奥原アイザック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

奥原 アイザック(おくはら アイザック、1975年(昭和50年)11月30日 - )は、京都府出身の放送作家脚本家

プロフィール[編集]

立命館大学経営学部卒業。

1999年、日本テレビ系列で放送されたバラエティ番組『進ぬ!電波少年』内の企画、「電波少年的地球防衛軍」ブルー隊員のオーディションに合格。「山内浩司」[1]の芸名でタレントとして活動後、作家へ転向する。

2012年には、3歳から36歳までの実体験を綴った自伝ブログ「あかんたれ」をおよそ8か月間連載。

出演[編集]

テレビ
CD
ビデオ
  • 電波少年的 地球防衛軍ショー WORLD TOUR 2000 IN JAPAN 伝説の最終公演(2000年10月8日、VAP VPVF-61070)
オリジナルビデオ
舞台
  • 地球防衛軍ショーワールドツアー(シドニー・オペラハウス、日本公演)
  • 東京汗かきボンバーズ『ハジメとトミオ』
  • 東京汗かきボンバーズ『3日間』
  • 東京汗かきボンバーズ『秋場所』
  • 東京汗かきボンバーズ番外公演『僕は彼女についていく』

脚本・演出[編集]

DVD[編集]

テレビ[編集]

  • 納得!きょうだい研究所(構成)
  • なるほど!4コマ理論(構成)
  • TVチャンピオン「レゴブロック王選手権」(構成)
  • アリなし〜アリケン★ゴールデンスタジアム〜(構成)
  • GOD EYE(構成)
  • キムヒョンジュンがプロデュース!? 吉本芸人 韓流デビュー大作戦(構成)
  • 住んでる人が見たい! 世界の超!絶景ハウス(構成)
  • 住んでる人が見たい! 世界の超!絶景ハウス2(構成)
  • 住んでる人が見たい! 世界の超!絶景ハウス3(構成)
  • 地球の果てからお家に帰ろう(構成)
  • スーパーアイドル突然訪問!ファンのお仕事体験記(構成)
  • 林修先生の見れば納得!ギジンカイメイ(構成)
  • ドキドキ宅配便 それ、届けにいきませんか?(構成)
  • がむしゃらジャパニーズ(構成)
  • クイズおぼえてますか?ホームビデオで知る自分ヒストリー(構成)
  • 企画力芸人(構成)
  • GENERATIONS高校TV(構成)
  • アッと!ホームビデオ(構成)

舞台[編集]

  • レンジ(下北沢駅前劇場、作・演出)
  • 双りで六本(新宿Fu-、脚本提供)
  • 双六 参(下北沢OFF・OFFシアター、脚本提供)
  • 双六 ヨン!(下北沢駅前劇場、脚本提供)
  • 双六 録(ザムザ阿佐ヶ谷、脚本提供)
  • 奥原プロデュース公演『間接技』(新宿Fu-、作・演出)
  • 奥原プロデュース公演『Luck Go!』(新宿ゴールデン街劇場、作・演出)
  • 奥原プロデュース公演『Luck Go!其ノ弐』(新宿ゴールデン街劇場、作・演出)
  • 奥原プロデュース公演『Luck Go!京都公演』(ART COMPLEX 1928、作・演出)
  • 赤星まき1人芝居『赤星STYLE〜愛と休憩〜』(渋谷シアターD、脚本提供)
  • 関口愛美1人芝居『ポロリ伝説』(渋谷シアターD、作・演出)
  • 関口愛美1人芝居『狙い』(渋谷シアターD、作・演出)
  • 佐藤貴史×川村エミコのオムニバス二人芝居『なかよし劇場Vol.1』(下北沢シアター711、「レンタル彼氏」作・演出)
  • 月の番犬(下北沢シアター711、作・演出)

メールマガジン[編集]

  • Magalry サバンナ高橋『味噌汁のような存在に僕はなりたい』(ライター)
  • 受験サプリ放課後版 サバンナ高橋『あの時ああしといたらモテたのになぁ』(ライター)

雑誌[編集]

  • TOKYOデートスペシャルなび  サバンナ高橋の「参考程度にしてください…。割とタメになるかもしれない話」(ライター)

その他[編集]

  • つんく♂プロデュース公演『初恋のカケラ2010』(演出助手)
  • つんく♂プロデュース公演『真剣 女の陣 キラーコンテンツ』(演出助手)
  • THEポッシボーライブ『2011春 Love is here 希望の光』(演出助手)

出典[編集]

  1. ^ 第112話「バレませんように」”. 奥原アイザックの『あかんたれ』 (2012年8月6日). 2015年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]