犬飼若博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
いぬかい わかひろ
犬飼 若博
別名義 旧芸名:犬飼若浩
生年月日 (1966-08-28) 1966年8月28日(52歳)
出生地 日本の旗 愛知県豊田市
血液型 A型
ジャンル 舞台

犬飼 若博(いぬかい わかひろ、1966年8月28日 - )は、日本の俳優。所属事務所はQueen-B。

愛知県豊田市出身。立命館大学経済学部卒業。大学在学中の1989年土田英生らと劇団「B級プラクティス」(後の劇団「MONO」)を旗揚げ。1994年「MONO」退団。以後、フリーの俳優として舞台、TVなどで活動している。

出演[編集]

舞台[編集]

  • B級プラクティス「狂い咲きシネマ」(1989年
  • B級プラクティス「さよなら、ニッポン」(1990年)
  • B級プラクティス「ブーゲンビリア」(1990年)
  • B級プラクティス「ノーティー・ナインティーズ」(1991年)
  • 時空劇場「夢の季節の過ぎゆきし暁に」(1991年)
  • MONO「0時から5時まで」(1991年)
  • MONO「ブーゲンビリア改訂版」(1991年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「月間ライブ2月号」(1992年)
  • MONO「紙にかいた青空」(1992年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「月間ライブ7月号」(1992年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「記念碑的総集編」(1992年)
  • MONO「BROTHER」(1992年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「発病」(1993年)
  • MONO「ロマン再生」(1993年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「教育」(1993年)
  • 「3G」(1993年)
  • MONO「さよなら、ニッポン」(1993年)
  • MONO「さよなら、ニッポン」(1993年)
  • MONO「0時から5時まで」(1993年)
  • 「大笑撃!地方人の大逆襲」(1993年、渋谷クラブクアトロ)
  • GOVERNMENT OF DOGS「MENatWORK」(1994年)
  • 時空劇場「海と日傘」(1994年)
  • MONO「Sugar」(1994年)
  • 「スタートダッシュジャム」(1994年)
  • MONO「路上生活者」(1994年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「MEDIA MAN」(1994年)
  • 「THE BEST OF GOVERNMENT OF DOGS」(1994年)
  • GOD「GUILTY」(上岡演劇祭、1995年)
  • 「ギャグコレクション」(1995年)
  • 「一心寺恐怖百物語'95」(1995年)
  • GOVERNMENT OF DOGS(1995年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「Mr.REQUESTHEAD」(1995年)
  • 「THE BEST OF GOVERNMENT OF DOGS2」(1995年)
  • 「MORE IDLERS」(1995年)
  • GOD VS ジ・バ「うわべの付きあい」(1996年)
  • 「菩薩の苦笑い3」(1996年)
  • 「コントバトル」(1996年、吉本興業なんばグランド花月スタジオ)
  • 「THE BEST OF GOVERNMENT OF DOGS3」(1996年)
  • 西条昇プロデュース/演劇か?お笑いか?」(1997年)
  • 「ラスタコントライブ」(1997年)
  • 「コントコレクション〜漫才師 春・夏〜」(1997年、吉本興業NGKスタジオ)
  • GOVERNMENT OF DOGS「早過ぎた半袖」(1997年)
  • GIRAFFE「仰ぎ見る地上」(1997年)
  • 「アバン3+」(1998年)
  • GIRAFFE「安全遊戯場」(1998年)
  • 「コントサンプル/8-98,aG:」(1998年)
  • 「当時はポピュラー・奥本清美さん23才OL」(1998年、銀座小劇場)
  • GIRAFFE「テレビの前のアナタだけに」(1999年)
  • 「当時はポピュラー2“北沢順一さん”(39才、医師)」(1999年)
  • NON GATE THEATRE「一人が一杯」(2000年)
  • 「当時はポピュラー3“浜口麻衣子さん(18才、学生)”」(2001年)
  • 「ニッキーズパビリオン」(中之島リサイタルホール、2001年)
  • 「親族代表 人間力学ショー#3“heavy claims”」(2002年)
  • 「当時はポピュラー4“トマスエドワーズさん(58才、貴族)”」(2002年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演good day house」(天王洲アイル アートスフィア、2002年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演「good day house」(梅田 シアタードラマシティ、2002年)
  • 「高山広の世界」(2002年)
  • 「高山広の世界II」(2002年)
  • 「絹2〜練り笑い・[人間交差点]〜」(2003年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演Sweet7」(本多劇場、2003年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演「Sweet7」(近鉄小劇場、2003年)
  • 「コメディファイル」(北沢タウンホール、2003年)
  • MONO特別企画Vol.3「退屈への扉」(ART COMPLEX1928、2003年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演Paper Runner」(本多劇場、2004年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演「Paper Runner」(新神戸オリエンタル劇場、2004年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演LENS」(2004年)
  • 小林賢太郎プロデュース公演「LENS」(2004年)
  • 「パノラマコミック」(2005年)
  • 「双人で六本」(新宿Fu-、2006年)
  • 「当時はポピュラー5“高松みづきさん(29才、新婦)”」(THEATER/TOPS、2006年)
  • 室岡悟 相談会」(2006年)
  • 「サヨナラとさようならをする」(2006年)
  • 「双六【参】」(2006年)
  • 「室岡悟 説教会」(2006年)
  • 「TALK双六」(2007年)
  • 「BAR室岡」(2007年)
  • 「双六ヨン!!」(下北沢駅前劇場、2007年)
  • 「二人寄席」(アトリエ劇研、2007年)
  • 「ロマンティックホテル」(千本桜ホール、2007年)
  • GOVERNMENT OF DOGS「Refresh!」(2008年)

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

作品[編集]

DVD[編集]

書籍[編集]

  • 「犬嫁日記 〜それでも君を愛してる〜」(泰文堂、2011年12月)

脚注[編集]

  1. ^ Tパレアイドルが殺人鬼に?ホラー映画「讐 〜ADA〜」公開”. ナタリー. 株式会社ナターシャ (2013年6月19日). 2013年7月16日閲覧。

外部リンク[編集]