つなぎ番組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

つなぎ番組(つなぎばんぐみ)とは、前番組が何らかの理由で打ち切りになり、後番組の放送が始まるまでの仮の番組として放送させるテレビ番組もしくはラジオ番組の手法のこと(暫定措置)である。穴埋め番組とも表現されており、また特別番組の扱いとみなすこともある。

概要[編集]

あくまで後番組が始まるまでの穴埋めとして放送されることがあるため、後番組が決まると終了となる。しかし、好評だった場合はそのままレギュラー番組化することもある。中には長寿番組化するものもある。

つなぎ番組のレギュラー化に関しては、放送をそのまま続行してレギュラー化するケースと、番組を一時休止あるいは放送日時を変更して改めてレギュラー番組として再開する2つのケースが一般的である。

番組を一時的に休止して、復活するまでの間の仮の番組もつなぎ番組とされることがある。例えばアニメやドラマ(主に特撮や刑事ドラマ)の場合、シリーズ作品を一時休止して別の作品で繋いだ後に再開することがある。この場合シリーズ間の番組がつなぎ番組とされることがある。東映作品に多く見られる[1]

ラジオにおけるつなぎ番組[編集]

  • プロ野球中継の枠でシーズンオフに放送される番組(いわゆる、ナイターオフ番組)もつなぎ番組とされることがある。基本的に次のシーズンが開幕した時点で終了することを前提としているが、中にはシーズンオフ恒例の番組に発展することや別の枠でレギュラーに昇格することもある。音楽番組(フィラー参照)やJRNNRNキー局の番組購入が多い。
  • ラジオ大阪は『ソングトレイン1314』と題して、ノンDJで自社の持っている音源を使用して特定のジャンルの音楽を放送する場合がある。[2]
  • ABCラジオでは、平日早朝4:35 - 4:50は宗教番組枠となっているが、現状では多くの宗教団体が番組制作から撤退したため、穴埋めとして木曜と金曜のみ「さわやかミュージック」が放送されている。2018年9月までは、木曜日と金曜日においては「キンポーデンアワー・世の光」(4:45 - 4:50)の前後の枠がともに撤退したため、「さわやかミュージック」を途中「キンポーデンアワー・世の光」を挟みながら前後半にわけて放送していたこともあった。
  • 四国放送ラジオでも、土日午後や夜8時台終盤など[3]で、『おもぞうの、ちょっと聞いてな?(※自社制作)』か火曜会制作のフィラー音楽番組を放送する場合がある。
  • ラジオ日本は新番組が決まらない間、ノンDJで『フォーエバー・ミュージック』と題して放送している。
  • FM FUKUOKAも新番組が決まらない間や深夜・早朝の枠に、『FM名曲コレクション』(または『FM SELECTION』)と題した番組を放送している。
  • 新潟放送でも2009年4月より2013年4月末まで、『オールナイトニッポン』の終了後から『あなたへモーニングコール』が始まるまでの1時間(月曜を除く3:00 - 4:00)を『深夜音楽』と称し、自社の持っているクラシック音楽を放送していた[4]
  • 静岡エフエム放送(K-MIX)では、日曜午前8時から放送していた番組『レイニードライブ』のパーソナリティであるsuzumokuが2009年3月に突然失踪する事件を起こし、番組の今後の収録が出来なくなる事態に陥った。このため急遽番組を打ち切り、残った3週分の放送を特別番組を編成して後番組を開始するまでの間を繋いでいる。
  • TBSラジオほかJRN各局では、『feel the mind〜最上の出会い〜』が初代MCだった片山右京富士山遭難騒動により2009年12月18日から翌2010年1月8日まで一時休止し、その間は代替番組として『杉浦舞のMキャッチ!』を翌週12月21日より(2010年1月8日まで)『最上の出会い』本編をそのまま差し替えて放送された[5]。後に『最上の出会い』は、2010年1月11日より俳優の辰巳琢郎を新パーソナリティに起用して放送を再開。約3か月間をつなぎ、4月5日より片山が復帰。
  • 同じくTBSラジオの事例であるが、『枡田絵理奈の横浜物語』の番組提供社であるミツウロコ東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で被災し営業休止となった影響で、同番組は2011年3月5日を最後に終了となった。4月改編までの残りの週は、一つ前に放送されている『サタデースポーツ&ニュース』を1時間に拡大して繋いでいる。
  • ニッポン放送うつみ宮土理のおしゃべりしましょ』のパーソナリティであるうつみ宮土理(タレント)から、夫・愛川欽也(俳優・司会者)の逝去により、「今はマイクの前で楽しくおしゃべりできる状況ではない」との申し出があったため、2015年4月6日の放送を以って一時休止となり、翌週の13日より代替番組として『有楽町情報ライブラリー』を急遽編成。しかしその後、同年5月11日に番組終了が決定[6]した。『有楽町情報ライブラリー』は7月6日より新番組開始に伴い、6月29日放送回を以って終了となった。
  • 2016年、東海ラジオ放送ではパーソナリティーの宮地佑紀生が暴行事件によって逮捕されたことにより打ち切られた『宮地佑紀生の聞いてみや〜ち』の時間帯に、急遽東海ラジオのアナウンサーが日替わりでパーソナリティーを務める番組(新聞ラテ欄やradikoでは『特別番組』と表記)をつなぎ番組として放送。なお、番組内容のフォーマットは『聞いてみや〜ち』のコーナーをほぼ踏襲していた。その後、7月11日から7月28日までは『聞いてみや〜ち』の前番組であった『ぶっつけワイド』の復刻版を期間限定の形で放送し、8月1日から日替わりパーソナリティによる『FINE DAYS!』を新たにスタートした。
  • 2017年2月、ニッポン放送では『清水富美加 みなぎるPM』のパーソナリティー・清水富美加(女優)が宗教団体へ出家し、芸能活動からの引退を表明をしたことにより、所属事務所から降板および番組終了の申し出を受け、遡って2月11日放送回を以って番組終了となった。これに伴い、翌週の18日は箱崎みどり(ニッポン放送アナウンサー)がパーソナリティを務める『有楽町情報ライブラリー 〜春よ来い!リスナーファースト!ニッポン放送』を急遽代替番組として編成[7]。また同番組を遅れネット受けしていた一部NRN系列局でも各局ごとにつなぎ番組が編成され、多くの局はニッポン放送制作の裏送り番組『箱崎みどりのサウンドコレクション』をネット受けしている。
  • 南日本放送では『ジャンプアップミュージック』という音楽番組を5分間の空き枠に編成されている。内容は月替わりで2種類あり、MBC音楽委員会推薦曲の中から2曲(全4曲)をそのまま放送しており、前半は邦楽、後半は洋楽を流すのが標準的なフォーマットとなっている。
    • これとは別に『Live Alive Power Push!』というスマイリー園田のLive Aliveのスピンオフ番組を土日午後の5分間の空き枠に編成されている。平日に編成されたこともあった。
  • InterFMは番組がない時間帯全てに「Music Mix」を入れて凌いでいる。

特異な例[編集]

サンドイッチ形式によるつなぎ番組[編集]

サンドイッチ形式によるつなぎ番組とは一つの番組(あるいは生放送番組)の中断枠として放送されるつなぎ番組であり、日本のテレビ番組ではいくつか存在する。別名『隙間番組』・『中断番組』・『サンドイッチ番組』。

テレビ番組でのサンドイッチ例[編集]

現在[編集]

NHK総合
NNNNNS
ANN
JNN
FNNFNS

過去[編集]

NNN・NNS
FNNFNS
ANN
JNN
  • おとなの教室』(CBCテレビ制作)
  • ごごネタ!』(CBCテレビ制作)
    • 2010年3月まで金曜日は『ひるおび!えなりかずき!そらナビ』と『ひるおび!バンバンバン』のつなぎ番組[13]として放送。
    • その後、2016年3月まで、CBCテレビとTBSテレビのみ、『ひるおび!』と『ゴゴスマ』のつなぎ番組として放送。CBCとTBS以外の系列局でも、『ひるおび!』と13:55開始の番組との間のつなぎ番組となっている局があった。
  • THE NEWS JNN
    • 土曜昼は『王様のブランチ』第1部と第2部のつなぎ番組として放送。
  • JNN8時のニュース
    • 1985年4月から最後の2年間は、『朝のホットライン』第1部と第2部のつなぎ番組として放送。

脚注[編集]

  1. ^ 例としては、ナンシー関の著書で『さすらい刑事旅情編』を『はぐれ刑事純情派』のつなぎとする記述がされている。
  2. ^ 現在は、DJ付きで『OBCミュージック・アベニュー』と改題している。
  3. ^ スポーツ中継(野球ボートレース)の中継枠の前後につなぎ番組として放送。
  4. ^ 2013年5月以降、平日深夜はネット受けを再開。土曜深夜=日曜未明の2時間は引き続き『深夜音楽』を放送している。
  5. ^ ネットワークセールスではあるものの本編で提供読みは無し。『最上の出会い』の核スポンサーとなっているトヨタのCMは『Mキャッチ』で放送されず、番組エンディングのヒッチハイク枠CMのみを放送していた。
  6. ^ 2017年1月4日より放送枠を移動した上で、番組を再開。同年4月3日からは番組改編に伴い平日午前のワイド番組『垣花正 あなたとハッピー!』内のフロート番組に移行。
  7. ^ 清水富美加の打ち切りラジオ 冒頭でお断り…収録済み分はお蔵入り Archived 2017年2月19日, at the Wayback Machine.(デイリースポーツ)
  8. ^ 改編期までの残りの2か月は『ザ!激闘!大家族!!』で補った
  9. ^ 関東地方。ビデオリサーチ調べ。
  10. ^ a b 実質上は『ワイド!スクランブル 第2部』の内包番組
  11. ^ 関西圏では毎日放送で『せやねん!』第1部と第2部のつなぎ番組として放送。
  12. ^ 2015年3月29日までは『毎日新聞テレビ夕刊』(毎日放送)も該当。
  13. ^ a b 実質上は『ひるおび!金曜版』の内包番組。

関連項目[編集]