ダブルブッキング (お笑いコンビ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダブルブッキング
DOUBLE BOOKING
メンバー 川元文太
黒田俊幸
結成年 1998年
事務所 ホリプロコム
活動時期 1998年 -
出会い アルバイト先のカラオケボックス
現在の活動状況 ライブ、テレビ、ラジオなど
芸種 コント
ネタ作成者 川元文太
現在の代表番組 ダブルブッキングのオフレコ〜内緒話
過去の代表番組 虎の門
電波少年
同期 インパルス
ロバート
森三中
椿鬼奴
千鳥など
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
第12回決戦!お笑い有楽城2014年)優勝
テンプレートを表示

ダブルブッキングは、ホリプロコムに所属する日本のお笑いコンビ1998年(平成10年)結成。同年9月、ホリプロほりおこしライヴでデビュー。2003年1月、旧M2カンパニーを前身とする子会社・ホリプロコムの発足により同社に移籍。

メンバー[編集]

川元 文太(かわもと ぶんた、 (1974-12-24) 1974年12月24日(47歳) - )

  • ボケ(ネタによってツッコミ)・ネタ作り担当、立ち位置は向かって左。
  • 鹿児島県出水市出身、鹿児島県立出水工業高等学校卒業。
  • 身長170cm、体重60kg(デビュー当時は51kg)。血液型O型。
  • 愛称は「もっさん」。
  • コント内では、突拍子もないボケをさらりと放つ黒いキャラクターを演じる機会がほとんど。
  • ウイットに富み、大喜利センスにも優れ様々な大会で結果を残している。
  • テレビ朝日虎の門』しりとり竜王戦三段。3度準優勝を果たしている。
  • 基本的に寡黙であまり笑わないキャラ。
  • デビュー当時雑誌でビジュアル系と評された。サッカー選手の稲本潤一に顔が似ているのをネタにしたことがある。
  • 学生時代からお笑いを志し、一旦就職(工事の現場監督)を経てから芸人の道を進む。
  • 好き嫌いが激しい。親は漁師だが魚は食べられず、チョコレートは大好きとのこと。
  • 過去には相方・黒田宅と、イマニヤスヒサピン芸人、元ビーム)宅に居候していた。
  • かなりの毒舌。後輩コンビ・ビームとのトークライブ『深いラフ』では度々暴露ネタを用いて、その手酷さにメンバーから「核爆弾」と評されていたらしい。
  • 虫が好きで、ゴキブリを素手で持てる。また、飼っていたカブトムシに愛情を注ぎすぎて毎日ブラッシングしていたら脚が取れてしまった。
  • ミドリガメの中身を妄想する癖がある。
  • 妹が1人いる。
  • 元『進ぬ!電波少年』における「箱男」。企画時は黒田にも食ってかかるほどの人間不信で性格の悪いキャラを演じていたが、実際の性格は本人曰く「純朴な田舎の青年」。その一方で『電波少年的インターポール』のオーディションでは、性格の悪いキャラが露わとなり不合格にされた。
  • 既婚。妻とは芸人になる前から知り合っている。川元曰く「向こうは早く芸人を辞めて欲しいと思っている」という[1]
  • 借金200万円で自己破産したことがある。
  • M-1グランプリ2021では上田雅幸(元ツートンカラー)とのユニット「タテジマフクロウ」として出場し、3回戦進出[2]


黒田 俊幸(くろだ としゆき、 (1975-09-14) 1975年9月14日(46歳) - )

  • ツッコミ(ネタによってボケ)担当、立ち位置は向かって右。川元の作ったネタの構成部分を調整している。単独ライブなどでは黒田がネタを作ったショートコントが披露される。
  • 茨城県つくば市出身。茨城県立並木高等学校卒業。国士舘大学卒、同大学院工学研究科中退。
  • 身長175cm、体重62kg(デビュー当時は173cm、53kg)。血液型A型。
  • パクチーを得意としており、厳しい。
  • コント内では川元のボケに対して戸惑い翻弄される傾向が強かったが、近年は声を荒げキレたツッコミをすることも多い。
  • 白縁の眼鏡と派手な服装が特徴的。デビュー当時は眼鏡を着用していなかったが、2000年頃に白縁眼鏡をかけ始めた。最近はネタ中で初心に戻り眼鏡をかけてないこともある。
  • 愛称は「パンさん(朝早くに仕事をしているパン屋のように日中でもよく寝ることから、パン屋さん→パンさんというあだ名になった)」。
  • 明るく快活だが、常に適当。その様はよく「薄っぺらい」と評され、事務所内に於ける「3大適当」の1人。持ち前の薄っぺらさから、先輩であるバナナマンに「チャラいを通り越してパラい」と言われているらしい。
  • 大学院ではロボット工学を学んでいた。
  • 実家はそろばん塾で、3段の腕を持つ。計算も得意で3桁の暗算ができるらしい。
  • 居眠り癖があり、先輩との話の最中や食事中でも眠りに落ちてしまうらしい。
  • パラパラのインストラクター。
  • 特技は手品で、カードマジックを得意とする。「アンビシャスカード」などのネタを持つ。
  • 劇団員で演技力に長けている。大槻ケンヂ原作の舞台『リンダリンダラバーソール』に出演経験あり。
  • バイト先のカラオケ屋では店長として働いていたが、後に閉店した。アルバイト期間と店長期間合わせて約20年カラオケ店で働いていたが、本人は音痴らしい。
  • パラダイスチャンネルに気に入られ、企画MCに呼ばれがち。
  • 最近は単独ライブ後に、パクチー芸の幅を広げるためタイ旅行へ行っている。ただしキレは旅行前とさほど変わらない。

ネタ[編集]

  • 主にコントで、単独ライブは中編コントとショートコントで構成される。漫才を披露するM-1グランプリには一度も出場経験がない。
  • 川元の発想による、シュールなボケかつブラックな内容が持ち味。
本題とは違うところが気になっちゃう話

2008年(平成20年)頃から『爆笑レッドカーペット』などで披露しているネタ。

  • 川元演じる上司が黒田演じる部下に自慢話をするが、川元は自分が「犬に乗っていた」「元ジュノンボーイ」「ガチャピンの中身」「稲本潤一の親戚」などと本題よりも内容が気になる話をする。
  • その後、黒田が川元に自慢話をするが、川元は話の本筋とはずれた所を気にする。

逸話[編集]

  • アルバイト先のカラオケボックスで出会う。性格の相違から半年間互いに一切関わらなかったが、ある時に2人きりでシフトに入ったことをきっかけに意気投合し、コンビ結成。
  • 黒田には元々組んでいた相方がいたが、そこに川元が加入し最終的に元のメンバーを追い出した。川元曰く「より荷物になる方を切った」[3][出典無効]
  • コンビ名はカラオケの歌本を適当に開けたところに載っていた、郷ひろみの曲名から取られた。
  • コンビ結成から20年以上経っているが黒田にとって川元は年上、川元にとって黒田はバイトの先輩だったという微妙な関係から、現在も会話する時には敬語を使っている。
  • 2011年1月、永沢たかし(磁石)が結成した芸歴10年前後の吹きだまり芸人によるユニット「FKD48」に加入。川元がネガティブ担当→ネガティブ(サイコ)担当で担当カラーはオフホワイト、黒田がダンス担当で担当カラーは黄緑色となっている。

賞レース[編集]

  • 2008年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2009年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2010年 キングオブコント 3回戦進出
  • 2011年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2012年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2013年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2014年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2015年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2016年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2017年 キングオブコント 準決勝進出
  • 2018年 キングオブコント 2回戦進出
  • 2019年 キングオブコント 準々決勝進出

単独ライブ[編集]

  • 2004年(平成16年)7月17日 : 初単独ライブ「ソプラノ」(東京・渋谷シアターD
  • 2005年(平成17年)3月3日 : 隔月単独ライブ「ダブルブッキングびより~春~」(東京・渋谷シアターD)
  • 2005年(平成17年)5月29日 : 隔月単独ライブ「ダブルブッキングびより~湿気~」(東京・渋谷シアターD)
  • 2005年(平成17年)7月27日 : 隔月単独ライブ「ダブルブッキングびより~虫籠~」(東京・原宿アストロホール)
  • 2005年(平成17年)10月17日 : 企画ライブ「補助輪」(東京・原宿アストロホール)
  • 2007年(平成19年)1月21日 : 単独ライブ「ダブルブッキングのキャラメルマキアート」(東京・銀座小劇場)
  • 2011年(平成23年)6月11日 - 12日 : 単独ライブ「YELL」(東京・新宿シアターブラッツ)
  • 2015年(平成27年)5月2日 : 単独ライブ「温野菜」(東京・ユーロライブ)
  • 2015年(平成27年)11月7日 : 単独ライブ「Apology~謝罪~」(東京・ユーロライブ)
  • 2016年(平成28年)6月4日 : 単独ライブ「自己満足」(東京・ユーロライブ)
  • 2017年(平成29年)5月20日 : 単独ライブ「Audition~審査~」(東京・ユーロライブ)
  • 2018年(平成30年)5月18日 - 19日 : 単独ライブ「屈折」(東京・ユーロライブ)
  • 2019年(令和元年)5月19日 : 単独ライブ「CRIME」(東京・ユーロライブ)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

ネット番組[編集]

DVD・ビデオ・書籍[編集]

  • DVD
    • 「ダブルブッキングびより~虫籠~」
    • 「ホリプロお笑い紅白ネタ合戦」
    • 「ホリプロお笑いコラボネタNO.1決定戦 ストロング混合」
    • 「新すぃ日本語」
    • 「ダブルブッキング単独ライブ 温野菜」
  • ビデオ
    • 「ホリプロお笑いLIVE100回記念 爆笑!!オールスターライブ(1) みんな新ネタ」
    • 「ホリプロお笑いLIVE100回記念 爆笑!!オールスターライブ(3) みんな馬車馬」
  • 書籍

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ジャガイモン』(テレ朝チャンネル)第10回「函館・1」
  2. ^ タテジマフクロウ | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年11月8日閲覧。
  3. ^ トークライブ「深いラフ」より

外部リンク[編集]