小笠原保子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小笠原 保子(おがさわら やすこ、1966年10月19日 - )は、日本のアナウンサー報道記者

東京都出身。TBSテレビ勤務。田園調布雙葉高等学校立教大学経済学部卒業。実父は日野自動車元役員。[要出典]

人物[編集]

1989年4月、TBSにアナウンサー25期生として入社。同期は福島弓子斎藤哲也小林豊原山理一郎[1][2]。最初のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』(初代アシスタント)である。

1992年報道局経済部に異動し記者。後、アナウンサー兼記者[3]

2002年再び報道局経済部異動へ異動。

かつては『やんまるのプライベートページ』というホームページを自ら制作、運営していたことがある(現在は閉鎖されている)。その後遅くとも2011年からFacebookを開設し、そこでの発言によると、報道局からも離れてコンテンツ販売、デジタルコンテンツ制作を経て2014年時点ではマーケティングに関する部署にいるという。

出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • サンデー東京(1989年)[4][5]
  • ラジオワールド(1996年)[4][5]
  • 世界をNIRAむ[4]
  • パワートーク[4]

脚注[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1989.4<25期生>  5人入社(男3・女2) 小林 豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎(一般職採用)」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、30-31頁。「89.4<25期生>4人入社 小林 豊 斎藤 哲也 小笠原 保子 福島 弓子 原山 理一郎…(一般職採用)」
  3. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典』第6版、日外アソシエーツ、2004年6月。
  4. ^ a b c d e f g h i 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「小笠原保子『CS「ニュースバード」、BS「i-ニュースイブニング」担当』 R「サンデー東京」「ラジオワールド」「世界をNIRAむ」「パワートーク」 TV「噂の東京マガジン(1989)」「ニュースコール(1992)」「スペースJ(1995)」」
  5. ^ a b c d e f g 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「小笠原 保子… R「サンデー東京(89)」「ラジオワールド(96)」 TV「噂の東京マガジン(89)」「おはようニュース&スポーツ(90)」「ニュースコール(92)」「スペースJ(95)」「新サンデーモーニング<ナレーター>(97)」」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月
  • 『テレビ・タレント人名事典』第6版、日外アソシエーツ、2004年6月。ISBN 4816918523

外部リンク[編集]