ライオンのいただきます

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライオンのいただきます
Studio alta.jpg
「いただきます」の番組生放送が行われた
新宿スタジオアルタ
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 佐藤義和小畑芳和三宅恵介
プロデューサー 横澤彪(前期)、三宅恵介(中期)、山縣慎司(後期)
出演者 小堺一機ほか
音声 モノラル放送
ライオンのいただきます
放送時間 平日 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 1984年10月1日 - 1989年9月29日
ライオンのいただきますII
放送時間 平日 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 1989年10月2日 - 1990年12月28日
テンプレートを表示

ライオンのいただきます』は、フジテレビ系列局ほかで放送されたトークショーを交えたバラエティ番組である。ライオンの一社提供。フジテレビ系列局では1984年10月1日から1989年9月29日まで、毎週月曜 - 金曜 13:00 - 13:30 (JST) に放送。

元々この枠は『ライオン奥様劇場』→『ライオン午後のサスペンス』→『ライオン劇場』とライオン一社提供によるテレビドラマ(いわゆる“昼ドラ”)が放送されていたが、1964年10月以来20年間続いたドラマ枠からバラエティ番組に路線変更した。

続編番組『ライオンのいただきますII』についても本項で述べる。

概要[編集]

番組は毎回、多彩な分野で活躍する「おばさま」たち(下記参照)をゲストに招き、「おばさま」が答えるお悩み相談(後述)や、視聴者のはがきを交えたトークなどを軸とした。本音をも辞さない「おばさま方」のトークと、まだ若手のイメージが残っていた小堺一機の司会者としての奮闘ぶりが見ものとなっていた。また「おばさま」として、数々の往年の女優たちや歌手たち(下記参照)の本格的バラエティ番組出演が話題になり、彼女たちは若者層にも知名度を広げていった[注 1]

開始当初、ゲストとして登場する「おばさま方」は1回につき『オバサンA』『オバサンB』の原則2名だったが、番組の人気が高まるにつれ、1回につき3 - 4名程度になった。後に途中から、ゲスト紹介後に小堺から「今日のオバサン3人合わせて●●歳!」というように、毎回「おばさま方」の合計年齢を発表していた。初回のゲストは中山あい子浦辺粂子

視聴者から寄せられたお悩みをドラマ仕立てで再現し、人生経験豊富なゲストの“おばさまのご意見”を伺うメインコーナー「いただきます劇場」には、ヒロシ & チーボー(=伊沢弘重田千穂子)・松金よね子らが出演。このコーナーから「エロガッパ」と言う流行語も生まれた(重田の「うちの主人ときたら…エロガッパなんです!!」の台詞の後に、エロガッパに扮した伊沢が甲高い声で「エロエロエロエロエロエロエロッ!!」と言いながら登場するのがお決まりだった)。

東京・新宿のスタジオアルタにおいて公開生放送を行っていた。前の時間帯(12:00 - 13:00)に放送していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』の観客を入れたまま、同じスタジオを続けて利用した[注 2][注 3]。金曜日には、『笑っていいとも!』の曜日レギュラーであり、小堺とも親交が深い明石家さんまが、『いいとも!』終了後の流れでほぼ毎週オープニングトークに出演し、小堺と漫才チックなトークを繰り広げた。これは最初からコーナーとして設定したわけではなく、番組初期に正に流れでさんまが本番組のオープニングに顔を出したのが、そのまま恒例化したものである。なお、当初は特に時間制限はなかったが、トークが白熱し過ぎて本編の開始が遅れたこともあったため、後に5分程度を目処とした時間制限が設けられた。これ以降は時間切れを知らせるチャイムが鳴ると、即座にさんまが退場するようになった。番組開始から1年後の1985年10月には、小堺と「コサキン」として共演することの多い関根勤が『いいとも!』の金曜レギュラーに加入したため、さんまとコサキンの3人でオープニングトークを行っていた[1]が、関根がいったん金曜レギュラーから離れたため、その後は小堺とさんまの2人だけに戻る。

番組冒頭の曲は菊池ひみこ「Hollywood Illusion」が使用された[注 4]。なお、同局系の『クイズ・ドレミファドン!』に小堺がゲスト出演した放送回で、この曲がイントロクイズで出題されたが、解答者が「いただきます」と答えて正解となった[注 5]

開始当時、評論家から「タモリの後に華も何もない小堺が汗だけかいてて見てられない」と酷評されていた。小堺は番組開始時のプロデューサーであった横澤からも「この番組、いつになったら面白くなるんですか?」とプレッシャーを受けていた[2]が、萩本欽一に言われた「お前にピンの仕事は来ない。お前1人で全部喋っちゃうから」という言葉を思い出し、3割喋って7割聞いていれば楽しい事に気付き、それを番組に取り入れたという[3]

フジテレビのディレクターだった佐藤義和が後年インタビューで語っていた中で、番組立ち上げ時、テレビ朝日を退社しフリーになったばかりの古館伊知郎に『いただきます』の司会を打診したものの、「平日帯の生放送、しかも『いいとも!』の後枠では怖い」と断られたと語っている。[4]

1989年1月7日の昭和天皇崩御からしばらくの間はライオンがCMを一時期自粛したこともあり、番組CM前のアタック音も一時期、穏和なものに切り替えられていた。

『いいとも』のようにこの番組でも、オープニングキャッチ前[注 6]とエンディングの提供表示後[注 7]「いっただきまーす!」(Ⅱになってからは続けてピースサインをして「ツー!」とコールしていた)というコールをしていた。

なお、多くの地域では当番組の裏に、日本テレビの『ごちそうさま』が放送されていた。

「ごきげんよう」へリニューアル[編集]

1989年10月2日からは、一時廃止された会社キャッチフレーズが復活したことを機に番組タイトルが『ライオンのいただきますII』へと改題された。その後もしばらくは、主なゲストを「おばさま」から「おじさま」に変えた点以外は、従前のトーク番組のスタイルを踏襲していた。その後、1990年秋以降はクイズを中心とした番組へと変更し、12月28日放送分をもって終了。『ライオンのいただきます』時代を含めて6年3か月間の歴史に幕を閉じた。

1991年からは、引き続き小堺が司会を務める『ライオンのごきげんよう』へリニューアルされた。この番組ではアルタからの生放送は廃止され、浜町スタジオを経てフジテレビ局内での公開収録に変更された[注 8]。このリニューアルと同時に、創業100周年を迎えたライオンのロゴが、それまでのカタカナ表記からアルファベットの「LION」表記(CI)に一新された。

その後『ごきげんよう』においても、2012年12月17日 - 21日には「スペシャルウィーク〜復活!いただきます・オバさん大集合〜」、2014年12月19日には「30周年記念 いただきます同窓会」として、当番組を踏まえた内容の企画が放送された。また、2014年10月 - 12月には「お昼の1時で30年!」と題した特別企画が行われ、2016年3月31日に終了した際は、当番組含めて通算31年6ヶ月を締めくくる内容で放送されるなど、当番組が『ごきげんよう』と一括りで扱われることもあった。

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

出演者(レギュラー)[編集]

  • 東海林のり子
  • ルー大柴
  • 関根勤(金曜オープニングトーク。さんま同様、ネームクレジットは一切なし)
  • 明石家さんま(金曜オープニングトーク。ネームクレジットは一切なし)
  • 速記ちゃん
  • 神代知衣(シクラメンちえ)・松本保典(ベンジャミン松本)・松井菜桜子(ラッパスイセンなおこ) 「お花畑トリオ」名義で『~II』時期「花とオジさん」コーナーに出演。

主なゲスト(準レギュラー)[編集]

ライオンちゃん[編集]

マスコットとして、スポンサーのライオンのキャラクターである「ライオンちゃん」が登場し、番組には欠かせない存在となっていた。オープニングの提供クレジットには一家で登場するアニメが使われていた。

ただし当番組の放送開始から2週目までは、本来のデザインとはかけ離れた、茶色の着ぐるみで登場した。これは、本来の正式な着ぐるみが放送開始までに届かなかったため、当時のフジテレビの第1倉庫にあったものを流用したものである。正式な着ぐるみが登場したのは3週目以降のことであった。このことは後に、同局系の『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』(ライオンが番組提供した水曜夜9時枠・レギュラー番組時代)でもとりあげられ、開始当初の着ぐるみの映像も放送されたが、現在ではその着ぐるみが所在不明となっていることも発覚した[5]

ライオンちゃんは、司会のアシスタントとして後番組の『ライオンのごきげんよう』と『ライオンのグータッチ』にも引き続き登場している。

主なコーナー[編集]

いただきます劇場

番組の前半に主に開催されていたコーナー。ドラマ再現後には、前期は悩みの内容に沿った敏いとうとハッピー&ブルーの「星降る街角」の替え歌、後期は大竹しのぶの「かまって音頭」(替え歌なし)を披露していた。

私って異常かしら?

視聴者から寄せられた変わった体質や癖(私は未だに鼻がかめない、トクホンを体に貼らないと眠れない、肛門にパックをするなど)を、おばさま方が異常だと思ったら「○」、異常ではないと思ったら「×」のボタンを押して判断する。

夏休み特別企画 テレホンクラブ

フィンガー5恋のダイヤル6700のジングルで始まる。タイトル通り夏休み限定の企画で、小学生が出演者と会話をする。出演すると、番組特製のテレホンカードがもらえた。テレカのデザインを視聴者に見せる時は拡大したパネルを使用するが、中山秀征が毎回の様に「随分と大きなテレホンカードですね!」とボケをかますので、小堺は特典を説明する際には「(何回も言う様ですが)この大きさではありません」と付け加えるのがお約束となっていた。

デンジャラベスト5

まずは小堺がヒット曲のタイトルを少し変えた題を発表する。(例:「お久しぶりね」→お久しぶり毛、「恋人よ」→ロリコンよ)そして、その悩みの内容に沿った替え歌を、ABブラザーズがコスプレ付きの物真似で披露し、小堺が内容をおさらいした後に、おばさま方が回答する。

オジサンは言いたい!

毎週、オジサン2人とOL5人組があるテーマについて討論をする。(最近の若者は敬語の使い方を知らない、等)会場150人がスイッチを持っていて、最終的にOLの方が半数以上の支持を得たら勝ち抜けとなる。1週勝ち抜く毎にライオンちゃんのぬいぐるみが机の上に置かれる。3週連続勝ち抜けとなるとハワイ旅行がプレゼントされる。

チクリ箱

隣組のジングルで始まる。タイトル通り、視聴者からのチクリネタを紹介する。

イントロクイズ(正式タイトル不明)

早押しでイントロの曲を当てる、又は中央のステージに乗り、歌い出しを1フレーズ歌う。お手つきは減点されないが、ハゲ頭のカツラ等の恥ずかしいグッズを着けなくてはならない、若しくは、饅頭を食べ、食べ終わるまで回答権が与えられない。

他多数。尚、コーナーに採用された場合は、ライオン製品の詰め合わせが送られた。

クイズいただきます(いただきますII)[編集]

1990年、夏休み特別企画としてスタート。当初は番組前半の1コーナーだったが、好評につき秋からは30分に拡大され、年末の番組終了まで続けられた。オープニングの小堺一機の決めぜりふは「運と知力とパーソナル、お昼のひととき、頭の体操、クイズいただきます」であった。

出題される問題は、一般視聴者およびゲストが作成した問題。採用者には2,500円が進呈された。クイズの種類は大きく分けて「一般問題」「なぞなぞ問題」「パーソナル問題」に分かれる。「パーソナル問題」とは“僕の星座は何座でしょう”などという出題者個人に関わる問題であり、多くの場合は2択または3択形式になっていた。

3、8、13…問目は挑戦者がボールを引き、そのボールに書かれている人がクイズに解答する。ボールの種類は4種類(時に例外あり)あり、以下のような内容であった。

  • 「本人」:挑戦者本人が解答する。
  • 「電話」:制限時間60秒以内に誰かに電話をかけて解答してもらう。不正解はもちろん、電話がつながらなかった場合も失格。
  • 「会場」:観客の中から一人を指名して、その人に解答してもらう。
  • 「ルー」:アルタ前に中継に出ているルー大柴が一般人を捉まえ、その人に解答してもらう。
  • 「ゲスト」:ゲストの芸能人が解答する。

賞金は下表のとおり。いつでもドロップアウトが可能であり、その場合はその時点での累計金額が進呈される。途中で不正解となった場合は賞金がすべて没収され、代わりに当時のライオン製品(「ヤシの実洗剤・ナテラ」または「Hiトップ」)が、正解数だけ進呈された。(1問目で不正解の場合は何も貰えないが、小堺の裁量で1つ貰える場合がたまにあった。)ただし、◎で獲得したボーナスは没収されない(10 - 14問正解していれば1万円+3万円=4万円を持ち帰り)。表は15問目までしか表示していないが、挑戦者が希望すればそれ以降の問題も挑戦できる。

正解数 賞金 ボーナス 累計金額
1問 3,000円 - 3,000円
2問 3,000円 - 6,000円
3問 3,000円 - 9,000円
4問 3,000円 - 12,000円
◎5問 3,000円 10,000円 25,000円
6問 3,000円 - 28,000円
7問 3,000円 - 31,000円
8問 3,000円 - 34,000円
9問 3,000円 - 37,000円
◎10問 3,000円 30,000円 70,000円
11問 3,000円 - 73,000円
12問 3,000円 - 76,000円
13問 3,000円 - 79,000円
14問 3,000円 - 82,000円
◎15問 3,000円 50,000円 135,000円

10問正解するとチャンピオンに認定され、番組セットの壁に額縁入りで顔写真が飾られた。チャンピオンの顔ぶれの中には、他のクイズ番組における常連出場者も含まれてはいたものの、通常は「なぞなぞ問題」「パーソナル問題」「ボール問題」がネックとなり、知力だけで勝ち進むことは難しかった。一般の挑戦者に至っては、ことさら勝ち進むことが困難であったため、節目の5問を正解したところで25,000円を手堅く持ち帰る、という挑戦者が非常に多かった。

制限時間となると、ライオンちゃんがドラを鳴らして知らせる。伊東四朗等のお笑いタレントが出場している時は、鳴らした時にオーバーリアクションをするのがお決まりとなっていた。

予選は5,6回行われ、日曜日に開催されていた。10名近くのスタッフがそれぞれ一人ずつ出題者となり、出場者に10問の問題を出題する。そこで合格または不合格が告げられ、番組本番に出場することになった者には、電話でその旨が伝えられていた。また番組本番でも、それぞれの出場者が何問目まで進むのか予測不可能だったため、毎回、ステージセット裏には10名近くの出場者がスタンバイしていた。

11月に入ってから、このクイズのコーナーで出題された問題や予選への参加方法、予選用練習問題(10問で1セットが3つ)などが掲載された台本形式の問題集が、視聴者プレゼントとして50名に贈られた。

ネット局[編集]

系列は当放送終了時(1990年12月)のもの。

放送対象地域 放送局 系列 ネット形態 備考
関東広域圏 フジテレビ フジテレビ系列 制作局
北海道 北海道文化放送 同時ネット
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット
岩手県 岩手放送 TBS系列 現:IBC岩手放送
宮城県 仙台放送 フジテレビ系列 同時ネット
秋田県 秋田テレビ
山形県 山形テレビ 現在は、テレビ朝日系列局
福島県 福島テレビ
山梨県 山梨放送 日本テレビ系列 遅れネット
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列 同時ネット
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
近畿広域圏 関西テレビ
島根県鳥取県 山陰中央テレビ
岡山県・香川県 岡山放送
広島県 テレビ新広島
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
遅れネット
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
愛媛県 テレビ愛媛 フジテレビ系列 同時ネット
高知県 高知放送 日本テレビ系列 遅れネット
福岡県 テレビ西日本 フジテレビ系列 同時ネット
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎 1990年9月まで日本テレビ系列とのクロスネット局
熊本県 テレビ熊本 1989年9月までテレビ朝日系列とのクロスネット局
大分県 大分放送 TBS系列 遅れネット
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
同時ネット
鹿児島県 南日本放送 TBS系列 遅れネット 1987年10月2日まで
鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
同時ネット 1987年10月5日から
沖縄県 沖縄テレビ フジテレビ系列

ネット局に関する備考[編集]

  • 本番組は前述のとおり『笑っていいとも!』の直後に続けてスタジオアルタを使用していたが、本番組と『笑っていいとも!』の放送順や放送局などが異なる地域もあった(系列や『笑っていいとも!』の放送時間は当時のもの)。
放送対象地域 放送局 本番組の放送時間 いいとも!の放送局 系列 いいとも!の放送時間 備考
長崎県 テレビ長崎 同時ネット 同左 17:00から放送 1990年9月28日まで
『いいとも!』は1990年10月1日から同時ネット[注 9]
青森県 青森放送 13:30 - 14:00 青森テレビ TBS系列
山口県 山口放送 テレビ山口 tysは1987年9月までフジテレビ系列とのクロスネット局
高知県 高知放送 同左
山梨県 山梨放送 夕方から放送
徳島県 四国放送 放送なし [注 10]
岩手県 岩手放送 14:00 - 14:30 テレビ岩手
→放送なし
日本テレビ系列
→放送なし
16:00から放送
→放送なし
TVIにおける『いいとも!』の放送は1990年3月28日まで[注 11]
大分県 大分放送 同左 夕方から放送
鹿児島県 南日本放送 14:30 - 15:00 鹿児島テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
同時ネット 1987年10月2日まで
本番組は1987年10月5日にKTSへ放映権移行
  • 時差ネットにおける放送時間は、日本テレビ系列非マストバイ局では1987年9月までは13:30 - 14:00の番組を差し替えて放送、同年10月以降は『午後は○○おもいッきりテレビ』を13:20で飛び降り(1990年9月までのテレビ長崎は13:00飛び降りの上同時ネットで放送)、TBS系列局では14:00 - 15:00のローカル枠でそれぞれ放送していた。
  • 本番組は系列のない地域にもスポンサードネット扱いで供給されていたのに対し、『笑っていいとも!』は系列外では番販扱いでの供給であった。
  • 大分県では、本来の系列局であるテレビ大分(TOS、当時はフジテレビ系列・日本テレビ系列・テレビ朝日系列とのトリプルネット局)ではなく、大分放送(OBS)で放送されていた。これは、テレビ大分の当時の当該枠が日本テレビ系番組(『おしゃれ』→『三枝成章の気まぐれ』、『朝の連続ドラマ』の遅れネットなどを放送)ネットであったため。また、直前番組である『笑っていいとも!』についても、テレビ大分の当時の当該枠がテレビ朝日系正午枠同時ネットのため、同じく大分放送で放送されていた[注 12]
  • 鹿児島テレビ(KTS)は1987年10月2日まで、平日13時台は日本テレビ番組(『ごちそうさま』、『おしゃれ』→『三枝成章の気まぐれ』)を同時ネット。『おもいッきりテレビ』開始による『ごちそうさま』内包に伴い、当番組が局移動の上、それまで時差ネットの『東海テレビ制作昼の帯ドラマ』ともども1987年10月5日より同時ネットへと移行され、この改編からフジ系平日12・13時台が連続同時ネット化された。これに伴い、それまでのネット局南日本放送(MBC)は当番組移動後、系列外の帯番組枠を完全に撤廃した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 出演していたロミ山田は、地方の観光地で修学旅行の学生たちのサイン攻めにあったことを番組内で語っている。
  2. ^ 『笑っていいとも!』のエンディング提供紹介が入っている際にセットチェンジの様子が映っていた。同じスタジオを使用することから、セットの端に「テレフォンショッキング」のパネルなどが据えてあることからも、このことが分かる。
  3. ^ 1990年には、『笑っていいとも!』内のコーナーが本番内に収まりきらなかったため、当番組の冒頭に10分間程度食い込んでしまったことがあり、『いいとも!』非ネット局ではそのまま放送されたことがある。
  4. ^ この曲は『レディス4』(テレビ東京)でも使われていた。
  5. ^ 『ドレミファドン!』では通常、正解になると曲の続きが流れるが、このときは『いただきます』の冒頭と同じように(「Hollywood Illusion」と別の曲を組み合わせた形で)流れた。この時に画面では、ゲスト出演していた小堺の顔が高速ズームインで映された(当時の番組の慣習であった)。
  6. ^ 小堺の「このお二人のおばさまのご意見を全員で」というコールに続けて言っていた。
  7. ^ 小堺の「明日も見て」というコールに続けて言っていた。
  8. ^ 2014年3月31日 - 12月28日の間は、月曜日のみ生放送(『いただきます』以来23年3ヶ月ぶりにレギュラーで生放送)を実施し、火曜日 - 金曜日の放送分は公開収録とするスタイルで放送された。
  9. ^ テレビ長崎での『笑っていいとも!』の放送は、テレビ長崎のNNN脱退に伴い1990年10月から同時ネットに変更された。
  10. ^ 四国放送における『笑っていいとも!』の放送は1983年9月30日に打ち切り。
  11. ^ 岩手県における『笑っていいとも!』の放送は1990年4月から1991年3月までは未ネット。1991年4月に岩手めんこいテレビ開局と同時に再開。
  12. ^ テレビ大分(TOS)では『笑っていいとも!』は1993年10月に、ライオン一社提供枠(現在は『ごきげんよう』)は2000年4月に大分放送からそれぞれ移行を受ける形で同時ネット化された。

出典[編集]

  1. ^ 2016年3月30日の『ごきげんよう』でも当時の映像が紹介された。
  2. ^ 2016年3月31日の『ごきげんよう』最終回内「忘れられない話」での小堺の発言から
  3. ^ [1],goo
  4. ^ アニー幸吉他 『80年代テレビバラエティ黄金伝説』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、15頁。
  5. ^ フジテレビトリビア普及委員会 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本IX』 講談社2004年、101-102頁。ISBN 4-06-352728-X
フジテレビ系列 平日13:00 - 13:30・ライオン一社提供
前番組 番組名 次番組
ライオンのいただきます

ライオンのいただきますII
(1984年10月1日 - 1990年12月28日)