電波少年的放送局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
電波少年シリーズ > 進ぬ!電波少年 > 電波少年的放送局
電波少年的放送局
日本テレビが、経営するチャンネルです。
基本情報
運営(番組供給)事業者 日本テレビ放送網株式会社
放送(配信)開始 2002年4月1日
放送(配信)終了 2003年6月30日
ジャンル 国内ドラマ・バラエティ・舞台
放送内容 日本テレビ「進ぬ!電波少年」をベースにしたバラエティ番組
衛星基幹放送(東経110度CS放送)
プラットフォーム プラット・ワン
放送事業者 株式会社シーエス日本
チャンネル番号 Ch.006
物理チャンネル ND24
放送開始 2002年4月1日
放送終了 2003年6月30日
特記事項:
2002年3月1日試験放送開始。

電波少年的放送局(でんぱしょうねんてき ほうそうきょく)は、日本テレビテレビ番組進ぬ!電波少年』の企画として2002年4月(同年3月より無料での試験放送)にシーエス日本で放送開始した衛星放送(CS)のチャンネルである。CS110度デジタルで006ch。視聴料は消費税抜きで額800

コールサインはJOUUXY-TV。[1]通常CS放送にはコールサインは設けられていないため、効力はない。なおジャンクションのBGMには日本テレビのジャンクションである鳩の休日の一部が使われていた。

概略[編集]

試験放送中は出題から3日間経たないと答えられない(しかも3日間無言でいなければならない。賞金は10万円)クイズ番組「たぶん世界で一番難しいクイズ」だったが、4月1日より室井滋を強制的に局長に迎え、窓がなく、出入口も溶接で開けられないようにした完全密室の中での生活の様子を24時間の生放送形式に変わった。以後は室井滋をはじめ、多くの女性タレント等が中心となり、交代でキャスターとして生活を放送していった。 この間にも数多くのゲストも来ている。なお、出入場時は出演者・ゲスト共アイマスクをされ(但し、土屋敏男(当時、「T部長」)と堀部圭亮はアイマスクせずに出入場でき)、天井から上下される形となった。(2002年12月~閉局までの出入場時は出演者・ゲスト共アイマスクをすることはなくなった)

また、放送局とネーミングされているだけあって、専属のアナウンサー天気予報士、それに専属アーティストも募集していた。

食料や生活必需品の調達は、営業部のチューヤン(部長)とジニー(課長)が企業に出向いて商品を宣伝する代わりに無料で調達する形をとった。

末期の状況[編集]

電波少年に毛が生えた 最後の聖戦終了後も放送が続けられたが、加入者が伸び悩み、2003年6月30日放送分で閉局。これで電波少年シリーズは完全に11年間の幕を下ろした。また、電波少年的放送局のホームページは数日で閉鎖されている。

その後、日本テレビ編成部長(放送当時)の土屋敏男第2日本テレビを任されると、一部に電波少年的放送局のコンセプトを取り入れるなど、CSからブロードバンドへフィールドを変えながらもリベンジを行っている。

放送されていた番組[編集]

  • てっぺん名作劇場~電波少年10年間の歴史~(過去の電波少年シリーズを再放送[2]
  • 巣鴨NOW(朝の情報番組)
  • トキワ荘アワー(構成作家の卵たちの企画対決)
  • CS愛の劇場
  • 荒野のテレビマン
  • テレビ史上初完全ノーカット電波少年的放送局生ドラマ家なき子

ほか

出演者[編集]

お留守番シスターズ[編集]

専属アナウンサー[編集]

その他の出演者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コールサインにも登場するがその中で変形し女性の裸体になるといういかにも電波少年らしい演出となっている。これは『11PM』のタイトルアニメに近い。
  2. ^ 後の2010年代に日テレプラスファミリー劇場が『進め!電波少年』を放送する。

関連項目[編集]