野崎恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野崎 恵(のざき めぐみ、1982年2月25日 - )は、日本の元タレント

東京都大田区池上出身。

芸歴[編集]

  • 1998年10月5日よりバラエティ番組DAIBAッテキ!!』(フジテレビ)で行われた第一回チェキッ娘オーディションに参加。最終候補10人には残るも落選。
  • 同番組で同年11月27日に行われたオーディションに再挑戦。嶋野蘭とともに合格し、アイドルグループ・チェキッ娘のメンバーとなる。チェキッ娘IDは013。翌年1999年11月3日までチェキッ娘の一員として活動。
  • チェキッ娘在籍時は「八重歯」がチャームポイントだったが、チェキッ娘卒業後は歯列矯正した[1]
  • チェキッ娘卒業後は、デンナーシステムズに所属し、バラエティ番組を中心に活動する。『進ぬ!電波少年』(日本テレビ)の企画「15少女漂流記」と、その続編「15カ国少女漂流記」(日本代表)に出演したことで注目を集めた。これにおいては、雑誌「FLASH」で帰国時「15少女漂流記」「15カ国少女漂流記」についてのインタビューが載り、「生理が止まった」と告白していた。
  • 2004年9月3日9月5日笹塚ファクトリーで行われた、同じ電波少年の出演者だった安田ユーシ電波少年的地球防衛軍のブラック)と山内浩司(同じくブルー)、共に電波少年的放送局に出演していたお笑いコンビ・メカドッグ(沢原宣之、杉山英司)が出演したライブ『東京汗かきボンバーズ第3回公演「秋場所」』に、横尾茜(電波少年的放送局初代専属アナウンサー、前・まぐまぐ代表取締役社長)と一緒にゲスト出演。
  • 2005年に芸能界を引退し、介護関係の資格取得を目指している。その後2009年3月に結婚、披露宴には元チェキッ娘メンバーの他、電波少年で共演していたメンバーも出席、司会は無人島メンバー同士だったいとうあさこが務めていた[2]。なお、相手はファンの人だという[3]2016年に初出産[4]

出演[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

掲載誌[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]