おもしろサンデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おもしろサンデー
ジャンル バラエティ番組
構成 加藤卓、疋田哲夫
ディレクター 山岸正人、富田求
司会者 桂文珍由紀さおり
出演者 桂べかこ
斎藤ゆう子
辛坊治郎
国・地域 日本の旗 日本近畿地方
言語 日本語
製作
プロデューサー 小谷松和弘
編集 テレコープ
製作 読売テレビ
放送
放送局 読売テレビ
映像形式 4:3
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1982年5月16日 - 1992年3月29日
放送時間 日曜 22:30 - 23:30
放送分 60分
テンプレートを表示

おもしろサンデー』は、読売テレビほかで放送されていたバラエティ番組。製作局の読売テレビでは1982年5月16日から1992年3月29日までのおよそ10年、毎週日曜 22時30分 - 23時30分(日本標準時)に放送。大阪ガスの一社提供で放送されていた時期と、複数社による提供で放送されていた時期[1]とがある。

出演者[編集]

司会[編集]

リポーター[編集]

コメンテーター[編集]

フレッシュリポーター[編集]

オーディションで選ばれた一般人リポーターで、任期は1年間。これを足がかりに芸能界へ進出した者もいる。

なんでもランキング[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成 - 加藤卓、疋田哲夫、加納健男、東野博昭、近藤悦子、北村誠人
  • 美術 - 池田龍介、木田昌秀、板坂晉治、伊加田隆司
  • 技術 - 川頭実、小野三治男、門田正雄、野村武史、西井信夫
  • 音声 - 鈴木輝彦、木下裕正、高添優
  • 照明 - 三石日出夫、笠井宏一、浜野眞治
  • 編集 - テレコープ
  • 音効 - サウンドエフェクト
  • VTR取材 - 大阪共同テレビ
  • チーフディレクター→プロデューサー - 小谷松和弘
  • ディレクター
    • (東通企画)十河壮吉、安田貞夫、津田幸一、酒巻正幸
    • (YTV)山岸正人、富田求
  • 制作(チーフ・プロデューサー) - 広田基
  • 制作協力 - 東通企画
  • 制作著作 - よみうりテレビ

レギュラーコーナー[編集]

  • オープニング
    大阪の夜景(空撮)をバックにテーマ曲が流れ、「おもしろサンデー 〇月〇日」のタイトル→当日放送の内容紹介→「制作著作・よみうりテレビ」のテロップが流れた後、出演者の挨拶→最初のコーナーへとつなぐ。
  • なんでもランキング
  • 歌のコーナー
    基本的にゲスト歌手が生で新曲を歌唱するが、由紀さおりが新曲を発表する際は当番組で披露したこともあった。

テーマ曲[編集]

  • スパイラルドリーム(演奏 - COSMOS-keyboards trio-=土居慶子(現・松居慶子)、海江田ろまん、田中裕美子):初代テーマ曲
  • Theme from "Love Machine"(演奏 中村幸代):3代目テーマ曲(1990年10月頃~番組終了まで)

同時ネット局[編集]

中京テレビ
景山民夫の大人気セミナー』終了から『ヴィヴィアン』放送開始までのつなぎ番組として、1987年4月19日から同年9月20日まで放送。中京テレビの放送エリアは大阪ガスのサービス圏外であるため、ローカルスポンサーによる提供で放送されていた。
広島テレビ
途中からネットを開始し、以後は最終回まで放送。広島テレビの放送エリアも大阪ガスのサービス圏外であることから、複数のローカルスポンサーによる提供で放送されていた(同業者の広島ガスグループも提供クレジットに名を連ねていた)。また、同局で放送されていた提供クレジットは、本来のオープニングの前(読売テレビで大阪ガスのオープニングキャッチを放送した時間帯)にブルーバックで番組タイトルロゴとスポンサー名を表示し、その状態でテーマ曲の「スパイラルドリーム」を流すというものだった。

関連書籍[編集]

  • おもしろサンデー(1983年12月28日発売、編集 - よみうりテレビ、発売 - NGS、ISBN 4-915112-06-3

脚注[編集]

  1. ^ 前半が大阪ガス単独で、後半が複数社提供となっていた。
読売テレビ 日曜22:30 - 23:30枠
前番組 番組名 次番組
おもしろサンデー
(1982年5月16日 - 1992年3月29日)
超近未来遭遇!! どーなるスコープ
(1992年4月 - 1992年12月)