ドロンズ石本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドロンズ石本
本名 石本 武士(いしもと たけし)
生年月日 (1973-10-11) 1973年10月11日(45歳)
血液型 A型
身長 175cm
言語 日本語
出身 日本の旗 日本 広島県広島市
コンビ名 ドロンズ(1996年 - 2003年)
相方 大島直也(ドロンズ)
事務所 マセキ芸能社
他の活動 実業家

ドロンズ石本(ドロンズいしもと、1973年10月11日[1] - )は、日本お笑いタレント俳優実業家広島県出身[2]マセキ芸能社所属。いすみ大使(千葉県いすみ市、2015年12月13日委嘱)[3]

人物[編集]

広島市立五月が丘中学校を経て広島県立広島工業高等学校卒業。身長175cm、体重115kg、足28.5㎝[2]。A型[2]

1995年大島直也とお笑いコンビ「D.R.U.G(ドラック)」を結成。その後、1996年に「ドロンズ」に改名。1997年に『進め!電波少年』で、猿岩石の大ヒット企画に続く「アメリカ大陸縦断の旅」に挑戦、一時的に有名になる。そこでスペイン語を習得、2006年からNHK『スペイン語会話』に出演。

2003年「ドロンズ」解散。石本はタレントとして活動。体型を活かしたデブタレントとして活躍するだけでなく、リポーターとしても活躍している。2010年頃からは俳優業にも進出、ドラマやCMに出演しているが端役が多い。

相方の大島も俳優に転向し、2006年、劇団「シンキバ!」を結成した。

現在も大島とは交流があり、プライベートでは一緒に食事をすることも多く、誕生日等のイベントでは互いの店(後述)で打ち上げをする仲。解散前に比べると頻度は大きく落ちるが、まれに仕事でも共演することがある。

ちりとり鍋の店を経営する大島の後を追い、石本も2007年12月に馬肉専門の店「馬肉屋たけし」をオープン。芸人仲間も集まる人気店となっている。店にはバイトとして若手芸人を雇っている。大島と石本の店はいずれも恵比寿駅出口付近(大島は西口、石本は東口)にあったが、大島はのちに経営を譲渡し閉店。大島秘伝のちりとり鍋は石本の店のメニューに加えられている。

出演[編集]

ドロンズとしての出演は同項を参照

バラエティ[編集]

ドラマ[編集]

ラジオ[編集]

  • メロータッチ(FM茶苗(チャッピー)77.7MHz)毎週金曜23:59~

映画[編集]

過去[編集]

舞台[編集]

  • 桃色書店へようこそ (2010年4月10日 - 18日、池袋シアターグリーン ビックツリーシアター) - 山田くん役
  • SmokeCompany vol.1「夏の終わりに」(2011年9月4日、笹塚ファクトリー)日替わりゲスト

ゲーム[編集]

連載[編集]

  • 日刊ゲンダイ「ドロンズ石本のラーメン旅」毎週水曜更新[7]

脚注[編集]

  1. ^ ドロンズ石本 儲け0でも飲食店続ける独自の「経営論」語る│NEWSポストセブン”. 小学館 (2016年1月16日). 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ a b c ドロンズ石本 - マセキ芸能社 MASEKI GEINOSHA Official Site”. マセキ芸能社. 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ いすみ大使の皆さまを紹介します(委嘱順) (PDF)”. いすみ市. 2019年3月1日閲覧。
  4. ^ “ドラマ「この世界の片隅に」に二階堂ふみ、村上虹郎、宮本信子ら出演”. コミックナタリー (ナターシャ). (2018年6月4日). https://natalie.mu/comic/news/284995 2018年6月27日閲覧。 
  5. ^ 『柴公園』おっさんがゆる〜く愛犬を語る渋川清彦×大西信満×ドロンズ石本の親バカ座談会”. シネマズPLUS (2019年1月10日). 2019年1月10日閲覧。
  6. ^ CAST”. 龍が如く6 命の詩。. セガ. 2016年8月19日閲覧。
  7. ^ ドロンズ石本の「ラーメン旅」|日刊ゲンダイDIGITAL”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2019年1月10日閲覧。

外部リンク[編集]