大和心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大和 心
基本情報
本名 大和 心
階級 スーパーバンタム級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1975-07-09) 1975年7月9日(42歳)
出身地 神奈川県横須賀市
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 16
KO勝ち 4
敗け 4
引き分け 4
テンプレートを表示

大和 心(やまと しん、1975年7月9日 - )は、日本ボクシングトレーナー、元プロボクサー神奈川県横須賀市出身。第57代日本バンタム級王者、第24代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者。帝拳所属。横浜高等学校卒業。

人物[編集]

横浜高校時代の同級生に、東芝硬式野球部平馬淳阪神タイガース高橋光信、総合格闘家の宇野薫がいる。保住直孝はボクシング部の1年先輩で、お笑いコンビ瞬間メタルのタケタリーノ山口はボクシング部の同期である。川口力哉とは現役時代から親友にあたる。

身長・リーチとも175cmと恵まれた体格を生かしたスピーディーでスタイリッシュなアウトボクサー

来歴[編集]

元プロボクサーの実父の影響で小学5年から横須賀ボクシングジムに通う。1993年全日本高校フライ級6位。関東大会優勝。

高校の6年先輩葛西裕一に憧れ、葛西の属する帝拳から1994年6月スーパーフライ級でプロデビュー。東日本新人王準決勝で協栄ジム佐藤晃に判定負けを喫した。1995年B級ボクサー賞金トーナメントでバンタム級優勝、1996年A級ボクサー賞金トーナメントバンタム級で優勝する。

1998年1月27日松島二郎を破り日本バンタム級王座を獲得した(2度防衛後返上)。1999年1月東洋太平洋バンタム級チャンピオンジェス・マーカにダウンを奪われ判定負けした。

桑田勇から鈴木啓正に担任トレーナーが変更された後に2000年2月19日、東洋太平洋スーパーバンタム級王座を獲得し、WBC世界スーパーバンタム級10位にランクされたが、同年6月17日初防衛に失敗し10月同王座再挑戦で返り咲きもならず2001年に現役を引退した。

引退後は一時期タレント活動をし、2001年には日本テレビ系列のバラエティ番組進ぬ!電波少年』の企画「電波少年的アンコールワットへの道の舗装」にスタート時から参加しゴールを果たした。2002年からはテレビ朝日のバラエティ番組『藤岡弘、探検シリーズ』にてレギュラー出演した。

2006年より帝拳ボクシングジムでトレーナーを務め、初めて担当した山中慎介を世界タイトルに導いた他[1]松田直樹辻昌建[2]、尾川堅一(第58回全日本スーパーフェザー級新人王、東日本・全日本ともにMVPも獲得)[3]らを指導。2009年11月7日、自身の第一子が誕生した日に松田が日本タイトル3度目の防衛を成功させた[4]

戦績[編集]

  • アマチュアボクシング:36戦31勝(9KO・RSC)5敗
  • プロボクシング:24戦16勝(4KO)4敗4分

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

前王者
松島二郎
第57代日本バンタム級王者

1998年1月27日 - 1998年11月20日(返上)

空位
次タイトル獲得者
西岡利晃
空位
前タイトル保持者
石井広三
第24代OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者

2000年2月19日 - 2000年6月17日

次王者
趙龍仁