東野博昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東野 博昭(ひがしの ひろあき、1959年3月7日 - )は放送作家演出家。愛称「がっしゃん」。

来歴・人物[編集]

大阪府門真市出身。関西学院大学文学部卒業[1]。高校の同級生北野誠とともにアマチュアコンビ「まこと&がっしゃん」を結成し、「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ)に出演する。3週勝ち抜き実力派コンビであったが1年でコンビ解消。その後北野は大学卒業後松竹芸能に所属しタレントデビュー、東野は大学卒業後一度は中学校社会科講師をするも赴任先の学校が荒れていたこともあってか、笑いの仕事を捨てきれず半年後、放送作家に転向する。

構成作家ちろりんとして活躍し、現在はテレビプロデューサー毎日放送制作局次長の浜田尊弘とは関学時代からの友人である。

1986年にタレントの斉藤ゆう子と結婚したが、その後間もなくして、離婚している。

1999年から活動拠点を大阪から東京へと移し、舞台・脚本等に加え自らのライブ活動の仕事を精力的に行っている。この際は「東野ひろあき」名義で活動することもある。

担当番組[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東野ひろあき (2006年3月9日). “プロフィール”. 悲喜もごもご. 2017年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]