雲と波と少年と

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

雲と波と少年と(くもとなみとしょうねんと)は、2003年1月18日から2月22日まで日本テレビ系列で、毎週土曜22:00 - 22:54(JST)に放送された癒し系バラエティー番組である。

概要[編集]

1クールで終了した前番組「電波少年に毛が生えた 最後の聖戦」に代わり、2003年春の番組改編期までのつなぎ番組としてスタートした。番組タイトルから漢字のみを抜き出すと、電波少年シリーズとの関連を窺わせる「雲波少年」(うんぱしょうねん)となる。癒やしをテーマにしたドキュメントVTRと、司会の桜井幸子進藤晶子の2人によるスタジオトークで構成されていた。

しかし、第1回の放送翌日の2003年1月20日に、本番組のメイン企画のひとつである「屋久島便り」の制作スタッフが飲酒運転による死傷事故を起こし、これにより同企画も1回のみの放送で打ち切られた[1]。また平均視聴率も5%前後と、前番組以上の低迷を見せたことから、2月22日放送分をもってわずか6回で終了となった[2]。本番組の終了に伴い、次番組「エンタの神様」開始までの1ヶ月あまりの間は、穴埋めとして単発の特別番組や「電波少年」の総集編などを放送した。

企画[編集]

  • 屋久島便り - 島崎俊郎一家が屋久島へ移住する企画だったが、前述のスタッフの不祥事により初回のみで打ち切りとなった。
  • なつかし博物館へようこそ
  • ニッポンニ行ッテキタヨ
  • 人生を変えた風景見に来ました
  • はじめて息子と旅をしました
  • 卒業アルバム

スタッフ[編集]

  • 構成:田中直人、そーたに、海老克哉、小山薫堂
  • TM:勝見明久
  • SW:村上和正
  • CAM:榎本丈之
  • LD:吉野一
  • VE:三橋崇弘
  • 音効:真谷昭弘
  • 編集:田沢智史、鴨川正太郎、よしだ裕二、須藤康則
  • タイトル:ニック・スミス
  • ナレーション:丸尾知子岡安泰樹
  • MA:番匠康雄
  • TK:山沢啓子
  • ロケ技術:鴇田晴海
  • 広報:三浦剛
  • 美術:小野寺一幸
  • デザイン:本田恵子
  • デスク:藤島悦子
  • AP:小林圭子、坂井美継
  • ディレクター:松橋晃弘、近藤祐治郎、相田貴史、鈴木淳一、正久仁、前川善郎、寺野慎一郎、飯田知佳
  • 演出:川邊昭宏古立善之、香川春太郎、〆谷浩斗、川端基浩
  • 総合演出:高谷和男
  • プロデューサー:鈴木雅人、関根崇史、長濱薫、池田秀一、菱沼永司、上原敏明
  • 制作協力:NTV映像センターEXCEL(現:エクセリング)ジーヤマ
  • チーフプロデューサー:吉田真
  • 制作著作:日本テレビ

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 土曜22:00 - 22:54
前番組 番組名 次番組
電波少年に毛が生えた
最後の聖戦

(2002年10月12日 - 2003年1月11日)
雲と波と少年と
(2003年1月18日 - 2月22日)
エンタの神様
(2003年4月19日 - 2010年3月20日)
  • ※放送開始までの間は単発特番を放送