吉澤義則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

吉澤 義則(よしざわ よしのり、1876年8月22日 - 1954年11月5日)は、日本国語学者国文学者歌人

氏名の表記は吉沢義則とされることも多い。

略歴[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。旧姓・木村。愛知県第一中学校第一高等学校を経て東京帝国大学国文科卒業。同助手、広島高等師範学校教授、1908年京都帝国大学助教授、1918年文学博士号を授与され、1919年教授、1936年定年退官。京都帝国大学名誉教授。

訓詁学の基礎を築いたほか、『源氏物語』を研究、学者として初めてその現代語訳を行い、谷崎潤一郎もこれを参考にした。短歌にも手を染め、多数の著作がある。

栄典[編集]

著書[編集]

単著[編集]

校注・訳[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1830号「叙任及辞令」1933年2月7日。