ビーバップ!ハイヒール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビーバップ!ハイヒール
Asahi Broadcasting Corporation headquarter.JPG
番組の収録が行われている
朝日放送本社(大阪・ほたるまち
ジャンル 教養バラエティ番組
放送時間 木曜 23:17 - 翌0:17(60分)
放送期間 2005年4月8日 -
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送ABC
プロデューサー 安井一成
出演者 ハイヒールリンゴモモコ
筒井康隆
江川達也
たむらけんじ
音声 ステレオ放送[1]
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送回数は、2011年7月21日現在。
ナレーション:畑中フー
テンプレートを表示

ビーバップ!ハイヒール』は、朝日放送ABCテレビ)制作の教養バラエティ番組である。女性漫才コンビ・ハイヒールの冠番組。タイトルは漫画の『ビー・バップ・ハイスクール』にちなむ。

制作局のABCテレビでは、自社制作の深夜番組レーベル「ナイトinナイト」の木曜枠で、2005年4月8日から毎週木曜 23:17 - 翌0:17(JST)に放送。現在では、一部のテレビ朝日系列局で常時ネットを実施しているほか、系列外の放送局でも不定期で放送されている。

本項で記載の放送日は、いずれもABC(関西ローカル)での放送分に基づいている。また、本項では、1990年代1993年 - 1995年頃)にABCで放送されていたハイヒールの冠番組・教養バラエティ番組『ハイヒールのどんなんかな予備校』(ハイヒールのどんなんかなよびこう)についても述べる。

概要[編集]

ABCテレビのプロデューサー矢澤克之が、週替わりのテーマ設定や独特の構成・演出によって、「教養とバラエティの融合」を試みている番組。取り上げるテーマも、政治経済社会問題、流行、風俗、スポーツ、日本でほぼ無名ながら海外で高い知名度・評判・称賛を得ている日本人・日本企業、同局の地元・関西地方の知られざる歴史・慣習・交通事情など、硬軟にこだわらず多岐にわたっている。

テーマの選定に当たっては、番組スタッフがそのテーマに詳しい人物の著書を通読。そのうえで有名・無名を問わず、本番組にふさわしい人物を「カシコブレーン」という肩書きで起用する。さらに、テーマを放送で取り上げることが決まった場合には、カシコブレーンが後述のスタジオ収録へ同席するようになっている。なお、本番組の公式サイトでは、テーマに関連するカシコブレーンの著書を放送後に紹介。テーマによっては、カシコブレーンが取材VTRにも登場したり、本番組の放送がカシコブレーンの著書や関連書の売れ行きに好影響を及ぼしたりすることもある。

スタジオ出演者[編集]

本番組では、『ハイヒールのどんなんかな予備校』にも出演していたハイヒールリンゴモモコ)を司会、朝日放送のアナウンサー(岡元昇八塚彩美大野聡美)をアシスタント(放送上の名義はデータマン → データガール)に据えたうえで、スタジオレギュラー陣をカシコ[2]チーム凡人[3]チームに大別。カシコチームには、筒井康隆作家)と江川達也漫画家)が毎回揃って出演している。

一方の凡人チームには、番組開始時点では活躍の場がまだ限られていた吉本興業所属の芸人(たむらけんじ、チュートリアル、ブラックマヨネーズ)を矢澤がレギュラーで起用。現在は、たむらけんじが毎週、チュートリアルブラックマヨネーズが隔週交代で出演するほか、1組の女性タレントを週替わりでメンバーに迎えている。なお、ブラックマヨネーズは2005年、チュートリアルは2006年にそれぞれM-1グランプリ(ABCテレビが決勝戦の生中継および関連番組を制作)で優勝。芹那安めぐみなど、矢澤の方針で無名時代から定期的に登場しているタレントも多い。

番組構成[編集]

関西地区のレギュラー放送では、アニメーションによるオープニングムービーを流した後に、当日のテーマに関する再現映像 → 当日のカシコブレーンに関する紹介映像 → スポットCM[4]をはさんで本編に入る。

本編の前半では、カシコブレーンの著書・作品・証言・推理などに沿って独自に制作した再現VTRを流すとともに、スタジオ出演者が解説やコメントをはさむ構成になっている。再現VTRについては、ABCの地元・関西地区での放送を念頭に置いているため、ナレーションや登場人物のセリフに関西弁を用いることが多い。その一方で、外国人や海外に関するテーマを扱う場合には、外国人を登場させている。

本編の中盤には、凡人チームの芸人によるロケ企画「ハテナの自由研究」(# 番組内容の項で詳述)を挿入。後半は、カシコチームおよび凡人チームに対してアシスタントがクイズを出題したり、スタジオ出演者の一部(または全員)が当日のテーマに関する実験や試技に臨んだりしている。エンディングでは、モモコが筒井に感想を求めた後に、スタッフロールに合わせて歌手(または音楽ユニット)の最新PVを月替わりで流す。

なお、番組開始から第36回(ABCでは2006年の第1回である1月6日放送分)までは、「納得バナナ」「ハテナバナナ」という小道具を利用した「ハテナバナナチェック」という企画を実施。カシコチームおよび凡人チームのメンバーが、各自で「納得バナナ」か「ハテナバナナ」を自分の席の机へ置くことによって、取り上げたテーマへの“納得度”を評価する趣向になっていた。

収録体制[編集]

基本として、隔週水曜日の午後に朝日放送のスタジオで2回分を収録[5]2007年4月26日放送分からハイビジョン制作(ロケVTRのみ標準画質)へ移行するとともに、スタジオセットも一新された。

収録では番組開始当初から、スタジオ中央の司会席に向かって右からカシコブレーン・ハイヒールリンゴ・ハイヒールモモコが着席。スタジオの右側にカシコチーム、左側に凡人チームの席をハの字状に配している。女性ゲストには、チュートリアルまたはブラックマヨネーズとたむらけんじに挟まれる格好で着席。データマン → データガールを務めるアナウンサーは、スタジオセットの右端(カシコチームの江川の席の右隣)で立ったまま待機する(主に本編の後半で登場)。データガールとして八塚が加入してからは、データガールとハイヒールのやり取りが新たな見どころになっている。また、カシコチームの座席の背後には、筒井の著書(「時をかける少女」など)や江川の作品(「まじかる☆タルるートくん」など)が置かれている。

通算300回目の放送(2011年7月21日放送分)では、「有馬温泉」(神戸市北区)をテーマに現地でオールロケを敢行した[6]。放送開始10周年に当たる2014年には、ハイヒールの2人が本番組史上初の海外ロケで2月上旬にガラパゴス諸島を訪問。同年3月30日日曜日)15:30 - 17:25の特別番組『ハイヒール結成30周年記念 ビーバップ!ハイヒール ガラパゴススペシャル』と、4月3日のレギュラー版でロケの模様を放送した[7]

2017年には、『バックトゥーザ!ビーバップハイヒール~12年間の名作を1時間で振り返るスペシャル~』と称して、後述する人気シリーズのダイジェストや「ハテナの自由研究」初期の名場面集を2月23日にレギュラー枠で放送した[8]。また、ABCでの放送開始13年目に当たる4月7日放送分からは、放送済みの本編動画をTVerで配信。日本国内であれば、後述するネット局以外のエリアでも、放送後1週間限定で直近の放送内容をTVerから無料で視聴できるようになった。このため、オープニングの構成をTVer向けに改めたり、オープニング映像のアニメーションやコーナーロゴを変更するなどのリニューアルを実施している。

2017年10月12日放送分で、通算の放送回数が600回に到達。当日は、「かしこブレーン」の筒井に焦点を当てた構成で、東京都内にある筒井の自宅で収録した模様を中心に『ビーバップ!ハイヒール特別編 筒井康隆。この男、何者なのか?』として放送した。この収録には、ハイヒール、江川、ブラックマヨネーズに加えて、「凡人チーム」のゲストとして出演頻度の高い浜口順子が同行。筒井が小説を執筆する書斎を訪れたほか、代表作の1つである「時をかける少女」の執筆に至った背景を、本人の半生を織り交ぜた再現VTRで紹介した。また、事前に視聴者から募集した筒井への質問に本人が答える企画も実施。筒井の妻がロケ、筒井と親交の深い山下洋輔又吉直樹がVTRコメントで登場した。

関西地区での視聴率[編集]

関西地区では、深夜帯の放送ながら、概して高い視聴率を記録。テーマによっては、週間視聴率ランキングの上位(トップ20位以内)に入ったり、レギュラー放送枠以外の時間帯に関西ローカルで再放送を実施したりすることもある。2013年12月30日には、本番組史上初めて、ABCが『ごきげん!ブランニュ』(「ナイトinナイト」月曜枠、通称「ごきブラ」、2016年3月終了)との合同特別番組『なにわの夢の祭典!!ごきブラvsビーバップ ガチンコ7番勝負スペシャル』を関西ローカルで13:55 - 15:55に放送した。

番組史上最高の視聴率を記録した回は、2006年11月30日放送分の「ビーバップ!法医学教室の事件簿」(カシコブレーン:上野正彦)および2010年4月8日放送分の「関西鉄道ミステリー 〜時空を越えた真実を解明〜」(カシコブレーン:川島令三)の16.3%。「関西鉄道ミステリー」については、2010年9月16日放送分の「関西鉄道ミステリー2」でも番組史上第2位の16.1%を記録するなど特に人気が高く、現在に至るまでシリーズ企画を随時放送している(# 番組内容の項を参照)。『朝日放送開局60周年記念番組』と銘打たれた2011年2月24日放送分の15分拡大スペシャルのテーマも、「関西鉄道ミステリー3」であった。

出演[編集]

現在のレギュラー出演者[編集]

司会
パネリスト
データガール
ナレーター

過去のレギュラー出演者[編集]

凡人チーム
データマン兼アシスタント
  • 岡元昇(出演期間中は朝日放送アナウンサー、番組開始 - 2013年3月28日) - オカゲン 岡元昇名義で出演
データガール
ナレーター

カシコブレーン[編集]

過去に多数の専門家・有識者が出演したため、シリーズ企画などで複数回にわたって登場した人物や、経歴・肩書・専門で扱うテーマなどで特筆すべき人物を中心に記載。

など

女性ゲスト[編集]

過去に出演した人物を以下に記載(※は現在も定期的に出演)。所属グループのある場合は出演当時のもの。

番組内容[編集]

主な企画[編集]

関西鉄道ミステリー[編集]

再現VTRに加えて、カシコブレーンの川島自身による取材VTRも随時放送。放送回によっては、ABCで本番組の直前に放送されている『世界の車窓から』(テレビ朝日制作のミニ番組)のパロディとして、畑中のナレーションによる「関西の車窓から」という企画を後半に組み込むこともある。

これとは別に『京都鉄道ミステリー』カシコブレーンは羽川英樹

ハテナの自由研究[編集]

凡人チームのメンバー(現在はチュートリアル、ブラックマヨネーズ、たむらけんじ)の進行による週替わりのロケ企画で、基本として1回分の放送に対して1組が担当。以下では、放送頻度の高いシリーズ企画を記す。ただし、他の企画も随時放送している。

チュートリアル担当
  • メシ-1GP : 白いご飯を美味しく食べられる食材の組み合わせを考える。一般審査員10名に試食してもらい、1人10点満点でどれだけ評価を得られるかを競う。
  • アナタの為を想って… : 仲のいい女性グループの、普段は言えない友人への不満を匿名で提出してもらい、発表する。
  • 見返し美人 : 容姿が原因でいじめられたり男性から酷い扱いを受けた等の過去を持つ女性が、当時のエピソードをカーテン越しに語った後、努力して美しくなった現在の姿を披露する。
  • 妄想キャラ-1グランプリ : 名前は知られているが形のないキャラクターを、複数名のイラストレーターが想像で描き、一般審査員10名が判定する。なお、1位を獲得したイラストは放送後、公式サイトからダウンロード可能。
  • リアル女子並べ : 複数の女性が登場し、外見ではわからないある基準での順位を徳井が予想する。間違えた場合、徳井は女性からビンタを受ける。
  • 美メイク-1GP : 写真修整のプロが技術を競い合う。
ブラックマヨネーズ担当
  • 弟子は師匠を越えられるのか? : さまざまな分野で師弟関係にある2人に、まずは企画の趣旨を隠してインタビュー。その後弟子に趣旨を持ちかけ、師弟で競ってもらう。
  • リカバリー王選手権 : 外見は冴えない男性が登場し、まずは外見のみで女性審査員10名に評価してもらう。その後意外な特技を披露し、再評価でどれだけ点数を上げられるかを競う。
  • チーム吉田企画 : 過去の企画に出演しインパクトの強かった素人達(主に女性に免疫のない男性)を迎え吉田をリーダーに“チーム吉田”を結成し、さまざまな企画に挑戦する。「できそでできないこと」など。
  • はじめてのニッポン : 日本在住の外国人グループ(チーム吉田インターナショナルと呼ばれる)に、日本ならではの道具や遊びを体験してもらい、そのリアクションを観察する。
  • クイズ!!仲間の気持ちがわかるん会 : 同じコンプレックスを持った人に集まってもらい、そのコンプレックスを持った多くの人達からとったアンケートに基づくクイズに挑戦する。
  • 口ゲンカ法廷〜シロクロつけましょう〜 : 結着のつかない口げんかに、ブラックマヨネーズの2人が代理人となって決着をつける。
  • 美人なのに引かれません?〜なのに美人〜 : 美人だが残念な面を持った女性が登場し、男性陣が引くかどうか判定する。
  • 人の見た目にごまかされるな! : ある分野のプロ2人と、見た目がプロっぽい素人1人の中から、素人が誰であるか当てる。
たむらけんじ担当
  • サギ写を見抜け! : 携帯メールに送られてくる、特別な技法で可愛らしく見える写真を撮った女性を、あるエリアの中から探す(助っ人としてたむけんの後輩芸人が出演することもある)。
  • インテリギャル王選手権 : ギャル2人にクイズに挑戦してもらい、勝った方が街中で自分よりアホそうなギャルを探しさらに対決、最終的に3人勝ち抜けば、賢島への旅行券が贈られる。
  • 適正価格HOWマッチ!? : 食に詳しい3名の「ビーバップ価格選定委員」(グルメ雑誌の編集者とグルメブロガー)が飲食店を訪れ、看板メニューを価格を聞かずに試食して、店の立地等も加味した予想価格を算出。3名の平均額を「適正価格」とし、実際の価格がそれ以下なら「適正価格認定証」を発行。高ければその日から「適正価格」でメニュー提供しなければならない。公式サイトで出演希望店を募集中。
  • 妻が急に美しくなったら… : 妻のメイクやファッションを大変身させて、それに夫を会わせたとき自分の妻だと気づくか検証する。逆パターンの「旦那がどれだけ変わっても妻なら気付くはずだ!!」という企画もある。
  • 女性は欲を出すとイッてしまうのか!? : 街頭で女性に賞金3万円でやや難しいクイズを出題。不正解の場合はセカンドチャンスとして誰かに電話で聞くことができるが、それでも正解が出ないと、カメラの前でかなり恥ずかしい罰ゲームを受けることになる。それでもセカンドチャンスに挑戦するかどうかを検証する。初期はチュートリアルの企画だった。
  • たむけんファンタジー:子どもをしつけたい親の応募で、子供が好きなものがしゃべるなどの不思議な現象を体験させ、子どもに苦手克服や手伝い等をさせようとする。
  • 一流料理人が作る匠めし(たくめし) : 一流料理人が、菓子パンなどコンビニで買える素材を使ってどんな料理が作れるか競う。
  • ケータイ番号断捨離 : 街頭で携帯電話のメモリーにある、消したいが消せない電話番号を、相手との思い出を語ってもらった後に、思い切って消してもらう。
  • 一流料理人のいめちぇんクッキング : ある食材が嫌いという人たちに、一流料理人がそれを劇的にアレンジした料理を出し、全員がおいしいと判定すれば賞金10万円を獲得できる。
  • クイズ!パパは何でも知っている!? : 子どもの前で父親に、小学校で習う問題を出し、2問連続で正解すると1万円分のこども商品券がもらえる。
  • スゴ腕のプロにド素人の思いつきをぶつけてみたら? : 超一流のプロフェッショナルが、素人の思いついた漫画のような技を実現できるか検証する。

スタッフ[編集]

  • 構成 : 増山実、沢野緑、藤木汐見、やなぎだ、広瀬史幸、武輪真人、渡邊仁、寺前富雄、姫路まさのり、安田昌子(沢野・藤木・寺前→以前はブレーン)
  • SW : 秋山泰彦・横山博昭・渡邊一樹・栢分祐二・川本龍文・水野圭司(ABC)、吉岡利晃(関西東通)、村越順司[週替り]
  • CAM : 田中康彦・横山博昭・渡邊一樹・栢分祐二・手塚西都子(ABC)、世古章次(関西東通)、長野允那[週替り]
  • MIX : 小西剛生・坂本宗之・滝川毅・西森大記・清水俊孝(ABC)、久野純(関西東通)[週替り]
  • LD : 兼岩克・瀧本貴士・葛原宏一・宮脇正樹(ABC)、細川圭吾[週替り]
  • VE : 月野昌・辻哲士・長谷川将宏・玉木雅之・宇佐美貴士(ABC)、大橋慎哉・辻義幸(関西東通)、瀧晃一[週替り]
  • ロケCAM : 広江健志・岡田真悟・永田哲也(関西東通)、西川真(CAMIX)、田中哲哉(VIEW)、藤原仁巧、松本譲二、山地俊和
  • EED : 佐藤友彦(マウス)、岡田勉・今西政之・山田潤(アイネックス)、今岡裕之・早川徹哉(イングス)、工藤雄貴
  • MA : 衛藤恒明(戯音工房)
  • SE : 三木直彦(戯音工房)
  • 美術 : 佐々文章(ABC)
  • 美術進行 : 青野仁美(つむら工芸)
  • 協力 : JAWS、ハネル、CAMIX関西東通、ハートス、戯音工房マウスアイネックス、VIEW、ウォークオンイングスMABU、BUDDY/つむら工芸高津商会、まいど、クラフト、新光企画、京阪商会、インターナショナルクリエイティブ、サトウ花店、東京衣裳、masse、ジー・マックス、ビーム、モア、アイズ、CoQ、Ciel
  • 番組宣伝 : 朝比奈紀子(ABC)
  • TK : 前田典子
  • デスク : 服部八壽子(ABC)
  • AD : 寺川真未(ABC)、西浦景子(ハネル)、糀谷祐二(ホワイトブレイン)、岡崎正康、谷本春華(Walk On)、大迫浩幹、桜井崇、中尾明日香、武井有希
  • FD : 徳原由花(Walk On)、濱州拓矢(東通企画
  • ディレクター : 福田篤・山田拓・中田陽子・森田純平(森田→AD▶一時離脱)(ABC)、山下伸児(ハネル)、西岡孝之・藤川明・阪本圭・金津巧(JAWS)、松本剛樹(BUDDY)、光岡麦(Dmark
  • チーフディレクター : 丹田佳秀(ABC)
  • プロデューサー : 安井一成(ABC、以前はディレクター►チーフディレクター►一時離脱►復帰)
  • 制作著作 : 朝日放送

過去のスタッフ[編集]

  • プロデューサー : 矢澤克之(ABC)
  • チーフディレクター : 堀英一・伊藤拓哉(ABC)
  • ディレクター⇒番組宣伝 : 清水雄一郎(ABC)
  • ディレクター : 岸岡孝治・北中彰・吉本貴雄・藤井武夫・田村雄一・朝比茂信・山口正紘・矢野政臣・芝聡・樋笠りえ・鈴木洋平・山崎宏太・高岡めぐみ・矢野政臣(矢野→一時離脱▶復帰)(ABC)、加藤昌義(JAWS)、山下純平(アイ・ティ・エス)、堀田真範(ホーリーズエンタープライズ)
  • プレーン : 浜口尚弘
  • FD : 大城哲也・大金恭子・伊藤千雅子・吾妻真由子(東通企画)
  • AD : 今岡祐資・白石和也・宮田楊一・山崎宏太・矢内達也・新枦聖也・小林隆男(ABC)、山北剛士・元家健(ブリッジ)、大濱雅子(ABCリブラ)、稲垣和人(テリー)、高原正浩(AZITO)、諸正義彦(東通企画)、堀景輔(Walk On
  • AD⇒番組宣伝 : 荒木拓人(ABC)
  • 番組宣伝 : 野尻勝弘・多田香奈子・池尻賢介・阪本美鈴・佐藤有・川井真紀・中村智子(ABC)
  • TD : 山中康男(ABC)
  • ロケCAM : 中村敦(マイシャ東京)、細田勝(アルチザン)
  • EED : 寺田智也(マウス)、岡元裕次・今岡裕之・早川徹哉(イングス)、牧原保(アンカー)、岡村康弘(亀人)、塩川剛(東通AVセンター)
  • MA・SE : 田口雅敏・黒澤秀一(戯音工房)
  • SE : 山本大輔・松阪史高・新谷明比古(戯音工房)
  • リサーチ : 木村琢哉
  • 技術協力 : アルチザン、マイシャ東京、榊原テレビ機配、東通AVセンター
  • 美術協力 : 百花園

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 木曜 23:17 - 翌0:17 制作局
新潟県 新潟テレビ21(UX) 金曜 0:55 - 1:55(木曜深夜) [13]
香川県・岡山県 瀬戸内海放送(KSB) [14]
中京広域圏 メ〜テレ(NBN) [15]
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 土曜 1:05 - 2:00(金曜深夜) [16]
山形県 山形テレビ(YTS) 月曜 0:40 - 1:40(日曜深夜)

不定期ネット[編集]

過去のネット局[編集]

放送対象地域 放送局 放送日時 備考
長野県 長野朝日放送(abn) 火曜 0:15 - 1:15(月曜深夜) 2009年10月6日 - 2010年3月30日
福島県 福島放送(KFB) 金曜 0:20 - 1:20(木曜深夜) 2009年10月15日 - 2016年9月30日
広島県 広島ホームテレビ(HOME) 土曜 16:00 - 16:55 2008年10月4日 - 2009年10月3日
山形県 山形テレビ(YTS) 水曜 16:00 - 16:53 2010年4月3日 - 2012年9月26日[17]
宮城県 東日本放送(KHB) 水曜 0:51 - 1:46(火曜深夜) 2009年10月7日 - 2016年10月6日[18]
熊本県 熊本朝日放送(KAB) 土曜 9:30 - 10:25
木曜 1:15 - 2:10(水曜深夜)
2008年3月22日 - 9月28日
2010年1月14日 - 2016年9月29日
鳥取県島根県 日本海テレビ(NKT) 火曜 15:55 - 16:53 2013年4月2日 - 2014年3月25日

過去の関連番組『ハイヒールのどんなんかな予備校』[編集]

ABCテレビの制作・ハイヒールの司会・東野博昭などの構成によって、1990年代に関西ローカルで毎週日曜日に放送。横山ノックが「校長」、当時の若手芸人・落語家・タレント(月亭遊方など)が「生徒」(パネラー)役を務めた。

また、各界の著名人・文化人が、週替わりの「講師」(ゲスト)として出演。予備校のセミナーのような体裁で、自身が成功に至った極意を「生徒」たちに講義していた。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年4月10日放送分より実施。ただし、オープニング・エンディングを除きモノラル音源で放送されている。
  2. ^ 「賢い人」や「教養の程度や学歴が高い人」といったニュアンスの関西弁
  3. ^ 本番組ではあくまでも、「取り上げるテーマについて知らないか詳しくない」という意味で凡人'と呼んでいる。
  4. ^ 2015年途中までの放送では、オープニングムービーの後でスポットCMを放送。CMの後に、ハイヒールリンゴによる挨拶 → ナレーターによる凡人チーム・カシコチームのメンバー紹介 → ハイヒールによるテーマの概要紹介をはさんでいた。以降は、スポットCM枠を短縮するとともに、凡人チームのメンバー紹介を字幕のみに切り替えることで本編に早く入っている。なお、編成上の事情で放送枠・放送開始時間を変更する場合には、オープニングムービー後のスポットCMを割愛していた。
  5. ^ 2011年5月27日の本番組では、同月12日に急逝した上原が凡人チームにゲストで出演していたことから、上原への追悼コメントとともに「この番組は2011年5月4日に収録されたものです」という字幕を収録済みの映像に挿入した。以上の対応から、基本として毎月の第1週・第3週にそれぞれ2回分を収録しているものと見られる。
  6. ^ レギュラー陣のうち、ブラックマヨネーズは不参加。女性ゲストは浜口順子。
  7. ^ ハイヒールの2人は2013年1月にも、「結成30周年記念」と銘打った『あさパラ!』(司会を務める読売テレビの番組)の企画で南極大陸へ上陸。現地では、「世界最南端での漫才の披露」という記録を達成していた(ギネスブックに申請していないため記録自体は非公認)。同局ではその模様を、同年3月14日日曜日)に『あさパラ特別篇 ハイヒール結成30周年で結局、南極まで行っちゃいましたスペシャル』という特別番組として放送している。
  8. ^ 『ビーバップ!ハイヒール』2017年2月23日(木曜日)「バックトゥーザ!ビーバップハイヒール~12年間の名作を1時間で振り返るスペシャル~
  9. ^ 兵庫県出身で昭和歌謡への造詣が深いことから、「歌謡曲」を取り上げた2007年9月27日放送分に、番組史上最年少(当時23歳)のカシコブレーンとして出演。
  10. ^ 日本史の研究家。いわゆる「歴女」の代表として、日本の歴史・風習や海外で活躍した日本人に関する知られざるエピソードを、複数回にわたって紹介。
  11. ^ お笑い芸人でありながら日本語学修士号を取得していることから、2012年5月17日放送分の「辞書ほど面白い本はない!」にカシコブレーンとして出演。
  12. ^ 早稲田大学在学中の2010年に、ホリプロアナウンス室所属のタレントとして2回出演(8月5日9月23日放送分)。2012年からフジテレビアナウンサー
  13. ^ 2011年4月1日より放送開始。2012年9月28日までは金曜 0:20 - 1:20(木曜深夜)、2012年10月4日から2015年7月2日までは木曜 0:20 - 1:20(水曜深夜)に放送。一時期、放送を休止していたが、2015年8月16日より日曜 0:15 - 1:15(土曜深夜)に放送再開。2015年8月23日から2016年3月27日までは日曜 0:45 - 1:45(土曜深夜)、2016年4月3日から同年10月2日までは日曜 1:15 - 2:15(土曜深夜)、2016年10月8日から2017年3月25日(24日深夜)までは土曜 1:25 - 2:25(金曜深夜)(最終週は『朝まで生テレビ!』放送のため休止)。2017年4月7日(6日深夜)より、現在の時間で放送。
  14. ^ 2009年3月までは金曜 0:45 - 1:40(木曜深夜)だった。4月改編でテレビ朝日系深夜バラエティ枠『ネオネオバラエティ』枠が廃枠となったため放送時間が25分繰り上がった。
  15. ^ 2009年10月16日より放送開始(ABCで同年10月2日放送分より)。
  16. ^ かつては土曜 0:40 - 1:35(金曜深夜)だったが、『やりすぎコージー』放送時間拡大のため繰り下げ。2010年3月まで、土曜 1:05 - 2:00(金曜深夜)、第2週は1:35 - 2:30(かつては1:10 - 2:05)。第4・5週は『朝まで生テレビ!』放送のため休止。2010年4月から2011年9月まで、土曜 10:00 - 10:55。2012年3月まで、金曜 14:00 - 14:55。最終週は『朝まで生テレビ!』放送のため0:20 - 1:20に放送。
  17. ^ 2010年4月3日 - 2010年12月25日までは日曜 0:30 - 1:25(土曜深夜)、2011年1月8日 - 2012年3月31日までは土曜12:00 - 12:55。
  18. ^ 2009年10月5日より放送開始。2010年3月23日までは火曜 1:25 - 2:21(月曜深夜)、2011年3月5日までは土曜 0:20 - 1:15(金曜深夜)。

外部リンク[編集]

朝日放送 ナイトinナイト・木曜日
前番組 番組名 次番組
ビーバップ!ハイヒール
-