家なき子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
家なき子
Sans famille
1878年に発表した書籍表紙
1878年に発表した書籍表紙
著者 エクトール・アンリ・マロ
訳者 五来素川ほか多数
発行日 1878年
発行元 Eugène Dentu
ジャンル 児童文学
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集
テンプレートを表示

家なき子』(いえなきこ、Sans famille)は、フランスの作家エクトール・アンリ・マロが1878年に発表した児童文学作品。ディケンズの名作『オリバー・トゥイスト』に似たような孤児の物語。孤児と知らず育った少年レミが旅芸人のおじいさんに引き取られ、いろいろなところを旅し、たくさんの出会いを通して成長していく冒険小説

幾度も映画化され、日本でのアニメ化も多い。日本での初訳は明治36年(1903年)で、五来素川により『未だ見ぬ親』の題名で読売新聞に連載された。

映像化作品[編集]

映画[編集]

  • Sans famille(1925年、フランス) - サイレント映画
  • Senza famiglia(1946年、イタリア)
  • Ritorno al nido(1946年、イタリア)
  • Sans famille(1934年、フランス) - 邦題『家なき兒』(1935年公開)/主題歌『家なき兒』(作曲:田村しげる・歌:東海林太郎
  • Sans famille(1957年、フランス) - 邦題『家なき子』(1960年12月15日公開)[1]
  • Sans famille(2000年、フランス) - テレビ映画

影絵劇[編集]

アニメ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]