田中良紹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 良紹(たなか よしつぐ、1945年 - )は、日本のジャーナリスト

宮城県仙台市出身。慶應義塾大学経済学部卒業。

略歴[編集]

現在はジャーナリストらのブログサイト「THE JOURNAL」の『田中良紹の「国会探検」』で政治についての評論をしているほか、チームニッポンの連載『田中良紹のニッポン維新』も行っている。

BS11デジタル田中康夫の番組にっぽんサイコー!にも頻繁に出演している。2009年11月14日よりインターネットコールイン番組『政治ホットライン〜あなたの声が届きます』のナビゲーターを務める[5]

主張[編集]

  • 利益誘導こそ民主主義の基本[6]
  • 日本の新聞とテレビには捏造報道の伝統がある[7]
  • 日本の世論調査の仕組みで決して世論は分からない[7]
  • 検察にとって目障りな政治家が血祭りに上げられる[8]
  • 検察の「でっちあげ」捜査を後ろからバックアップした新聞、テレビ、旧社会党、日本共産党、公明党などは、「国民の敵」である[8]
  • 自分たちの代表である政治家を叩き、殺す事は天に唾する行為で、唾が自分に戻ってくるとはつゆほども考えない国民は下衆である[8]
  • 日本に官僚支配を長く続かせた理由は、新聞とテレビを使ってせっせと下衆を増やしてきたことである[8]

著書[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1969.4<14期生>7人入社(男7) (一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原俊爾 稲生二平 木脇 豊 杉崎一雄 田中啓生 田中良紹 山田修爾」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料:ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「69.4 <14期生>7人入社(一般職として採用後、アナウンサーとして養成) 石原 俊爾 稲生 二平 木脇 豊 杉崎 一雄 田中 啓生 田中 良紹 山田 修爾」
  3. ^ a b 「III.放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「田中良紹[1991.3退社] TV「プライムタイム<リポーター>(1987.10)」」
  4. ^ a b 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料:ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、24頁。「田中 良紹…[91.3 退社] ☆87.10 テレビ「プライムタイム」リポーター」
  5. ^ [緊急告知]視聴者からの質問に直接答えます!『政治ホットライン』スタート!!
  6. ^ 田中良紹 (2010年3月3日). “利益誘導こそ民主主義の基本” (日本語). 田中良紹の「国会探検」. THE JOURNAL. 2010年3月4日閲覧。
  7. ^ a b 田中良紹 (2010年2月16日). “世論調査を信ずるバカ” (日本語). 田中良紹の「国会探検」. THE JOURNAL. 2010年3月9日閲覧。
  8. ^ a b c d 田中良紹 (2010年2月5日). “国民の敵” (日本語). 田中良紹の「国会探検」. THE JOURNAL. 2010年3月9日閲覧。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • TBS50年史(2002年1月、東京放送編・発行)…国立国会図書館の所蔵情報
    • 資料編
    • 付録DVD-ROM『ハイブリッド検索編』
      • 『TBSアナウンサーの動き』(ラジオ東京→TBSの歴代アナウンサーの記録を、同社の歴史とともにまとめたPDF文書)

外部リンク[編集]