植村なおみ

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

うえむら なおみ
植村 なおみ
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都練馬区
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1966-12-27) 1966年12月27日(55歳)
血液型 A型
最終学歴 上智大学文学部哲学科
職歴 讀賣テレビ在籍時
1989年 - 2020年 アナウンス部
2020年 - 2021年 コンプライアンス推進室
活動期間 1989年 - 2021年6月(讀賣テレビ所属)
2021年 - (フリー)
ジャンル 報道番組
担当番組・活動
出演経歴 ニューススクランブル
ザ・ワイド
あさパラ!
情報ライブ ミヤネ屋

植村 なおみ(うえむら なおみ、1966年12月27日 - )は、日本のフリーアナウンサー、CM・動画プロデューサー。

来歴

東京都練馬区出身。東京学芸大学教育学部附属高等学校、1989年3月、上智大学文学部哲学科卒業後の同年4月、読売テレビに入社。

同時期は読売テレビは自社採用の女性アナウンサーが1人も在籍していない時代であったが、植村の採用により復活「第1号」となった。

1992年より、『おはようニュースマガジン』を担当。1993年の秋から『ザ・ワイド』の司会を羽川英樹と共に務める。曜日担当コーナーを持ち、様々な現場からリポート。

阪神・淡路大震災発災時は当時居住していた、兵庫県芦屋市内の自宅で被災し、その後被災状況のリポートを実施。涙ながらに語るシーンが全国放送され、話題となり、数多くの雑誌・週刊誌のコラムなどで取り上げられる[1]

1996年から2004年秋まで讀賣テレビ制作の「ニューススクランブル」で女性キャスターを務めた。同時間帯の視聴率最下位で始まった同番組は、その後1998年から2003年まで年度平均視聴率で5年連続のトップとなり、読売テレビ報道局長賞を受賞している。

2006年からは「情報ライブ ミヤネ屋」で火曜日MCを、その後リポーター、ニュースコーナーを担当した。

2010年7月付人事にて、同局編成局東京制作センターへ異動となり、東京支社宣伝部とアナウンス部兼務の業務体制となり、副部長に昇進。

2013年から4年間(年2コマ)、神戸女子短期大学で「日本語」の授業を担当。内容は地元・神戸のスイーツを使った食レポを授業に取り入れ表現力を高めるなど、非常に実践的なものだった。そのほか立命館大学では「マスコミ論」を、龍谷大学政策学部では「伝えること。社会への影響力」などの授業を担当した。これらも報道の現場での体験を生かした実践的なものだった。

読売テレビでは、女性アナウンサーとして初の(植村は定期採用の女性アナウンサー第1号であるため、キャリアの全てが「女性初」である)アナウンサー新人研修を約20年にわたって担当。発声練習から中継リポートの基礎、ニュースでの「初鳴き」(いわゆるニュースデビュー)、現場での立居振る舞いまで細かく指導した。また、採用についても10年以上にわたって担当し、面接した学生は数千人に及ぶ。退職時においてアナウンス部に在籍しているアナウンサーの3分の1以上の採用に携わっている。

『NNNストレイトニュース』関西ローカルパートの2017年6月4日放送分を最後に、同日付でアナウンス業から退き、同年7月人事にて、コンテンツビジネスセンターに異動し、番組制作業務に従事。2020年7月人事にて、コンプライアンス推進室に異動。

2021年6月末日をもって讀賣テレビ放送株式会社を退職し、フリーアナウンサーとなった。

2022年からはYouTube CMプロデューサーとしても活動。制作兼出演者として企業CMなどに携わっている。

出演番組

過去

その他

映画

制作番組

制作・出演動画、CM

受賞歴

  • 「NNN系列 ニュース大賞」 ニュース大賞、ベストキャスター賞(2002年)
  • 第24回NNSアナウンス優秀賞 テレビ部門(2003年)

脚注

[脚注の使い方]
  1. ^ 週刊現代 1997年7月26日号 172〜177ページ など。

外部リンク