSアナウンサー、前番組『ネットワーク』から続投)[4]
サブキャスター(アシスタント)
スポーツキャスター
コメンテーター
ゲスト
レポーター

本番組のスタートに影響された主な番組枠[編集]

放送時間[編集]

平日 22:00 - 22:54(JST

  • ただし、水曜日と金曜日はナイター中継が延びた場合は最大30分遅れで開始することがあった。
TBSおよびJNN系列 平日最終版のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
JNNニュース22プライムタイム
JNNニュースデスク'88
週末深夜より枠移動・改題
TBS 平日22時枠
JNNニュース22プライムタイム
JNNニュースデスク'88

注釈[編集]

  1. ^ 朝日側は一柳東一郎社長、TBS側は諏訪博会長(2人とも役職は当時)。なお諏訪はこの「プライムタイム」の開始を決断した人物である。
  2. ^ 21:00 - 22:54。火曜20:00に移動し、『ザ・ロードショー』と改題。
  3. ^ 火曜19:00に移動。
  4. ^ 21:00 - 22:54。
  5. ^ 毎日放送制作。土曜23:00に移動し、『中村敦夫の地球発23時』と改題。
  6. ^ ここまで『金曜ドラマ』(一旦中断)

出典[編集]

  1. ^ 山田修爾 『ザ・ベストテン』 ソニー・マガジンズ2008年12月25日、205-208頁。
  2. ^ 筑紫哲也 『ニュースキャスター』 集英社〈集英社新書〉、2002年6月
  3. ^ 中島清成 『無名記者の挽歌』 中央公論新社2009年10月
  4. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。全国書誌番号:20288703。「三雲 孝江…TV「プライムタイム(87)」」
  5. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、27頁。全国書誌番号:20288703。「中村 秀昭…TV「プライムタイム(87)」」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、26頁。全国書誌番号:20288703。「松宮 一彦…TV「プライムタイム(88)」」
  7. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。全国書誌番号:20288703。「杉崎一雄…TV「プライムタイム<リポーター>(1987.10)」」
  8. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。全国書誌番号:20288703。「杉崎 一雄…☆87.10 テレビ「プライムタイム」リポーター」
  9. ^ 「III. 放送関係 7. アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。全国書誌番号:20288703。「田中良紹…TV「プライムタイム<リポーター>(1987.10)」」
  10. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。全国書誌番号:20288703。「田中 良紹…☆87.10 テレビ「プライムタイム」リポーター」

参考文献[編集]