久志麻理奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くし まりな
久志 麻理奈
プロフィール
愛称 まりなっぷる
生年月日 1982年11月15日
現年齢 35歳
出身地 日本の旗 日本埼玉県南埼玉郡白岡町(現:白岡市
血液型 B
公称サイズ(2008年時点)
身長 / 体重 165 cm / kg
スリーサイズ 84 - 59 - 88 cm
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 1998年チェキッ娘
ジャンル アイドル
モデル内容 一般、水着
他の活動 グラビア歌手
モデル: テンプレート - カテゴリ

久志 麻理奈(くし まりな、1982年11月15日 - )は、日本の元タレント。女性アイドルグループチェキッ娘の元メンバー。

埼玉県南埼玉郡白岡町(現:白岡市)出身。武蔵野高等学校武蔵野短期大学幼児教育科[1])卒業。

身長165cm、B84cm、W59cm、H88cm[2]血液型はB型。

来歴[編集]

  • 1998年10月30日バラエティ番組DAIBAッテキ!!』(フジテレビ)のオーディションに合格し、女性アイドルグループ・チェキッ娘のメンバーとなる(チェキッ娘ID010)。尚このデビューのきっかけは、声を掛けて来たあるスカウトに母親が連絡し、そこからの紹介で『DAIBAッテキ!!』のオーディションに呼ばれる形になったことだったという[3]。チェキッ娘内ユニット「NEOちゃっきり娘」などで活動、『もぎたてのプルプルよ』(このセリフから、まりなっぷるという愛称も付く)という決めセリフなどで人気となる。翌1999年11月3日のチェキッ娘解散までメンバーとして活躍した。
  • チェキッ娘を卒業した後は、ホリエージェンシーに所属。吉川茉絵、奈良沙緒理工藤あさぎとアイドルユニット『Ace File』結成。吉川茉絵とのユニット内ユニット「くしよし」としても活動した。
  • 2002年には西田夏らとともにNEO女子プロレスに参戦するなどして注目を集めた。コーチそして対戦相手となったタニー・マウスは同じ高校の先輩だった[4]。しかし、同年7月に学業専念のために芸能界を引退。6月28日にはNEO板橋大会で引退セレモニーを行った。「レスラー時代は楽しかった」と語っていたが[4]、引退決意のきっかけは「自分が何をしたいのかわからなくなった」とのことで、その時は未練は無かったという[3]
  • 引退してから復帰するまでの間に短大を卒業、その後短期のアルバイト、歯科助手スパ施設の仕事を経験する[4]一方で東南アジアなど20か国ほどの旅行をし[5]、その後理美容業界に就職して[6]OLとして働くようになり、後にある店舗を任されるようになったという。そんな時に「今やってみたらどうなってただろう」(ママ)とアイドル時代を思い出していたところで、Ace File時代のマネージャーと再会、これが芸能界復帰のきっかけとなった[3]。そして2007年9月19日、オフィシャルブログが開設され、芸能界復帰が発表された。この当時はグローエンターテイメントに所属していた。2008年3月には復帰第1弾となったDVD『Happy Trip』が発売された。
  • 2008年11月15日東京都新宿区百人町のNaked Loftで行われたバースデーイベントを最後に、芸能活動を再び休止。しかし、その後も2009年4月5日に行われた下川みくにのデビュー10周年記念コンサートに元チェキッ娘のメンバーとして出演、それ以前にも2009年2月に発売されたぴあの、このコンサートの告知記事の中に掲載されていた。
  • 2015年9月3日、自身のtwitterで入籍を発表[7]
  • 2015年11月11日放送の『解決スイッチ』(テレビ東京)に愛犬と一緒に久々にテレビに出演した[8][9]
  • 2016年から、ハワイに移住[10]

人物[編集]

  • チェキッ娘在籍当時の公称プロフィールでは、89 - 91cmとチェキッ娘の中で一番のヒップの大きさだったが、一方で「それが悩み」と本人がインタビュー記事などで言っていたこともあった。
  • 小学生時代までは運動が苦手だったが、中学入学後にバスケットボール部に入部。当時憧れだった人の目を惹きたいという理由からだったという[11]
  • 格闘技・プロレスファンだったことがあり、短大生時代には全日本女子プロレスPRIDEなどを観に行っており、この当時エンセン井上のファンだった[12]
  • 自他共に認める温泉マニアという[5]2008年2月には温泉ソムリエの資格を取得した[13]
  • プロ野球選手岩隈久志の妻(元プロ野球選手の広橋公寿の長女)とは短期大学時代の同級生で友人であるという[14]

出演[編集]

テレビ[編集]

※『DAIBAッテキ!!』『DAIBAクシン!!シリーズ』以外の出演

これ以降は2009年8月中、チェキッ娘のメンバーとしての出演

作品[編集]

Ace Fileの項も参照のこと。

ビデオ・DVD[編集]

写真集[編集]

連載[編集]

  • 久志麻理奈の体感楽感プーケット女性自身ホームページ内ページ『タイ式エンタ タイに行きタイ!』の中において、2008年8月から)

脚注[編集]

  1. ^ 格闘伝説 No.7(ナイタイ出版 2001年9月1日)p.22 - 23「番組連動栄光対談 久志麻理奈×謙吾
  2. ^ 講談社FRIDAY』2007年12月21日号内で公表されたプロフィールによる。
  3. ^ a b c 2008年1月10日付(9日発売)東京スポーツ 17面より
  4. ^ a b c 2008年2月7日付(1月30日発売)ナイスポ 5面より
  5. ^ a b スポーツニッポン 2008年1月8日付の芸能面 Archived 2008年1月17日, at the Wayback Machine. より
  6. ^ 双葉社『EX大衆』2008年2月号『あぁ懐かし番組舞台裏クロニクル』より
  7. ^ 久志麻理奈(@marinces)Twitter 2015年9月3日
  8. ^ 【エンタがビタミン♪】磯山さやか、元チェキッ娘・久志麻理奈を目撃「綺麗だった」”. Techinsight (2015年11月23日). 2016年2月28日閲覧。
  9. ^ 久志麻理奈 instagram 2015年11月11日
  10. ^ marinces(久志 麻理奈) twitter 2016年1月5日
  11. ^ ビデオ『THE COMPLETE 久志麻理奈』内インタビュー収録
  12. ^ オリコン 2000年5月1日号 p.46「Girls weekly」
  13. ^ 赤倉温泉観光協会・温泉ソムリエ広報 Archived 2008年9月19日, at the Wayback Machine. より
  14. ^ オフィシャルブログ2008年7月15日更新分より。

外部リンク[編集]