噂の!東京マガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
噂の!東京マガジン
ジャンル 情報ワイドショー番組
構成 石倉俊文 他
演出 大江裕之(チーフD)他
出演者 森本毅郎
小島奈津子
井崎脩五郎
清水国明
山口良一
笑福亭笑瓶
風見しんご
深沢邦之Take2
ほか
ナレーター 乱一世 ほか
オープニング MALTA「SEXY GALAXY」
エンディング 3カ月ごとに変わる。
製作
製作総指揮 須賀和晴(制作プロデューサー)
プロデューサー 王堂健一
海野倫子
制作 TBSテレビ
放送
映像形式文字多重放送
音声形式解説放送(ステレオ二重音声)[注 1]
放送国・地域日本の旗 日本
放送時間日曜 13:00 - 13:54
放送分54分
公式サイト
地上波時代
放送チャンネルTBSほか
放送期間1989年10月1日 - 2021年3月28日(予定)
BS時代
放送チャンネルBS-TBS、BS-TBS 4K
放送期間2021年4月4日 -

特記事項:
字幕放送解説放送[注 2] を実施
テンプレートを表示

噂の!東京マガジン』(うわさのとうきょうマガジン、英字表記:TOKYO MAGAZINE)は、1989年10月1日からTBSで放送されている、森本毅郎総司会の娯楽ワイドショー情報番組

放送時間は、番組開始当初は毎週日曜10:00 - 10:54、1992年10月4日放送分より同13:00 - 13:54(JST)。2011年1月9日放送分で放送1000回を、2019年10月に放送30周年を迎えた。

概要[編集]

本番組は、タイトルにもあるとおり「テレビ版のマガジン(週刊誌)」をコンセプトとしており[1]、番組開始直後にはその週の内容のダイジェストとして「今週の目次」が流れ、各コーナーは週刊誌で言う“記事”に相当し進行はコーナー毎に基本的に担当するタレントを決め、その担当タレントから報告させるという体裁をとっており、これは記者・ライターからの原稿記事の入稿ということになる。タイトルに「東京」を冠するのは、当初の放送時間帯であった日曜10時台がTBSのローカル枠(ただしHBCTUFでも放送)であった都合上放送地域が限られていたためであり、扱う話題も東京周辺地域中心としている。須賀和晴プロデューサーは「政権交代より隣の家のもめ事が大事」という姿勢で身近な出来事から世の中が見える番組と解説し、鑑賞後にいい意味で余韻を残さないことも意識されている[1]。また日曜日の放送であることから、「噂の現場」のような硬派な取材に基づくコーナーばかりでなく、「やって!TRY」など娯楽性のあるコーナーも取り入れ、視聴者のターゲットを絞りこまず家族全員で楽しめる番組作りを念頭に置いている[1]。“見出し評論家(中吊り評論家)”として井崎脩五郎が出演していることから、競馬ネタについては若干触れることがあるが、他のギャンブルネタは扱っていない。

番組の冒頭では東京郊外のアニメーション映像が表示される。東京タワー、観覧車、赤坂のTBS、建物などとそこに船、レインボーブリッジを走る自動車、新幹線、飛行機が動いているアニメーションで、それらが倒れるとロゴマークに替わるCGとなっている。このOPアニメーションはハイビジョン制作への移行に伴い、2010年7月4日放送分よりリニューアルされ、東京スカイツリーと国会議事堂が加わり、飛行機の飛ぶ音が付いたほか、船の色も白から黄色に変更されている。番組開始から10年程度は、オープニングに被せて野沢雅子の声で「噂の!東京マガジンは今日発売でーす」と宣言しスタートした。これはかつて流れていた「週刊新潮」のラジオ・テレビCMのキャッチコピー「週刊新潮は今日発売でーす」のパロディである。また日曜10時台で放送されていた頃は、CM前のジングルで番組タイトル(東京)にかけた「都(みやこ)」という名前の雌ネコのアップを映していた。

25周年時点での平均視聴率は10.2%。番組最高視聴率は17.6%(1998年8月30日)。1997年からは年間平均視聴率で17年連続して同時間帯トップを獲得している(ビデオリサーチ社調べ・関東地区)。

収録体制[編集]

番組の収録は、毎週木曜日にTBS本社のスタジオで行われている。基本的には事前収録が主であるが、2008年頃までは年末年始など一部の「特大号」においては生放送を行った回もあった。この他、以前は競馬の大きなレースが地方で開催される日には、井崎脩五郎が別のスタジオから「今週の中吊り大賞(現『週刊!見出し大賞』)」に出演し、生放送でスタジオにいられないかのような演出がなされていた。

2020年初頭より、日本国内でも感染が拡大している新型コロナウイルス対応のため、同年4月12日から9月20日まで、および2021年1月10日以降の放送分については「特別版」として放送を実施している。特別版はスタジオ収録はなく、当初は「噂の現場」が数週に1回放送される以外は、すべて過去のVTRの再放送だった。その後、同年7月以降は後述の通常放送再開期間をはさみ、「今週のアングル」と「噂の現場」もしくは「歴史さんぽTOKYO大好き!!」でほぼ毎週、新作VTRを放送するというスタイルが取られている。同年10月4日から年内までの放送分については、一時的にスタジオ収録での放送が再開され、出演者全員がフェイスシールドを着用する形で対応した。再開当初は「やってTRY」のVTR部分以外は通常の放送体制に戻り、同年10月25日放送分からは「やってTRY」のロケも再開された。

「特別版」においてスタジオパートを無くした理由について、森本は2020年8月に「週刊女性」の取材に応じた際「年寄りが多いでしょ。僕も昔、心臓を手術したから慎重でね。“以前の放送内容に戻そうか”という話もあるんですが、最近また(コロナ患者が)増えたでしょ。番組自体は30年分以上の映像素材があるから困らない」とし、「プロデューサーもわりと慎重なんですよ。出演者は高齢者が多いし、僕もこういう状態だし、笑瓶も前に病気したでしょ。なので、やっぱり慎重にならざるをえない。今は無理しないほうがいいんじゃないか、と。」と述べている。他番組ではリモート収録で対応している番組もあるが、これについても「“リモート収録”だけはやりたくないね。あれって“疎外感”があるでしょ。スタジオにみんなで集まってやらないと、この番組の雰囲気は出ないんですよ。リモート画面で、それぞれが違う場所にいて……っていうのは、僕はイヤ。昔の映像を流すほうがまだマシかな、と。“戻すときはみんなでスタジオに戻ろう”という話になっています」と、番組特有の雰囲気ゆえにリモート収録に否定的な姿勢である旨を語っている[2]

7月からの新作VTRの放送についても「スタジオ収録はないけど“新しいVTRも撮ろう”と言って、外ロケを少しずつ始めてます。そういう形でしのぎながら、“そろそろ戻さなきゃいけないかな”とは思ってたんです」と話した。他のレギュラーは「みんな“早く! 早く!”っていう感じです。全員そうですよ」と焦りを伺わせつつ、「でも、なっちゃん(小島)と私は“ここは慌てずに慎重に考えよう”と言っていて、プロデューサーも同じ意見です。ありがたいことに、TBSも“焦らなくていい”という態度で、安全を確認しながら、というスタンスです」と述べている。この時点ではスタジオ収録の再開は「未定」としながらも、「僕も会議に入って、いろいろ相談しながらやっています。視聴者を長いことお待たせしてしまうのも悪いし、そろそろ戻したいなとは思っています。(コロナが)もう少し落ち着いてくれないとね。悩ましいところだなあ」と再開に向けた思いを語った上で、視聴者に対し「ご心配をかけていますが、出演者の調子が悪いわけではありません。スタジオに出たい気持ちはやまやまですが、今は慎重に構えて。早く集まってワイワイやりたい、やるときは以前のようににぎやかにやりたい。その日を一日千秋の思いで待っています」とメッセージを送った[3]

放送休止[編集]

原則として、マラソン・駅伝大会の中継(別府大分毎日マラソン2月第1週)、クイーンズ駅伝予選会(プリンセス駅伝、10月下旬)、クイーンズ駅伝(11月下旬))が実施される週、それに報道特番『報道の日』(12月最終週)も含めた年末年始特別編成が組まれる場合は、番組自体を放送休止する。系列局によってはそれ以外の特別編成やスポーツ中継などにより休止する場合もある。

2010年2月28日放送分は、チリ地震による津波警報発令のため、遅れネットの局も含めて番組史上初の放送中止となった。当日に放送予定であった中吊り大賞はお蔵入りとなり、その他のコーナーは翌週に回された。また2011年3月13日にも、2011年東北地方太平洋沖地震の緊急報道特番のため、ネット局すべてで放送中止となった。翌週の放送分では被災地の一つである宮城県福島県でも放送されていることもあり、中吊り大賞では震災に関する内容が放送され、噂の現場も差し替えて放送されるなどの措置が取られた。

放送時間帯[編集]

本番組は、かつて日曜10時台後半にTBSで放送されていた情報トーク番組「TVジャンクション」(同番組もローカル枠での放送)のモデルチェンジ版でもある。同時間帯は制作会社(当時の「時空工房」、現在の「フラジャイル」)が制作を担当していた枠で、他ではやっていない切り口の情報番組を作ろうということで本番組が企画され、スタートした。本番組の開始に当たり、前番組である『仮面ライダーBLACK RX』(毎日放送・東映制作)が放送されていた日曜10時台前半を全国ネットからローカル枠に転換し、同じく前番組である『TVジャンクション』より放送開始時間を30分前倒しする形となっている。

本番組が4年目に突入した1992年10月に、それまでMBSテレビ制作全国ネットであった『新伍Niタッチ!』の後番組として、放送時間帯を日曜13時台へと移動。移動後も引き続きローカル枠扱いであるとはいえ徐々にネット局を増やしており、東京周辺地域以外でも視聴できる地域が増えている(ネットしている局は#ネット局を参照)。

番組開始から30年余りが経過した2020年には、13~59歳の視聴者向けの番組編成への変更や新型コロナウイルス流行による広告収入の減少、レギュラー陣の高齢化に伴い高騰したギャランティーが番組製作費に見合わなくなったことなどを原因として、本番組を2021年3月で終了し31年半の歴史に幕を閉じるとの報道が、2020年11月9日付でなされた[4]。本件に関してはその後、2021年2月14日放送分にて森本により説明が行われた[注 3]。その説明において、森本は先に報じられていた番組終了というのは誤報であると否定した上で、地上波での放送については同年3月28日で終了し、4月以降はBS-TBSへ放映権・番組放送を移行すると発表した[5]。番組開始当初より、地域によって視聴できないローカル番組扱いであった本番組であるが、BS放送への移行に伴い全国で同一内容の放送が視聴できるため、実質的に全国ネット番組への格上げとなった。放送時間に関してはこれまで通り日曜13時台のままであり、レギュラー陣の顔ぶれについても変更がないものの、週替わりの出演となることも明らかになっている(各回の出演人数やローテーションなど、詳細については2021年2月時点では発表なし)[6]

地上波放送終了に伴う後番組としては、2020年4月よりParaviでレギュラー配信され、過去には地上波特番も2回放送されているバラエティ番組『それSnow Manにやらせて下さい』が、13時台前半にて放送される[7]ことが2月下旬の時点で発表されている。

出演者[編集]

総合司会[編集]

2015年11月29日から2016年1月10日放送分まで、腰の手術とリハビリテーションに伴い1カ月半ほど一時降板。

御意見番・代理総合司会[編集]

番組開始当初、競馬に興味がないと思われる視聴者から「あの中吊り評論家という肩書きで出ている井崎脩五郎というのは、腹話術人形か?」と言う問い合わせが実際に来た、という逸話が残されている。

アシスタント[編集]

出演タレント[編集]

  • 清水国明(過去に1回、森本の休暇時に代理総合司会を担当。開始当初から出演)
  • 山口良一(第5回から出演。2018年1月28日のみ代理見出し評論家を担当)
  • 笑福亭笑瓶(収録日が同じ木曜日に当たる『ダウンタウンDXスペシャル』(読売テレビ制作)の収録と重なる場合も含め、一部未出演回あり。未出演回には笑瓶がサルに似ているといわれることにちなんで、オープニングで森本が「今日は笑瓶がお山に帰ったね」などとコメントしたこともある)
  • 風見しんご(1990年代後半より準レギュラーとして出演、志垣が降板した2014年4月よりレギュラーに昇格。「キャットウォーク」「謎の○番勝負!」「街ネタ!TOKYO大好き!!」など独自の担当コーナーを持つ)
  • 深沢邦之(新山の後任として2006年4月より準レギュラーとして出演、北野が降板した2009年4月よりレギュラーに昇格)

森本、小島は毎年夏休みで出演しない回がある。森本が休みの場合は井崎が代理を務めるが、通常森本が担当するOPでの本日の番組の内容については井崎と小島が分担して行っている。「今週の目次をご覧ください」のコールも小島が行う。「噂の現場」の説明、EDで「では、また来週」のコールは全て井崎が行っている。一方、小島が休みの場合は代役は立てずに中吊りでのページめくり、EDの紹介は森本が行っている。中吊り大賞終了後にCM入りする際には、通常小島がCM明け後のコーナーの説明をしてからCMに入るが、休みの場合はそのままCM入りとなる。「やって!TRY」でも通常2人で行うところはパネラーが1人で行う。

ナレーター[編集]

前説[編集]

過去の出演者[編集]

主なコーナー[編集]

オープニング[編集]

アッコにおまかせ!』終了直後の12時52分50秒に10秒のジャンクションが放送される。

週刊!見出し大賞(清水国明以外で持ち回り担当制)[編集]

2014年上半期(6月29日)までは、“中吊りから世の中が見えてくる”と銘打った「今週の中吊り大賞」として放送。原則としてオープニングの次に放送されるが、2006年10月29日放送分では、番組史上で唯一番組の最後に放送された。その際森本が「何か文句ある?」と言っただけで、理由は説明されなかった。

コーナー内容として、その週に電車内に掲示された週刊誌中吊り広告または見出しを並べ、“見出し評論家(中吊り評論家)”の井崎が興味のあるタイトルを紹介し記事内容[注 5]について解説しながら、その週の最優秀週刊誌を決定していく。最優秀週刊誌は1週につき星を1つ獲得できる。対象となるのは週刊誌のみで、季刊誌・月刊誌・日刊誌等は対象としていない。後に中吊り広告を出稿・掲出しない週刊誌も増えてきたことから、2014年7月6日(下半期1回目)放送分より、中吊り広告を出していない週刊誌の見出しも取り上げるようになり、コーナー名も併せて変更された。

半期ごとに最も多くの星を獲得した週刊誌には表彰状が贈られ、その週刊誌の出版社へ出前表彰が行われる[注 6]。表彰状は、その週刊誌の中吊り広告のパロディーになっている。以前、TBS読売新聞社東京佐川急便事件の報道をめぐり対立していたとき、中吊り大賞を取った『週刊読売』の表彰状の中央の見出しは「TBSと読売の和解が始まった」だった。

6月12月の最終日曜日の時点でグランプリが決まらない場合、単独首位となる週刊誌が現れるまで何週でも延長戦が続けられる。2014年の下半期グランプリは当初の予定より3週繰り下がり、2015年1月の第2日曜日に下半期のグランプリが決定した。また2011年以降は、前出の『報道の日』の放送との兼ね合いから、下半期グランプリ決定も1週(2011年は2週)早められている。

コーナーの最初には、競馬評論家である井崎の職業をイメージし、「今週の傾向」として多くの週刊誌に取り上げられている事件のトップ3が発表されていた。2007年からは「今週のアングル」という、週刊誌に取り上げられているものを実際に映像で撮ってくる企画に変更されている。また、番組のオープニングで番組全体の内容を紹介する「今週の目次」もなくなったが、2008年にそれが復活するとともに中吊り大賞との間にCMが入るようになった。

ゴールデンウィークや夏休みの合併号ばかりで新しい週刊誌が発行されない週には、前週と同じ広告が掲示されていることがある。新春特大号では、年末年始の合併号ばかりで年内に発行された週刊誌しかなかった週には、気になる見出しと大賞は行わずアングルのみとなり本格的に翌週からスタートとなる。

令和の常識・やって!TRY(持ち回り担当制)[編集]

1990年に「平成の常識・やって!TRY」として開始されたコーナーで、2019年5月の改元に伴い、同月5日放送分より現行のコーナー名となった。番組内では「やって頂戴(ちょうだい)」の読みと「TRY」を掛けた形で、出演者・ナレーションともに「TRY」は「とーらい」と読んでいる。「平成の常識」としての放送回数は2019年4月28日の放送分までで述べ999回。2020年3月8日から10月11日の放送分、および2020年12月6日放送分以降は、新型コロナウイルス感染拡大に伴うロケ自粛のため、30年分の放送分からの傑作選を放送。合間の期間に当たる2020年10月25日から11月29日放送分までは、新型コロナウイルス感染予防対策を実施した上で収録が行われていた。

若者に対して「技術の世代伝承をうかがい知る」VTRコーナーとして、大半は後述の通り若い女性を料理に挑戦させる。この他男性にDIY(過去に出された課題は「棚」もしくは「椅子」を作る日曜大工、「自動車のタイヤ交換」など)に挑戦したり、男女問わず街頭の若者がことわざもしくは四字熟語のクイズに挑戦し書道で解答するといった課題が出される回もあった。

料理の回については、主に若い女性[注 7](番組内では「TRY娘」と称されている)に声をかけ課題の料理に挑戦させるが、調理は手順のみならず食材などへの知識も試され、使用する焜炉は家庭用よりも火力が強い業務用の鋳物コンロ(火力の調整等をおろそかにして炎上することもある)、さらに課題とは関係ない道具や食材が用意されるなどの「引っ掛け」もあるため、正しく出来た人として発表されている人数は挑戦者10~15人中、大抵は1~5人でまれに0人という回もある[注 8]乱一世が「ボヤキ親父」調でTRY娘の話や調理手順に対して突っ込むナレーションをしている。また、火災の恐れなど危険が生じた場合はスタッフによる忠告が入ることもある。

VTR終了後、スタジオで料亭やレストランの厨房に務めるプロの男性料理人が手順を披露する。その際、小島が進行及びアシスタントをするが、彼女の休暇時はパネリストが進行をしたり、料理人が独りで進行する。この時、出来上がったものは森本[注 9] が試食する。レギュラー陣も併せて試食に参加するが、既に用意されているものである[注 10]。2020年10月4日以降はソーシャルディスタンス確保の為、10月4日は笑瓶、11日・11月15日は山口、25日はしんご、11月1日は深沢、8日は清水が席に戻る。

番組プロデューサーの王堂健一によれば、コーナーを始めた当初は「母から娘への台所の知恵と技の伝承」をコンセプトとし、初期は母親から学んだ事を聞きながら料理してもらい、好評だったという[8]。また、TBSテレビが2006年3月20日に開催した番組審議会によれば、料理の勉強のきっかけになるとの肯定的な意見が上がっている[9]。一方で、近年においては2017年5月28日付朝日新聞8面に掲載された17歳の女子高生からの投書「『料理は女性』って考えてない?」や、2019年1月6日東洋経済ONLINEに掲載された作家・生活史研究家である阿古真理の手記[8] などのように、「料理は女性がするものという古い先入観からの差別」「若い女性を中高年男性が嘲笑する構成に疑問」「コーナータイトルは『平成の常識』にも関わらず内容が時代にそぐわない」といった声も上がっている。前出の阿古の記事の公開後から、若い男性にも料理に挑戦させ、失敗する様子も放送されるようになった[10][11]

主な収録現場は首都圏の遊園地や商業施設で、2013年までは夏に海水浴場での収録による通称「水着シリーズ」が行われ、冬にはスキー場シリーズ(主に神立高原スキー場で収録される。BSNがネットする以前から使われていた)が放送される。

派生コーナーとして、TRY娘が達人や食材の生産者のもとへ押しかけて体験学習する「知って!TRY押しかけ社会見学」や、(企画の意図するところが「技術の世代伝承をうかがい知る」であることから)TRY娘の家族の元へ赴く「TRY娘の親の顔が見たい」との企画も時々行われる。また、2009年の新春スペシャルで山寺での修行をしたTRY娘が好評だったため、自分を変えるために継続的にさまざまな体験をさせる「TRY娘の自己改造!?プロジェクト」というコーナーを行ったこともあった。本番組の第1000回の放送日にあたる2011年1月9日の放送では、過去に登場したTRY娘の近況を追跡した。

噂の現場(風見しんご以外で持ち回り担当制)[編集]

各地で起こっている対立や問題について、現場にパネラーが出向いて取材し、スタジオで発表するコーナー。笑瓶の場合は黄色い眼鏡を上げる。

登場する行政、問題源となっている人物や企業団体とのやりとりが反映され、例えば「小田原・天守閣より高いマンション」(2005年3月27日放送分)[注 11][12] のように実際に問題解決に繋がる機会になることもあれば、「急激な人気!! 山道を走るトレイルランニング ルールは必要か?」[13] の様に取材先からの取材手法への非難や取材拒否を受けることもある(実際後にミス報道と判明するケースが出ると行政・企業・団体寄りのメディアから叩かれる)。また、放送エリア内外問わず視聴者から調査・取材依頼を受け、出向くこともある。

本コーナーで取り上げた事柄が、後日新聞や、『クローズアップ現代』、『特報首都圏』などのNHKの番組で使われることがある。例えば2006年9月の『難問解決!ご近所の底力』で取り上げられた茨城県新治村(現:土浦市)のイノシシ被害は、同年4月23日に本コーナーで紹介されたものであり、同じ統計データも使われていた。

8ミリ隊が行く(風見しんご担当)[編集]

2004年まで放送されたコーナー。日本各地の知られざる名所・祭りを、文字通り8ミリビデオカメラ片手にリポートするコーナー。リポーター役に選ばれた者は、しばしばカメラを握らされ、体当たりで取材させられる。

一丁目一番地(志垣太郎担当)[編集]

志垣が担当していたコーナーで、街の一丁目一番地を捜し歩く企画。ナレーションは長峰が担当。一丁目一番地にたどり着くまでの人との触れあいや、映し出される街の情景がある。各取材地での知名度も高く、本コーナーだけで「超・噂の!東京マガジン」という独立した番組として放送されたこともある(内容は既放送分のVTRの再編集)。当初は実際に一丁目一番地の歴史などを探るコーナーだったが、コーナーの長期化につれて人との触れ合いのみが目的になった。

本コーナーにおいてある時、目的の1丁目1-1を見つけたところ、そこが政党の事務所でなおかつ放送日がちょうど選挙期間中だったため、取材できなかったこともある。

週刊誌 特ダネの真相(風見しんご担当)[編集]

「中吊り大賞」で取り上げるような週刊誌の記事について、実際に現地に赴いてリポートする。「噂の現場」はトラブルについて取り上げることが多いが、このコーナーは新たに開発された技術など、明るい話題も多い。以前はすべての雑誌記事から選んでいたが、後にコーナー名が単に「特ダネの真相」となり、中吊り大賞をとった記事について取材するようになった。中吊り大賞で「今週のアングル」開始されてからは放送されていない。

現代の秘境 キャットウォークを行く(風見しんご担当)[編集]

「8ミリ隊が行く」に代わって放送されたコーナー。高層タワーの点検などに用いられる非常に高くて細い通路「キャットウォーク」で仕事をする人に、頭にカメラをつけて歩きながら体験取材する。

しんご 謎の○番勝負!(風見しんご担当)[編集]

身近な品物について、日本の技術者が開発した最新テクノロジーを取材する。当初は時代劇の『新吾十番勝負』をもじった「しんご 謎の十番勝負!」というコーナータイトルだったが、10個の品物を紹介した後は「謎の二十番勝負!」と改題の上コーナーが続行し、最終的には「五十番勝負」になった。また31回目以降は、タイトルから「謎の」がとれて「風見しんご○番勝負」となった。

にっぽん!番付大賞(風見しんご担当)[編集]

食べ物の消費量などで意外な都道府県がずっと1位となっていることを取り上げ、その背景にある文化を現地で探る。スーパーマーケットに行ってその食べ物の並ぶ棚の長さをメジャーで測るのが恒例である。以前は、取り上げる物を紹介してから1位である場所を取材していたが、現在は特定の都市を取り上げて、そこが1位になっているものを探すという形式になっている。

街ネタ!!だからどうした?(風見しんご担当)[編集]

他人から見ればどうでもいいが気になる素朴な疑問をリポーターが取材に行く。風見の他、一度だけ深沢や山口も担当したことがある。またコーナー始まりは森本と小島が映し出され、森本が「今回は○○について取材してもらいました」という説明があり、コーナーが始まっていたが、2012年10月からはコーナー担当者と小島が映し出され、今回のテーマについて話された後VTRになるように変更された。本コーナーが放送される週は主に「やって!TRY」が休止された[注 12]

街ネタ!TOKYO大好き!!→歴史さんぽ TOKYO大好き!!(風見しんご担当)[編集]

「街ネタ!!だからどうした?」に代わり2016年5月から始まったコーナー。風見が東京の街を歩いて、産業や文化などの新発見を探す。

エンディング[編集]

主に「アングル東京」と称し、森本が「では、また来週」のあいさつ[注 13]のあと、東京都内各地の風景や、定点対比による過去と現在の比較映像が流される。「中吊り大賞」の出前表彰式が流されることもある。以前は「やって!TRY」で正しくできた人[注 14]の映像、もしくは動物(特に猫)の寝姿映像だった。また「一丁目一番地」が放送される週では、同コーナーの取材先で志垣が出会った人たちの映像となる[注 15]。EDの紹介は小島が行っている。ED放送後はCMをはさんで、「噂の!東京マガジン」と「来週もこの時間に」を出演者のうち1名がコールし、最後は全員で「お会いしましょう」で締めている[注 16]。このエンドタイトルの演出は2015年9月27日放送分をもって一旦廃止となったが[注 17]、2020年4月5日放送分より再開。

スペシャル版[編集]

2015年まで、毎年最初の放送は「新春特大号」と題し、2時間程度の拡大版が放送されていた[注 18]。新春特大号は準レギュラーも含めメンバー全員が出演する。2007年までは夏休み期間中の8月下旬ごろにも「夏の特大号」が放送された。1999年10月には放送10周年記念として感謝の特大号が放送された。また、2005年10月14日には「スーパーフライデー」枠で「やって!TRY」を中心に構成された「別冊噂の!東京マガジン TRY娘!!世界を行く 怖いもの知らず初体験スペシャル」が放送された。全国ネット枠でのスペシャル版は番組初。オープニングでは、レギュラー放送されていない地域の視聴者へ「TRY娘」(トライむすめ…とーらいむすめ、とは発音されなかった)という言葉についての説明はされたが、『噂の!東京マガジン』という番組そのものの説明は行われなかった。また、出演者もレギュラーと一部異なっていた(例:アシスタントは吉瀬美智子ではなく木村郁美)。

備考[編集]

  • 氏名クレジットは、長きにわたって人名やスタッフロールは明朝体、その他の記述は手書き文字というスタイルであったが、2006年からは手書き文字が使われなくなり、画面左上には新たに項目クレジットがVTR中に表示されるようになった。
  • 清水は、本番組の打ち上げで賞品としてもらった宝くじが100万円当たっていたことを、他の出演者に隠していた[14]

スタッフ[編集]

  • 構成:石倉俊文(毎週)/河村達樹、長谷川勉、遠藤昇輝、栗田智也(週替り)
  • TM:田中浩征
  • TD:饗庭慶子(以前はVE)、米山亨(週替わり)
  • カメラ:大政則智
  • VE:愛川颯丈、則竹香(週替わり)
  • 音声:朝日拓郎(VEの回あり)、浜崎健、宇野仁美(週替わり)
  • 照明:紺野淳一
  • ロケ技術:ゼファー、WING-T
  • 美術プロデューサー:斎藤幸雄
  • 美術制作:鈴木直美
  • 装置:中村友明
  • 装飾:東山浩美
  • 特殊装置:朝熊智浩
  • 電飾:岩田苑子
  • 選曲:牛腸正二郎
  • 音響:遠藤夕桂
  • 編集:荻原邦晃(ヌーベルアージュ
  • MAV:安部結莉香、多勢捺映、志村武浩、横山圭美、ウォッシャム賢人、関川一貴(ヌーベルアージュ)(週替わり)
  • タイトル:池田誠
  • CG:デジデリック
  • タイムキーパー:毛利弘子
  • スタイリスト:登地勝志(C.C)、水嶋由紀子
  • 編成:三浦萌
  • ディレクター:野崎高伸、吉岡慶太、益田大、千々岩康廣、藤林卓郎、薄田竜也、松井雅伺、山西創介/小走翔平、坂野太郎(週替わり)
  • チーフディレクター:大江裕之、久郷一雄・中野雅樹(久郷・中野→共にディレクター回あり、週替わり)
  • プロデューサー:王堂健一、海野倫子
  • 制作プロデューサー:須賀和晴
  • 制作協力:フラジャイル
  • 制作:TBSテレビ情報制作局情報三部
  • 制作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:雫弘幸、山西伸彦、武豊
  • TM:榎芳栄(以前は美術デザイン→一時離脱)
  • TD:杉田謙二、山森伸浩、望月隆、斉藤哲也、森哲郎、依田純、藤本剛、山根卓也
  • VE:高松央、藤本剛、瀬戸博之、野上正樹、鈴木昭平、高橋康弘、姫野雅美(高橋・姫野→共に一時離脱→復帰)、宮本民雄、生田史織、大場貴文、木野内洋、長谷川雄祐
  • カメラ:白井昭至
  • 音声:山田紀夫、藤井勝彦、中村全希、相馬敦
  • 照明:出村沙紅、篠原秀樹
  • 音響:黒田亜紀子、岩見岳志、磯田恵美
  • 美術プロデューサー:笠松和明、矢部香苗
  • 美術プロデューサー・美術デザイン:根本真一
  • 美術制作:宗次宏光
  • 電飾:井合友美、伊吹英之
  • 編集:神戸英夫(日本VTRスタジオ)、杉山淳、尾形義浩、花城卓恭(ヌーベルバーグ)
  • MA:松沢清
  • MAV:村上伸一、安河内隆文、井坂拓人、高山元、中野由梨、藤井光洋(ヌーベルアージュ)
  • タイトル:川崎明彦
  • スタイリスト:岡本美香、目須田晶子
  • 編成:永山由紀子、保津章二、杉本篤、矢野大亮、青木伸介、寺田裕樹
  • ディレクター:大浦和敏(毎週)/滝澤直人、南美佐子、狩山久美、権田将一、奥田幸紀、佐藤七星、笹岡正之、野呂智之(週替り)
  • チーフディレクター:酒井孝康、大島敏明
  • プロデューサー:村上研介、小川和也、小笠原知宏、筒井一夫、小谷和彦、遠藤宗一、大原真人
  • 制作プロデューサー:石井千尋、吉岡英機
  • 制作協力:時空工房
  • 制作:TBSライブ(2001年 - 2004年9月)

ネット局[編集]

全編ローカルセールス枠のため、TBSテレビ以外の同時ネット局では、編成の都合で臨時で非ネットになる場合がある。

日曜13時台へと時間帯が変更されて以降は、全国にネット局を広げたものの、徐々に西日本を中心にネット打ち切りが続き、2019年3月に鹿児島の南日本放送が打ち切っていた1年間は事実上静岡・長野・新潟以東で青森・岩手を除く東日本ブロックネットとなっていた。

現在のネット局[編集]

放送地域 放送局名 放送時間 備考
関東広域圏 TBSテレビ 日曜日
13:00 - 13:54
制作局
北海道 北海道放送 初回から放送。TBS以外のJNN基幹局では唯一放送。野球中継で休止になる場合があるが、その場合の振り替え放送はない。
宮城県 東北放送 野球中継で休止になる場合があるが、その場合の振り替え放送はない。
山形県 テレビユー山形
福島県 テレビユー福島 初回から放送。毎年11月の「ふくしま駅伝」開催日は、後半部分を放送するため休止になる。
山梨県 テレビ山梨 2012年9月以前は、フジテレビ系やテレビ朝日系の単発特別番組を遅れネットするため休止になる場合が多かった。
現在ではテレビ東京の単発特別番組や、自社制作のスポーツ中継により休止の場合もある[注 19]
長野県 信越放送 2006年から2010年まで、10月に1回「ワッショイ!善光寺表参道秋まつり」が放送されたため、当日の放送は休止になり、2011年のみ放送されなかった。
2012年以降は毎年10月に自社制作「夢テレビ」放送のため休止になる。
新潟県 新潟放送 2010年まで、毎年11月に1回高校ラグビー中継で休止になる回があった。また1990年代の一時期、14:00からの時差ネットだった時期があった。
静岡県 静岡放送 スポーツ中継など特別編成で放送休止の場合あり。休止の場合当日の深夜に振替放送されることもある。
鹿児島県 南日本放送 西日本唯一のネット局。毎年11月には、高校ラグビー決勝戦の生中継が行われる都合上放送休止。
2016年からは「鹿児島マラソン」を生中継(8:00 - 11:30)による『サンデーモーニング』の振替放送(録画放送)を13:00から行うため休止となっていた[15]
2017年からはTBS系列の番組の遅れネットや、テレビ東京系列、自主制作番組を放送して本番組を休止することも多くなる(いずれも本番組の振替放送は無し)[注 20]
2018年10月以降は事実上の不定期放送となり、2019年3月31日の放送を最後に一旦打ち切って水曜 19:00 - 20:00に放送されている『東大王』の時差ネットを行っていたが、同番組の放送を1時間スライドする形で、2020年4月12日放送分から本番組の放送を再開。

過去の放映局[編集]

放送地域 放送局名 備考
岩手県 IBC岩手放送 2005年4月10日放送分をもって打ち切り。
富山県 チューリップテレビ 2004年9月まで同時ネットで放送していた他、日曜16時台、月曜10時台などの時間帯で放送していた時期もある。
2013年3月4日放送分をもって、2度目のネット打ち切り。
石川県 北陸放送 2008年3月までは同時ネットで放送、レギュラー放送打ち切り後も新春特大号のみ同時ネットで放送されていた。2008年4月から2012年3月までは水曜9:55から放送していた。
2013年3月27日放送分(末期は15:54 - )をもって、ネット打ち切り。
中京広域圏 中部日本放送 1992年10月に遅れネット扱いで火曜深夜に放送していたが間もなく打ち切られ、その後2005年4月に同時ネットを開始するも1年でネット打ち切り。
これ以降同局においては、2008年4月8日から5月20日まで火曜朝の時間帯(遅れネット扱い)に、2016年9月16日から30日まで金曜10時台に、それぞれ短期間放送が行われている。
近畿広域圏 毎日放送 2011年10月に4回のみ、火曜23:55 - 翌0:55に時差ネットを実施。それ以前では、2002年1月下旬にMBSで1回、単発扱いかつ同時ネットで放送されたことがある[16]
以後も関西の問題が取り上げられることはたびたびあるが、同局での放送実績は前述のとおりである。
2005年に放送された、兵庫県小野市の住民が水道管使用料金170万円を請求されているというテーマでは、当該地域にて本番組が放送されていないにもかかわらず、住民から番組宛てに「助けてください」というファクスが来ていた。
岡山県・香川県 山陽放送 2006年に一旦打ち切り。その後2010年10月3日放送分から2011年9月25日放送分まで放送。
広島県 中国放送 2009年10月4日から2010年3月まで放送され、その後2018年4月24日から2ヶ月あまりの間、2日遅れで放送実績あり。それ以前にも編成により同時ネット・時差ネットした期間があった。
山口県 テレビ山口 2010年10月3日から2011年3月6日まで放送[注 21]
愛媛県 あいテレビ
高知県 テレビ高知
福岡県 RKB毎日放送
長崎県 長崎放送 2010年3月28日をもって打ち切り。
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送
宮崎県 宮崎放送
沖縄県 琉球放送

テーマ曲[編集]

オープニングテーマ[編集]

歴代エンディングテーマ[編集]

関連項目[編集]

  • ジカダンパン!責任者出て来い! - テレビ東京系列にて放送されていた、みのもんた司会のバラエティ番組。当初の番組内容が、本番組の「噂の現場」を参考にしたことを、同番組の関係者がテレビ情報誌[要文献特定詳細情報]で明かしている。
  • オードリー (お笑いコンビ) - 2010年8月8日放送分の噂の現場「中央区立明石小学校改築問題」において、同校の卒業生としてVTR出演。
  • あさイチ - NHK総合テレビにて放送されている情報番組。同番組の2010年10月1日放送分にて、「プレミアムトーク」に5代目アシスタントの吉瀬が出演した際、本番組出演時のエピソードが取り上げられた
  • 水曜日のダウンタウン』 - 本番組と同じくTBS系列にて放送されているバラエティ番組。同番組の2019年1月9日放送分での説のプレゼンにて、「出演者の白髪の割合が最も高いテレビ番組は本番組である」という説が提唱され、検証の結果白髪率50%で1位となり説立証となった。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年10月から実施。それ以前はMONO放送かつMONOSTEREO放送を実施。
  2. ^ 解説放送は2016年4月3日より実施。
  3. ^ 前述のとおり、当日は新型コロナウイルス対応に伴う特別版での放送であったため、森本1人だけが登場する形で新録した。
  4. ^ 2012年4月より『北野誠のズバリ』のパーソナリティを務めるため降板。降板後も4カ月間は番組ホームページに出演者として掲載されており、その時点までのトップページの写真は2008年1月の新春特大号での写真が使われていた。
  5. ^ 記事の内容ではなく、広告の下のダジャレが大賞をとったこともある(1995年の「AERA」の「ショ、ショ、ショーコ、アサハラ証拠」)
  6. ^ 過去に『週刊プレイボーイ』のみ出前表彰を断ったことがあった。
  7. ^ 後述の通り、2019年2月からは若い男性が料理に挑戦する様子も放送されるようになった。
  8. ^ ちなみに、ポテトサラダの回においては挑戦者全員が正しくできた
  9. ^ 不在時は井崎、2016年1月24日放送分のみ急性大動脈解離から復帰した笑瓶。
  10. ^ 特に温かい料理では湯気の立ち具合で判断できる。
  11. ^ 小田原市において、小田原城を遮る立地に高層マンションの建設計画がもちあがり、地域の景観を大きく損ねる危懼があるとの地域住民の情報を受け取材。放送後の2005年5月、市がマンション用地を買収、公園に整備することで問題は収束する。
  12. ^ これ以外のレギュラーでないコーナーが放送される場合は、「噂の現場」が休止される。
  13. ^ 翌週の放送が休みの場合は「来週は○○のため、お休みです。再来週お目にかかります」、年内最後の放送で次回が2時間の場合は「今年の放送は今日で終わりです。新年は1月○日新春特大号2時間スペシャルでお送りいたします。では、皆様、よいお年を」となる。
  14. ^ 正しくできた人が0人だった場合には、惜しい・あと一歩だった人を紹介することもあった。
  15. ^ その場合に限り、エンディングの前のCM前のナレーションは長峰になる。
  16. ^ 翌週の放送が休みの場合は「来週もこの時間に」を「次回は○月○日に」に、年内最後の放送で次回が2時間の場合は「1月○日新春特大号で」もしくは「次回は新春特大号で」と、その都度コールが変更される場合もある
  17. ^ 代わりに2015年10月4日放送分から2020年9月20日の放送分までOPでCMが入るようになっていた。
  18. ^ 2007年は「全国高校ラグビー」決勝の開催日と重なったため、通常の放送枠・内容で放送。2016年以降は14時から「全日本高校女子サッカー選手権大会」中継のため通常の放送枠・内容で放送されるようになっている
  19. ^ 翌週が中止の場合は、森本が「では、また来週」と言った後、画面上に次回の放送日のテロップが表示される。他のネット局に比べて休止が多い。
  20. ^ 2018年10月7日は当初本番組を放送予定だったが、放送前日になり急遽予定を変更して自主制作番組への放送へ切り替えた。
  21. ^ 本来は3月27日まで放送予定であったが、東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生して13日放送分が放送中止になったことを機に打ち切りを早めた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 話題性よりも日常性、「噂の!東京マガジン」が30年貫く“日曜昼の在り方” - ORICON NEWS(2019年9月22日)
  2. ^ 他方で、TBSラジオの『森本毅郎・スタンバイ!』では森本の事務所からリモート体制による生放送を実施している。森本もこのインタビューで「スタジオはアクリル板をつけてやっているけど、やっぱり“局”という場所にはいろいろな人が集まるから、それだけリスクがあると思ってね」と述べており、自身がリモート体制を嫌っているわけではないことを明言している。
  3. ^ 森本毅郎、『噂の!東京マガジン』収録はいつ再開? 本人に真相直撃TRY - 週刊女性PRIME(2020年9月1日)
  4. ^ “噂の!東京マガジン、来年3月終了 TBS日曜昼の顔 32年の歴史に幕”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年11月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/11/10/kiji/20201110s00041000033000c.html 2020年11月10日閲覧。 
  5. ^ 『噂の!東京マガジン』31年半の“地上波放送”に幕 4月からBSへ移行”. ORICON NEWS (2021年2月14日). 2021年2月14日閲覧。
  6. ^ 『噂の! 東京マガジン』4月からBSへ 全国放送に 森本毅郎「張り切っています」”. マイナビニュース. 2021年2月14日閲覧。
  7. ^ “Snow Man初の冠番組TBS日曜昼の新しい顔”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2021年2月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102220000629.html 2021年2月24日閲覧。 
  8. ^ a b 「女性の料理が笑われる」TBS番組への違和感 | テレビ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準”. 東洋経済ONLINE. 東洋経済新報社 (2019年1月16日). 2019年3月23日閲覧。
  9. ^ 番組審議会議事録:番組制作と放送のルール | TBSテレビ 2006年03月20日(月)開催 / 第485回番組審議会より
  10. ^ 「「女の料理ベタを笑う番組」と批判されたTBS、男にも「やってTRY!」させた評判は?”. 女子SPA!. 扶桑社 (2019年2月20日). 2019年3月23日閲覧。
  11. ^ 噂の!東京マガジン」料理コーナーに男性登場 ネット「嬉しい」「よかった」”. J-CASTニュース. J-CAST (2019年3月4日). 2019年3月23日閲覧。
  12. ^ 小田原市公式サイト市長の日記
  13. ^ TBS番組「噂の!東京マガジン」に苦言を呈す
  14. ^ 「宝くじの日(9月2日)」の日本テレビの特番で明かしていた。
  15. ^ MBCテレビタイムテーブル(ウェブ魚拓、2016年2月27日閲覧)
  16. ^ 理由は不明だが、「噂の現場」で大阪のマンション問題が取り上げられ、同局が制作協力に携わった。
  17. ^ CD Journal公式サイトアビィ / DOORS」 2013年10月1日閲覧
  18. ^ B.B.クィーンズのアルバム『B.B.QUEENS LEGEND 〜See you someday〜』に収録
  19. ^ MAY'S 8枚目のアルバム「Nothing」より
  20. ^ STARDUST REVUE 23枚目のアルバム「還暦少年」より
  21. ^ 馬場俊英 アルバム「ステップ・バイ・ステップ」より
  22. ^ 伊勢正三 アルバム「Re-born」より
  23. ^ 鈴木雅之 アルバム「Funky Flag」より
  24. ^ 岡村孝子 18枚目のオリジナルアルバム「fierte」より

外部リンク[編集]

TBS 日曜10:00 - 10:30
前番組 番組名 次番組
仮面ライダーBLACK RX
(1988年10月 - 1989年9月)
噂の!東京マガジン
(1989年10月 - 1992年9月)
そこが知りたいアンコール
TBS 日曜10:30 - 10:54
TVジャンクション
噂の!東京マガジン
(1989年10月 - 1992年9月)
そこが知りたいアンコール
TBS 日曜13:00 - 13:30
新伍Niタッチ!
(1991年4月 - 1992年9月)
  • ※同番組まで毎日放送制作の全国ネット枠
    ※13:00 - 13:54
噂の!東京マガジン
(1992年10月 - 2021年3月(予定))
  • ※本番組よりTBS制作かつローカルセールス枠
それSnow Manにやらせて下さい
(2021年4月 - (予定))
TBS 日曜13:30 - 13:54
新伍Niタッチ!
(1991年4月 - 1992年9月)
  • ※13:00 - 13:54
噂の!東京マガジン
(1992年10月 - 2021年3月(予定))
  • ※本番組よりTBS制作かつローカルセールス枠
未定
BS-TBS、BS-TBS 4K 日曜13:00 - 13:54
THE世界遺産 4K
(再放送)
※13:00 - 14:00
噂の!東京マガジン
(2021年4月 - (予定))
-