土田英生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土田 英生
プロフィール
誕生日 (1967-03-26) 1967年3月26日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 愛知県大府市
受賞

第6回OMS戯曲賞大賞(『その鉄塔に男たちはいるという』)

第56回芸術祭賞優秀賞(『崩れた石垣、のぼる鮭たち』)

土田 英生(つちだ ひでお、1967年3月26日 - )は、日本の劇作家演出家俳優

愛知県大府市生まれ。京都府京都市在住。劇団MONO代表。所属事務所は有限会社キューカンバー。(業務提携はキューブ。)身長169cm。靴25.5cm。

略歴[編集]

立命館大学産業社会学部入学後、「立命芸術劇場」に入り演劇の世界へ。1989年、「MONO」の前身となる「B級プラクティス」を結成。作・演出の多くを手掛けた。その後、1998年より3年連続で岸田國士戯曲賞最終候補となるが、受賞は逸している。1991年、コント作家の故林広志らとコントユニット「GOVERNMENT OF DOGS」を結成。1999年、『その鉄塔に男たちはいるという』で第6回OMS戯曲賞大賞を受賞。2001年、文学座に提供した『崩れた石垣、のぼる鮭たち』により第56回芸術祭賞演劇部門にて優秀賞を受賞している。2003年、文化庁新進芸術家派遣研究員としてロンドンに留学。2010年から2013年まで、「日本の劇」戯曲賞の最終選考委員を務めた。現在は、北海道戯曲賞の最終選考委員を務める。

主な受賞歴[編集]

  • 第6回OMS戯曲賞大賞(1999年)
  • 咲くやこの花賞(2000年)
  • 大阪府舞台芸術奨励賞(2000年)
  • 京都市芸術新人賞(2000年)
  • 第56回文化庁芸術祭優秀賞(2001年)
  • 京都府文化賞奨励賞(2003年)

作品[編集]

主な舞台(劇作・演出)[編集]

  • 1998年・劇団M.O.P.「遠州の葬儀屋」(作)
  • 2000年・パルコ・プロデュース「ボーイズ・タイム」(脚本)
  • 2001年・文学座「崩れた石垣、のぼる鮭たち」(作)
  • 2001年・劇団青年座「悔しい女」(作)
  • 2002年・Reading「椿姫」with 草彅剛(作・演出)
  • 2002年・東京国際芸術祭「南半球の渦」(作・演出)
  • 2006年・ホリプロ「錦鯉」(作・演出)
  • 2008年・MONO「なるべく派手な服を着る」(作・演出・出演)
  • 2009年・MONO「床下のほら吹き男」(作・演出・出演)
  • 2009年・福田転球×平田敦子÷土田英生「戸惑い男、待ち女」(作・演出)
  • 2009年・演劇集団円「初夜と蓮根」(作)
  • 2009年・劇団青年座「その受話器はロバの耳」(作)
  • 2010年・土田英生セレクションvol.1「-初恋」(作・演出)
  • 2011年・アミューズ「バッド・アフタヌーン」(演出)
  • 2012年・MONO「少しはみ出て殴られた」(作・演出・出演)
  • 2012年・リーディングドラマ「Re:」(作・演出)
  • 2012年・演劇集団円「胸の谷間に蟻」(作)
  • 2012年・土田英生セレクションvol.2「燕のいる駅」(作・演出)
  • 2013年・フジテレビ「二都物語」(脚本)

主なテレビドラマ脚本[編集]

主な映画脚本[編集]

主な著書[編集]

  • 2005年・「自家中毒 ある劇作家の肖像」(2003年・ぴあ関西版連載)
  • 2013年・「ゴバンの目を走る女」(2012年・GEN-SAKU!連載)

出演[編集]

主なテレビドラマ[編集]

主なラジオ番組[編集]

外部リンク[編集]