小林豊 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし ゆたか
小林 豊
プロフィール
愛称 小林少年
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市緑区
生年月日 (1965-08-17) 1965年8月17日(53歳)
最終学歴 東京外国語大学外国語学部ロシア語学科
勤務局 TBSテレビ
活動期間 1989年 -
ジャンル バラエティー・情報
公式サイト TBS公式プロフィール
出演番組・活動
現在JNN NEWS
土曜ワイドラジオTOKYO ナイツのちゃきちゃき大放送
過去サタデーずばッと
関口宏の東京フレンドパークII
アッコにおまかせ!
2時っチャオ!

小林 豊(こばやし ゆたか、1965年8月17日 - )は、日本アナウンサー気象予報士童顔であり、TBSテレビ入社以来一貫している短髪と日焼けした肌がトレードマーク。小柄な体格と著名な子供向け探偵小説の主人公にちなんで、愛称は「小林少年」。

愛知県名古屋市緑区出身。趣味はサックス演奏、サーフィンスノーボード

来歴・人物[編集]

小学4年から中学1年までフィリピンマニラで過ごす。南山高等学校東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業。在学時はフェンシング部に所属。1989年4月にTBSにアナウンサー25期生として入社(同期は斎藤哲也小笠原保子福島弓子原山理一郎[1][2]。現在は神奈川県鎌倉市に在住。

入社当初はラジオの若者向け番組に出演することが多く、入社2年目に『スーパーギャング』のパーソナリティを務めた。テレビ宣伝番組『特番ナビゲーション』における第21回 '95アノンシスト賞テレビCM部門最優秀賞を受賞[3]

1991年フジテレビ系『クイズ&ゲーム太郎と花子』 の「フジテレビ対TBS アナウンサー大会」でTBS代表としてゲスト出演している。

おはようクジラ』のリポーターを務めるようになった1996年頃から、活動の中心はテレビに移っている。また気象予報士の資格を持っており、『みのもんたのサタデーずばッと』(および同枠内の『JNNニュース』…2009年度のみ『THE NEWS』)では天気予報を担当していたが、番組の終了ともに土曜日の担当を降り、現在は、日曜日の朝『JNNニュース』の天気予報を担当している(番組冒頭のテロップも「気象予報士・小林豊」となっている)。ただし、レギュラー番組以外のテレビ・ラジオ番組に(レギュラーキャスターの代理や天災時に)気象予報士として出演することはない。

週6日以上生放送のレギュラー番組を持たないアナウンサーが多い中、一時は月曜から土曜まで生番組を担当し、隔週月曜は『関口宏の東京フレンドパークII』の収録に臨むなどしていた[注釈 1]

スペインに「ピカソ刺青を入れてもらった人」を探しに行った際、なぜか自身が「ピカソに刺青を入れてもらった人」として地元メディアから逆取材されたことがある。また、2001年1月1日中国北京から衛星生中継で放送した日本・中国・韓国のアジア3カ国共同企画の『DOMINO2001』では、当時のドミノ倒しギネス世界新記録の実況に立ち会った。

2008年9月『2時っチャオ!』を降板。週刊ポスト(2008年10月31日号)の記事によれば、降板の理由は、皇室に関して小林が紹介した内容に事実と反する部分があったためとされている。また、皇室以外では王貞治の家族について事実と反する内容[注釈 2]を伝えていたことも理由とされている。

現在の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

実況担当時、テロップは「小林少年」。

ラジオ[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2007年以降は、週6日の生放送レギュラーを持つアナウンサーも珍しくなくなっている。2012年10月現在では出水麻衣江藤愛佐藤渚が該当する。このほか久保田智子山内あゆ藤森祥平蓮見孝之岡村仁美ら(以上入社順)がこれまでに週6日の生放送レギュラーの経験がある。
  2. ^ 夫人の享年を間違えたり、当時存命だった母親を「故人」と紹介。
  3. ^ 日曜朝の担当は『草野満代の朝なま報道局』終了から半年ほど経過後に元井美貴に交代して以来となる。
  4. ^ 後継番組『報道LIVE あさチャン!サタデー』および内包番組の『JNNニュース』は、小林と担当曜日を交換する形で元井美貴が担当。
  5. ^ 安住紳一郎の日曜天国』枠で放送された正月特番。

出典[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1989.4<25期生> 5人入社(男3・女2) 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎(一般職採用)」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、30-31頁。「89.4<25期生>5人入社 小林豊 斎藤哲也 小笠原保子 福島弓子 原山理一郎…(一般職採用)」
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、31頁。「小林豊… R「スーパーギャング(90)」「土曜ワイド ハッピーTokyo<リポーター>(90)」「ヤンアナジョッキー(92)」「サンデー・エステティック・ミュージック(92)」「NEXT STAGE(93)」「恋する電リク、ビンゴボンゴ(94)」「YO!HO!(95)」「BEAT NAVIGATION(96)」 TV「噂の東京マガジン(89)」「DUNK(93)」「東京フレンドパークII(94)」「ニュースの森<新・噂のなんじゃもんじゃ>」「おはようクジラ<リポーター>(96)」 ★「特番ナビゲーション」<第21回 '95アノンシスト賞 テレビCM部門最優秀賞受賞>」
  4. ^ a b c d e f g 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「小林豊『BS「TIME OVER(2000)」担当』 R「スーパーギャング」「YO!HO!」「BEAT NAVIGATION」 TV「DUNK」「ニュースの森<噂のなんじゃもんじゃ>」「エクスプレス」」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]