この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

井上昌己 (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
井上 昌己
出生名 井上 昌己
生誕 (1969-07-21) 1969年7月21日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県八幡浜市
学歴 日本大学文理学部哲学
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
活動期間 1989年 -
レーベル トーラス(1989年 - 1995年)
ニュートーラス(1995年 - 1998年)
ポリドール(1999年)
SHOKO LAND(2001年 - )
Brand-New Music(2008年 - )
事務所 トーラスレコードニュートーラスレコード(1989年 - 1998年)
ポリドールユニバーサルミュージック(1998年 - ?年)
彼女の島(?年)
アワーソングスクリエイティブ(2008年 - 2009年)
アンドテック(2009年 - 2015年)
HIR(2016年 - )
共同作業者 古賀勝哉
公式サイト 井上昌己 公式ウェブサイト

井上 昌己(いのうえ しょうこ、1969年7月21日 - )は、日本の女性歌手シンガーソングライター。本名同じ。愛媛県八幡浜市出身。愛媛県立八幡浜高等学校日本大学文理学部卒業。

1990年代初頭の「GirlPOP」ムーブメントの中で代表的存在として、学園祭などにも多数参加。 トーラスレコード消滅後、ニュートラスレコードを経てユニバーサルミュージックに所属。 2001年自主レーベル(shokoland)立ち上げ以降は、精力的に新曲を発表。デビュー以来、毎年CDをリリースしている。

デビュー当時は楽曲提供を受けたものが多かったが、2002年以降はほとんどの楽曲において自ら作詞作曲を行っている。

来歴

小学生の頃から作曲をし始め、中学校三年生の時に旺文社主催・ソニー '84全国中学生テープ大賞を、高校三年生の時に第15回全国高校生作曲コンクール最優秀作品賞グランプリをそれぞれ受賞する。大学進学とともに上京し、第1回トーラスレコードスーパーボーカリスト新人オーディションで優勝。これをきっかけに1989年5月24日、シングル「メリー・ローランの島」、アルバム『彼女の島』でトーラスレコードよりデビュー。『彼女の島』は後に自ら所属していた事務所の名前にもなっている。

同アルバムでは、作曲に来生たかお安部恭弘財津和夫杉真理が参加、井上本人も2曲を作曲している。作詞は後に井上の楽曲を多数手がけることになる古賀勝哉が10曲中6曲を担当。また、この年、「メリー・ローランの島」で『夜のヒットスタジオ』に出演している。

翌月には「瞳」と「YELL!-16番目の夏-」の2枚のシングルを同時リリース。「YELL!-16番目の夏-」は夏の高校野球のテーマソングとして『熱闘甲子園』などでオンエアされ、テレビ朝日系列のローカル局では長年に渡り夏の地区予選のテーマ曲として使用された。

11月にリリースされた2枚目のアルバム『Fellow&Steady』では、井上本人が4曲の作曲(うち1曲は作詞・作曲)を担当。収録曲の「ラ・ブートニア」は、翌年大阪で開催された花の万博のテーマソングにもなった[1]

1990年リリースの3枚目のアルバム『matiere』では、松井五郎が全曲の作詞を担当。作曲に安部恭弘、崎谷健次郎佐藤竹善中崎英也上田知華を迎え、井上本人も3曲作曲している。編曲には鳥山雄司松本晃彦が参加した。また、この年にはNHKみんなのうた』で「川面がキラキラ」を歌い、映像にも本人が出演した。

1991年にリリースされた4枚目のアルバム『Just Open The Door』以降は、本人が作曲を手掛けたナンバーが徐々に増えていく。

1993年に発売され、カシオ電子手帳のCMソングとなったシングル「恋が素敵な理由」がオリコン最高位23位、売り上げ枚数19.6万枚とヒットし、音楽番組への出演が急増する。また、この年の秋に発表されたアルバム『愛の神様 恋の天使』では、フルアルバムで初めて全曲の作曲を行った。

1998年には、『サタデーホットリクエスト』の番組内企画の一環として、リスナーから募集した歌詞に曲をつけ、「Heart in Radio」という題名で提供した。また、このとき海援隊千葉和臣も同じ歌詞に異なる曲を提供した。CD化はされていない。

2001年、自主レーベル「SHOKOLAND」を設立。作詞、作曲を自ら手掛けた作品を中心にライブ活動を精力的に行う。同レーベルでは2006年までにシングル3枚、アルバム4枚を作成した。

2007年12月、自主レーベル設立以来初となるベストアルバム『My Style Best 2008』を発売。

2008年1月、ケイダッシュ系列の芸能事務所アワーソングスクリエイティブに移籍。同年7月、5年ぶりとなるオリジナルアルバム『Brand-New Feel』を発売。

2009年7月、自身初となるカバーアルバム『the covers of my color』を発売。また、同年をもって所属事務所を離れ、2010年以降、精力的なライブ活動を再開する。

2010年3月、個人事務所に再び戻り、数年ぶりの全国ツアー(22か所)を敢行。同年「遥かな瞳のファナナ/千年情緒」を10年ぶりに古賀勝哉氏が作詞を手掛けた。この年より、2015年に至るまで毎年全国ツアーを行うほど積極的活動が始まると同時に故郷愛媛県との交流も多くなる。 3月には故郷八幡浜市のNPO「YGP(八幡浜元気プロジェクト)」に参加、桜の植樹100本の中で「千年情緒」「恋が素敵な理由」などの名前を冠した桜木を植樹する。

2010年10月、自身のバラード曲を集めたセルフカバーアルバム「好きです今でも」「恋がありました」2枚のCDをリリース。

2011年3月11日、東日本大震災。コンサート予定の岩手県盛岡市にてリハーサル中に被災。盛岡から宇都宮までタクシーを乗り継ぎ、12日東京でのライブ、13日愛媛県、野村中学校卒業イベントに参加。その後の西日本ツアーを敢行した事で一部非難を浴びるも、結果として義援金や支援物資の確保などが一定の評価を得る。また自粛が続いた東京タワー、ビナウオークなどの解除後初のライブを開いた事でも話題に。

2011年5月、北陸放送ラジオ番組「鼻毛の森のラジパラ」内で、コーナー「美辞麗句BGレイク」を担当。

2011年5月、久しぶりのホールコンサート、渋谷マウントレーニアホールにて「デビュー記念コンサート」を開催。ここまで100名規模のライブハウス中心だった活動も、旧来からのファン増加につれ、ホールコンサートが増加していく。またこの年、東北地方を中心に数度、復興支援ライブを行う。

2012年2月、みちのくプロレスザ・グレート・サスケ」がリリースした東北応援CD「みちのく魂」に「遥かな瞳のファナナ」を提供。

2012年3月、作詞家「松井五郎」氏主催のライブ、また他アーティストとの共演ライブなど、この年、積極的なライブ活動を展開。「3部作」と題して同年3月「願いにかえて」を発表。このCDに収録されている曲「遠く離れていたって」は、公式に発表していないが、「震災」で亡くなられた方達を想い綴った曲だと何度かライブで語っている。

2012年7月、「3部作」第2弾「ただ若すぎた季節のメロディー」を発表。前作「願いにかえて」、テレビ朝日系列番組とタイアップに続き、この楽曲もテレビ東京系列局とのタイアップ獲得。

2013年1月、3部作最終「えにし〜春夏秋冬」をリリース。この楽曲もテレビ東京系列の番組とタイアップ獲得。

2013年5月、前年に続き、マウントレーニアホールを完売。同年7月には六本木スイートベイジルコンサートも満員を記録し、徐々にコンサート活動の幅を広げていく。

2014年5月、ユニバーサルミュージックレコードより、レーベル各社の枠を超え、ベストアルバム2枚組「Welcometomyhome」をリリース。収録曲の中で、ボーナストラックとして収録された2曲は、デビュー前のオーディション弾き語り音源を収蔵。歌詞、タイトル共に、デビューアルバム「彼女の島」とは違っている貴重な音源として話題になる。心に長そで(イヤリングのはずし方)風と話す日(忘れてあげない)

2014年5月、デビュー25周年を記念し、マウントレーニアホール2DAYSを両日満員開催。初日にはアーティスト仲間である、穴井夕子宇都美慶子峠恵子野田幹子伊藤かずえらがステージアーティストとして参加し井上昌己の楽曲を披露、好評を得る。

2014年6月、「MELODIES 1」を発表。UPテンポ曲、POP曲、バラード曲、歌謡曲など多彩なメロディーを作曲し収録した作品は好評を博し、次回作「MELODIES 2」制作意欲を語る。収録曲5曲中3曲がテレビ局とのタイアップを獲得する。

2014年7月、自身がデビューした「TOKYO FM HALL」でのコンサートを25年ぶりに開催。弦楽器、管楽器など総勢18名ものミュージシャンを従え「withチェンバーオーケストラ」として成功させる。

2015年2月、故郷愛媛県八幡浜市の公式PRキャラクター「はまぽん」のテーマソングを作詞作曲。2015年5月現在CD化はせず、フリー曲として地域に貢献。また同時に「八幡浜応援隊」に任命される。

2015年5月24日、デビュー記念日のこの日、渋谷マウントレーニアホールにて、ファンからのリクエストを募ったTOP25を一挙披露。チケットは1か月前に完売。途中2階席でのパフォーマンスで来場者を驚かせ、アンコールでは自身のモデルギターを手に、「UPSIDEDOWNN」を歌唱。3時間に及ぶコンサートを大成功させる。

2015年7月21日、誕生日のこの日、バースデーライブとして前年同様、チェンバーオーケストラ21名と共に「TOKYOFMホール」でコンサートを開催。前年を上回る満員の来場者と共にコンサートを大成功に導く。この日の音源の一部が限定版としてCD化されているようだが、公式ページに記載はない。

2015年12月、ここ数年での活動で様々なアーティストとの交流が再開。杉真理堀江淳崎谷健次郎など。また作詞家古賀勝哉氏が、数曲作詞家として再び詩を提供してることも特筆すべきことである。

2016年1月6日、デビュー当時のレコード会社(トーラスレコード)のスタッフが17年ぶり再集結。デビューアルバム「彼女の島」英語verを新たに制作。現代風に一部曲をアレンジするも、ほぼ当時と変わらないアレンジと、デビュー当時と変わらないキー設定での歌唱に驚きをもって迎えられる。また、この年は6月にミニアルバム「MELODIES2」をリリース。

ディスコグラフィー

シングル

  1. メリー・ローランの島 (1989年5月24日・10TX-7214)
  2. 瞳 -まなざし- (1989年6月21日・10TX-7216)
    • 瞳 -まなざし- - 作詞:古賀勝哉/作曲:財津和夫/編曲:京田誠一
    • さよならパラダイスビーチ - 作詞:影森潤/作曲:和泉常寛/編曲:信田かずお
  3. YELL! -16番目の夏- (1989年6月21日・10TX-7217)
    • YELL! -16番目の夏- - 作詞:西田昭彦/作曲:佐藤栄介/編曲:京田誠一
    • イヤリングのはずしかた - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
  4. 魚座たちの渚 (1990年1月24日・TADX-7305)
    • 魚座たちの渚 - 作詞:古賀勝哉/作曲:芹沢和則/編曲:京田誠一
    • ラ・ブートニア - 作詞:星野今日子/作曲:北野誠/編曲:京田誠一
  5. 神様のミステイク (1990年5月23日・TADX-7310)
    • 神様のミステイク - 作詞:松井五郎/作曲:崎谷健次郎/編曲:松本晃彦
    • 彼女の名前を呼ばないで - 作詞:松井五郎/作曲:井上昌己/編曲:松本晃彦
  6. Tokyo夏休み (1990年9月5日・TADX-7316)
    • Tokyo夏休み - 作詞:松井五郎/作曲:羽田一郎/編曲:鳥山雄司
    • 翼 みつけて - 作詞:松井五郎/作曲:井上昌己/編曲:松本晃彦
  7. キッチンで泣いた (1991年1月11日・TADX-7321)
    • キッチンで泣いた - 作詞:古賀勝哉/作曲:石田正人/編曲:岩本正樹
    • 腕の中のNAVIGATION - 作詞:松井五郎/作曲:井上昌己/編曲:岩本正樹
  8. アナザーフェイス (1991年6月28日・TADX-7335)
    • アナザーフェイス - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己・佐藤栄介/編曲:京田誠一
    • 扉をひらいて - 作詞:松井五郎/作曲:河内淳一/編曲:岩本正樹
  9. Merry X'masをあげたい (1991年11月6日・TADX-7342)
    • Merry X'masをあげたい - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • Balancin' Love - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
  10. 僕がいるから大丈夫 (1992年3月25日・TADX-7343)
    • 僕がいるから大丈夫 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:岩本正樹
    • 彼女が泣いた夜 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
  11. 恋が素敵な理由 (1993年1月20日・TADX-7354)
    • 恋が素敵な理由 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • 忘れてあげない -Next- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  12. 愛の神様 恋の天使 (1993年9月1日・TADX-7370)
    • 愛の神様 恋の天使 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • どうしてあなたは泣いたんだろう - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:岩本正樹
  13. Merry X'masをあげたい -LAST FOR YOU- (1993年10月27日・TADX-7371)
    • Merry X'masをあげたい -LAST FOR YOU- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • 恋が素敵な理由 -X'mas Version- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
  14. 恋はLiberty (1994年3月30日・TADX-7381)
    • 恋はLiberty - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • Wish - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    ※表題曲の「恋はLiberty」はFBCラジオ午後はとことんワイド二木あつ子のきまぐれ気ままな金曜日』のOP曲として使用された。
  15. 愛してるII (1994年9月28日・TADX-7395)
    • 愛してるII - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • 月とクウォーター - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  16. 悪いひと -もうひとつのBitter- (1995年2月22日・TADX-7405)
    • 悪いひと -もうひとつのBitter- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • あなたのmariage - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:夏秋文彦
  17. 純心 (1995年11月8日・TADX-7420)
    • 純心 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • 軽蔑 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    ※表題曲の「純心」はテレビ朝日テレビアニメ怪盗セイント・テール』の初代ED曲として使用された。
  18. 僕たちの片想い (1996年2月28日・TADX-7428)
    • 僕たちの片想い - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • 歩きたい - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  19. Know One Knows (1996年3月13日・TADX-7429)
    • Know One Knows - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • 眠りたい - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  20. Up Side Down-永遠の環- (1996年5月20日・TADX-7430)
    • Up Side Down -永遠の環- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:森園勝敏
    • 好きでいてそばにいて(Baggot INN Version) - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:POP BEAT V3
    ※表題曲の「Up Side Down-永遠の環-」はテレビ朝日系テレビアニメ『怪盗セイント・テール』の2代目ED曲として使用された。
  21. きみを愛することで (1996年11月11日・TADX-7445)
    • きみを愛することで - 作詞:川島香織/作曲:井上昌己/編曲:井上鑑
    • イヤリングのはずしかた'96 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:小島良善
  22. 抱きたい (1996年12月9日・TADX-7445)
    • 抱きたい - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:芳野藤丸
    • 恋はLiberty(Baggot INN Version) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:POP BEAT V3
  23. あのひと (1998年4月22日・TADT-1007)
    • あのひと - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • 壜の中のふたり - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  24. 哀しいひと (1998年9月2日・TADT-1011)
    • 哀しいひと - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • Oops! - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:小島良善
  25. 熱愛〜完結編〜 (1999年2月10日・POCH-1758)
    • 熱愛(Single Remix) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一
    • 好きになってしまった - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
    • 二人の世界 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:佐藤栄介
  26. 想い出の続きはなくて… (2002年7月29日・SHLA-0002)
    • 想い出の続きはなくて… - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:水島康貴
    • 私の空 - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:POP BEAT
  27. Song for wedding (2005年5月25日・SHLA-0005)
    • Happy Everlasting -2005- - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:水島康貴
    • あなたのmariage -2005- - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:夏秋文彦
  28. 夕立 (2006年10月4日・SHLA-0007)
    • 夕立 - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:岡ナオキ
    • Lesson - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:岡ナオキ
  29. 遥かな瞳のファナナ (2010年3月25日・SHLA-0009)
    • 遥かな瞳のファナナ - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
    • 千年情緒 - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
    • 女よ大志を抱け - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
  30. 願いにかえて (2012年3月1日・SHLA-0012)
    • 願いにかえて - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:松ヶ下宏之
    • 恋はずっと 愛をもっと - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:水島康貴
    • 遠く離れていたって - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:松ヶ下宏之
    • アナザーフェイス(新録) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己・佐藤栄介/編曲:江口正祥
    ※表題曲の「願いにかえて」はテレビ朝日紀行番組ちい散歩』のED曲として使用された。
  31. ただ若すぎた季節のメロディー (2012年7月21日・SHLA-0013)
    • ただ若すぎた季節のメロディー - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
    • 最後の恋 - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
    • 誕生日 - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:江口正祥
    • 悪いひと -もうひとつのBitter-(2012ver.) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:江口正祥・京田誠一
    ※表題曲の「ただ若すぎた季節のメロディー」はテレビ東京系紀行番組『釣り・ロマンを求めて』のED曲として使用された。
  32. えにし〜春夏秋冬 (2013年1月20日・SHLA-0014)
    • えにし〜春夏秋冬 - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:水島康貴
    • 手のひらに勇気を - 作詞・作曲:井上昌己/編曲:水島康貴
    • きらきらひかれ - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:松ヶ下宏之
    • 愛してる(2013ver.) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一・佐藤栄介・江口正祥
    • 愛してるII(2013ver.) - 作詞:古賀勝哉/作曲:井上昌己/編曲:京田誠一・佐藤栄介・江口正祥
    ※表題曲の「えにし〜春夏秋冬」はテレビ東京系紀行番組『海外行くならこーでね〜と!』のED曲、カップリングの「手のひらに勇気を」はテレビ朝日系紀行番組『若大将のゆうゆう散歩』のED曲として使用された。

アルバム

  • 彼女の島 (1989年5月24日・32TX-2211)
    忘れてあげない/ロマンスに帰りたい/ジョンとメリーのために/少し淋しいだけ/瞳-まなざし-/それぞれの微笑/メリー・ローランの島/今のままがいい/さよならパラダイスビーチ/イヤリングのはずしかた
  • Fellow&Steady (1989年11月8日・TACX-2301)
    魚座たちの渚/青空がくれたフォトグラフ/コンタクトレンズのせい/瞳はファッシネイション/指輪のかえしかた/Boy Hurry Up!/Dear Time/ラ・ブートニア/パーティは22時/YELL!-16番目の夏-
  • matiere (マチエール) (1990年5月23日・TACX-2319)
    星空からのエレベーター/神様のミステイク/アドレスのないOne Room/どんなふうにこの夜は終わるのだろう/世界にひとつだけの涙/Tokyo夏休み/彼女の名前を呼ばないで/わざとKiss In The Rain/翼 みつけて/matiere 21
  • Just Open The Door (1991年1月11日・TACX-2338)
    Lonely Nightは大嫌いなときもある…/キッチンで泣いた (Album Version)/扉をひらいて/はじめてのJealousy/腕の中のNAVIGATION/たった一行のノンフィクション/Don't fall in 恋/ヒミツの気持ち/カセットの最後のナンバー/Just Open The Door/愛が終わるまで
  • Balancin' Love (ミニアルバム) (1991年11月27日・TACX-2357)
    MY DEAR/Before Tears/教えない/ONE NIGHT/Balancin' Love/Merry X'masをあげたい
  • 彼女が泣いた夜 (1992年3月25日・TACX-2361)
    THE INTRODUCTRY CONCEPT/僕がいるから大丈夫/あなたの腕をほどいてみたい/彼女が泣いた夜/真夜中のTRUE/まぁいいか/あなたがいない/さよならは8月のミラージュ/MISS SEPTEMBER/NO LADY NO CRY/LOVE
  • 愛の神様 恋の天使 (1993年9月29日・TACX-2404)
    大好きじゃなくなる前に/愛の神様 恋の天使/逃がした魚は泳いでる/僕と別れてくれ/恋はLiberty (Short Version)/会いたくない/恋が始まる理由/あなたが教えたこと/恋が壊れる理由/あ・の・ね/デリカシーのかけらもない/どうしてあなたは泣いたんだろう/愛してる/組曲〜とても近くにあったLOVE〜
  • Sweet (ミニアルバム) (1994年5月25日・TACX-2424)
    いちばんつらい人/1976年のラブレター/夏休みの贈り物/卒業/古書の町/月と話す
  • Bitter (ミニアルバム) (1994年5月25日・TACX-2425)
    Suspicion/彼女の知らない夜がある/現在はわからない/もう一度、抱かれたい/人生は野菜スープ
  • Fair Way (1994年10月26日・TACX-2437)
    INTRODAUCTION/Fair Way/ひとしずくの殺意/流失/High Heel-もうひとつのSweet-/月とクウォーター/わがまま きまぐれ しかもLOOSE/ありきたりのラヴソング/愛してるII (Album Mix)/家族写真/恋はLiberty (Fair Way Mix)/悪いひと-もうひとつのBitter-/泣きだしそう
  • FairWay Live (ライヴアルバム、1995年1月8日NHKホールにて収録) (1995年2月22日・TACX-2440)
    月と話す/いちばんつらい人/古書の町/もう一度、抱かれたい/恋が素敵な理由/ひとしずくの殺意/泣きだしそう/恋はLiberty/悪いひと-もうひとつのBitter-/愛してるII/愛してる/ありきたりのラヴソング/月とクウォーター/[BONUS CD] BAD FINGER (Studio Rec.)
  • Bitter II (ミニアルバム) (1995年11月29日・TACX-2479)
    ONE ROOM LIFE STYLE/鏡の中は別の顔/彼氏が心配してるから/軽蔑/恋のゆくえ
  • Sweet II (ミニアルバム) (1995年11月29日・TACX-2480)
    想春譜/土曜夜市/ひとりぼっち/真相/純心 (more bitter version)
  • Up Side Down (1996年6月19日・TACX-2490)
    Know One Knows/Up Side Down-永遠の環-(完全版)/恋するハートがNOという/好きでいてそばにいて (Baggot INN Version)/恋の魔法に首ったけ/言えないことがひとつある/忘れてあげない (Baggot INN Version)/忘れたい/月の或る夜/純心 (Baggot INN Version)/Birth21世紀/僕たちの片想い/Up Side Down-失意の果て-/Know One Knows (Bqggot INN Version)
  • 熱愛 (1998年9月30日・TACT-1015)
    あのひと/離れてナンボの恋でしょ?!/雪の朝に思うひと/恋してなければ/そんなふうな恋が好き/哀しいひと/終わりの予感/熱愛/ゲームII/愛だけ
  • バナ・オレンジ・ベリー (2002年1月30日・SHLA-0001)
    DO YOU LOVE ME?/MY EMOTION/アイツとの関係/いちばん愛してる証拠 [Shoko]/恋多き女でしょうか?/同時進行/Happy Everlasting/私はワ・タ・シ!/あなたに帰らない/向日葵
  • SHOKO-LA2nd〜SHOKOLAND 2nd〜 (2003年4月25日・SHLA-0003)
    名もなき場所/騙されてあげる/花火/私の空 (SHOKO-LA Version)/償い/向日葵 (SHOKO-LA Version)/人間万事塞翁が馬/想い出の続きはなくて…(SHOKO-LA Version)/女心は未知なもの/好きなのに
  • ANNIVERSARY I (セルフカバーミニアルバム) (2004年5月24日・SHLA-0004)
    Fair Way/YELL!-16番目の夏-/Birth 21世紀/Suspicion/恋はLiberty/LOVE
  • ANNIVERSARY II (2004年11月25日・TERCL-0004)
    軌道 (mi・chi)/砂に落ちた涙/Fair Way/Suspicion-Remix-/イヤリングのはずしかた/YELL!-16番目の夏-/LOVE/もう一度、抱かれたい/恋はLiberty/悪いひと-もうひとつのBitter-
  • Brand-New Feel (2008年7月2日・BNSH-0001)
    流星のアダージョ/愛しているから/優しい嘘/はじまりの日曜日/Like a GIRLS LOVE/夢の続きへ/奇跡の糸
  • precious moment (2009年2月4日・BNSH-0003)
    あの場所へ/揺れるココロ/ありふれた今日という日に/雨音の記憶/流星のアダージョ/縁〜enishi/10年後も…
  • the covers of my color (カバーアルバム) (2009年7月22日・BNSH-0004)
    砂浜(杏里)/メロディー(玉置浩二)/秋の気配オフコース)/76th Star(レベッカ)/ガラスの林檎松田聖子)/まちぶせ三木聖子)/だいすき(岡村靖幸)/MOONLIGHT BLUES(チャゲ&飛鳥)/Too far away(水越けいこ)/チェリースピッツ
  • 「恋」が有りました。(セルフカバーミニアルバム) (2010年10月5日・SHLA-0010)
    古書の町/終わりの予感/純心/High Heel-もうひとつのSweet/土曜夜市/世界にひとつだけの涙
  • 「好き」です、今でも。(セルフカバーミニアルバム) (2010年10月5日・SHLA-0011)
    想春譜/あなたが教えたこと/抱きたい/二人の世界/愛だけ/YELL!-16番目の夏-
  • 回想録〜Calling 90's〜 (カバーアルバム) (2013年3月13日・初回限定版WPCL-11359、通常版WPCL-11360)
    PRIDE/愛が生まれた日(井上昌己・中西圭三)/ただ泣きたくなるの/Alone/慟哭/サイレント・イヴ/Time goes by/愛人/あなたに逢いたくて〜Missing You〜/渡良瀬橋/夢をあきらめないで
  • MELODIES1(ミニアルバム) (2014年6月25日・SHLA-0015)
    いじわるなDESTINY/つながりたい/MYWAYOFLIFE/TOSHISHITA/未来のない二人
  • 彼女の島 English-ver(2016年1月6日・RHAS-0026)
    忘れてあげない/ロマンスに帰りたい/ジョンとメリーのために/少し淋しいだけ/瞳-まなざし-/それぞれの微笑/メリー・ローランの島/今のままがいい/さよならパラダイスビーチ/イヤリングのはずしかた/イヤリングのはずし方(日本語ver)
  • MELODIES2(ミニアルバム) (2016年6月1日・SHLA-0016)
    アウフタクトの恋/B-blood/共犯者/ROWING/忘れないで~遺言/燃える雨(with長江健次)

ベストアルバム

  • FACE TO FACE (1991年6月28日・TACX-2351)
    FACE TO FACE/アナザーフェイス/忘れてあげない (New Vocal Version)/魚座たちの渚/メリー・ローランの島 (New Vocal Version)/星空からのエレベーター/瞳-まなざし-/YELL!-16番目の夏-/ヒミツの気持ち/コンタクトレンズのせい/彼女の名前を呼ばないで/瞳はファッシネイション (New Vocal Version)/わざとKiss In The Rain (New Vocal Version)/Don't fall in 恋/アナザーフェイス (Daybreak Mix)
  • FACE TO FACE-NEXT- (1993年6月2日・TACX-2400)
    FACE TO FACE/アナザーフェイス/Balancin' Love/彼女の名前を呼ばないで/わざとKiss In The Rain (New Vocal Version)/苦しい恋/瞳はファッシネイション (New Vocal Version)/YELL!-16番目の夏-/メリー・ローランの島 (1993 Version)/コンタクトレンズのせい/瞳-まなざし-/ヒミツの気持ち/NO LADY NO CRY/恋が素敵な理由/忘れてあげない (New Vocal Version)/忘れてあげない-Next-
  • Love Ballad Best SHOKO LAND (1997年1月1日・TACX-2496)
    抱きたい/彼女が泣いた夜 (S-Land Version)/あなたが教えたこと/愛が終わるまで/Suspicion (S-Land Version)/いちばんつらい人/純心 (S-Land Version)/流失/イヤリングのはずしかた (1996 Version)/僕と別れてくれ (S-Land Version)/MY DEAR (S-Land Version)/泣きだしそう(S-Land Version)/ゲーム/きみを愛することで (S-Land Version)/恋が素敵な理由 (V-1 Unplugged Version)
  • DECADE (2000年5月5日・PROA-0001)
    Wish/恋はLiberty/メリー・ローランの島/High Heel-もうひとつのSweet-/もう一度、抱かれたい/恋が素敵な理由/扉を開いて/純心/忘れてあげない/抱きたい/月の或る夜/YELL!-16番目の夏-/月とクウォーター/Merry X'masをあげたい
  • GOLDEN☆BEST 井上昌己 (2004年2月25日・UICZ-6057(廉価版)2013年6月5日・UPCY-9301)
    (収録曲はリンク先参照)
  • My Style BEST 2008 (2007年12月1日・SHLA-0008)
    恋が素敵な理由-再レコーディング/想い出の続きはなくて/向日葵/夕立/Happy Everlasting/花火/砂に落ちた涙/恋はLibety/私の空/軌道 (mi・chi)/私はワ・タ・シ!/あなたのmariage/Fair Way/Merry X'masをあげたい-再レコーディング
  • Welcome to my home (2014年5月14日・UPCY-6826/7)ベスト盤2枚組。
    (DISC1)イヤリングのはずし方/愛が終わるまで/彼女が泣いた夜/僕とわかれてくれ/MerryXmasをあげたい/FairWAY/月の或る夜/抱きたい/熱愛/MYEMOTION/夕立・流星のアダージョ/千年情緒/遠く離れていたって/えにし〜春夏秋冬/心に長そで(イヤリングのはずし方)
    (DISC2)メリーローランの島/忘れてあげない/彼女の名前を呼ばないで/星空からのエレベーター/腕のなかのNAVIGATION/BalancinLOVE/恋が素敵な理由/恋はLIBERTY/Wish/月とクオーター/ありきたりのラブソング/birth21世紀/きみを愛する事で/名もなき場所/夢の続きへ/風と話す日(忘れてあげない)

ビデオ・DVD・LD・VSD

  • matiere CONCERT -日本青年館1990.6.18- (1990年9月14日・TAVX-1003/TALX-1003 (LD))
  • YELL!-16番目の夏- (1990年11月28日・TAFX-1002 (VSD))
  • Balancin' Love (1991年11月27日・TAVX-1017)
  • Fair Way Live (1995年3月15日・TAVX-1020)
  • index (1996年6月20日・TAVX-1023/TALX-1023 (LD))
  • on/off (2002年1月2日・SHLD-0001)
  • Inoue Shoko LIVE 2003 (2003年8月11日・SHLV-0003/SHLD-0002)
  • SHOKO INOUE IN WINTER 2003 (2004年5月24日・SHLD-0003)
  • LIVE! Brand-New Feel -2008- (2008年10月24日・BNSH-0002)
  • DOUBLE DECADE (2009年10月21日・BNSH-0005)
  • AcousticConcert2010-夏-(2011.08.26・shokoland)
  • 井上昌己コンサート2012withPOPBEAT (2013.11.25 shokoland)
  • 井上昌己25周年記念コンサート2DAYS (2014.10.20 shokoland)
  • 井上昌己 with ChamberOrchestra(2014.10.20 shokoland)
  • 井上昌己ConcertTOP25(2015.09.10 shokoland)
  • 井上昌己 with ChamberOrchestra2015 (2016.07.10 shokoland)

他アーティストへの楽曲提供

  • 寺尾友美 アルバム『ずっと逢いたかった』収録曲「気に入らないよ」 (1992年12月1日)
  • 合谷羊生 アルバム『Breath You』収録曲「消息」 (1995年2月21日)

他CD制作

  • 2015年2月 愛媛県八幡浜市PRキャラクター「はまぽん」のテーマソング「僕らのはまぽん」提供。

出演

ラジオ

  • 太陽石油 presents 井上昌己の彼女の島(エフエム愛媛)1989年頃、毎週土曜日11時 - 12時
  • 雄大・昌己のCAMCOM MUSIC(STVラジオなど地方AMラジオ局)1990年頃
  • FMリクエストアワーNHK-FM)1992年4月 - 1993年3月
  • ミュージック・パルス・オン・東京ベイ(bayfm)1993年 - 1995年、毎週火曜日25時 - 26時
  • ガールポップ(BAY-FM)1995年 - 1997年、21時 - 22時
  • myフェアレディオ(FM愛媛)2006年 - 2008年、毎週日曜日20時 -
  • HOT WAVE(InterFM)2006年 - 2007年、毎週土曜日26時 -
  • Shoko・CherryのKiss Away!(Kiss-FM KOBE) - 2009年10月
  • 鼻毛の森のラジパラ?北陸放送、2011年4月 - 12月、「〜井上昌己のキレイな時間〜 B.G.LAKE」コーナーを担当)
  • スーパー・ステーション!井上昌己のprecious moment(MUSIC BIRD SPACE DiVA-126chおよび一部のコミュニティ放送)2009年1月 - 現在。

毎週日曜日15時30分 - 15時55分

インターネット放送

  • 井上昌己の「急がばまわれ」 -(あっ!とおどろく放送局
    2009年4月 - 2010年3月、毎週木曜日20時 - (一部、第1・3木曜日)
    2010年4月 - 7月、毎週月曜日21時 - 21時45分

書籍

脚注

  1. ^ 実際には複数のアーティストがそれぞれ違うテーマソングを手掛けていた。

外部リンク