室井滋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むろい しげる
室井 滋
生年月日 1958年10月22日(57歳)
出生地 日本の旗 日本富山県滑川市
身長 160 cm
血液型 O型
職業 女優エッセイスト
事務所 ホットロード
公式サイト HotRoadオフィシャルサイト 所属俳優 - 室井滋
主な作品
テレビドラマ
やっぱり猫が好き
心療内科医・涼子
菊次郎とさき
黒革の手帖
花子とアン
ほっとけない魔女たち
マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜
遺産争族
映画
居酒屋ゆうれい
のど自慢

室井 滋(むろい しげる、1958年10月22日 - )は、日本女優ナレーターエッセイスト

富山県滑川市出身。早稲田大学社会科学部中退。ホットロード所属。一級小型船舶免許の資格をもつ[2]

来歴[編集]

富山県立魚津高等学校卒業。早稲田大学在学中にシネマ研究会に所属。長崎俊一大森一樹山川直人山本政志石井聰亙阪本順治松岡錠司緒方明などとともに自主映画のフィールドで活躍。「自主映画の女王」と呼ばれる。

大学在学中の1981年村上春樹原作の映画『風の歌を聴け』で劇場映画デビュー。また同じく村上の作品が原作の『パン屋襲撃』と『100%の女の子』(「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」)にも出演している。1982年には、長崎俊一監督の自主制作8mm映画『闇打つ心臓』で内藤剛志と共演。大学は7年で中退。

1987年、映画『トットチャンネル』の使用曲「東京ブギウギ」 で歌手デビュー。

1988年、「恩田三姉妹」として小林聡美もたいまさこと共演した『やっぱり猫が好き』がヒットし、一躍人気者となる。

1992年日本酒造組合中央会より酒豪ぶりが認められ日本酒大賞奨励賞を受賞。

1995年、渡邊孝好監督『居酒屋ゆうれい』(94)で報知映画賞最優秀助演女優賞・日本アカデミー賞最優秀助演女優賞・キネマ旬報最優秀助演女優賞・ブルーリボン賞助演女優賞・毎日映画コンクール女優助演賞など数々の映画賞を受賞。

1996年日本テレビバラエティ番組ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』に出演。短期間でレギュラーを脱退したが、その後2000年、同局のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』の司会であった松本明子の妊娠休業中の代役として急遽抜擢された。

1999年、『のど自慢』で日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。同作での役名「赤城麗子」でCDシングル「おしどり涙」も発売した。

2012年社団法人日本喜劇人協会主催の喜劇人大賞特別賞を受賞。

2012年12月28日、NHK BSプレミアムにて、邦画を彩った女優たち「室井滋 しげちゃんと私の居場所」が放送。出演:室井滋 VTR出演:山川直人、大森一樹、井筒和幸、栗本慎介、長谷川和彦 紹介映画:「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」「シャッフル」「風の歌を聴け」「100%の女の子」「居酒屋ゆうれい」「のど自慢」「OUT」「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」「人の砂漠(おばあさんが死んだ)」ほか

著述も行っており、1991年のデビュー作『むかつくぜ!』の他に、『東京バカッ花』『チビのお見合い』などの著書がある。

映画監督の長谷川和彦と同居していることが、週刊誌などでたびたび報道されている[3]

役者としてはもちろん、声優・ナレーターとしても定評がある(ほかにも2009年5月1日より黒部峡谷鉄道一般列車の車内放送・沿線車窓案内のナレーションを担当しており[4]2012年5月1日の営業運転からは、3年ぶりに放送内容をリニューアルしている[5])。

2015年、第36回松尾芸能賞・優秀賞を受賞[1]2015年12月23日 同じく富山県出身のシンガーW.C.カラスとアルバム「信じるものなどありゃしない」を発表。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 菊次郎とさき(2012年・2015年) - 北野さき 役

劇場アニメ[編集]

人形劇[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

その他[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

  • 東京ブギウギ(1987年10月21日)
  • KI・A・I(1994年12月21日)
  • 5丁目カーニバル(1995年6月1日)
  • Can't Stop My Heart(McKee、1996年4月17日)
  • 風よ(1997年11月27日)
  • あの空へ(1998年8月5日)
  • 男に子供が産めるわけじゃない(1998年9月2日)
  • おしどり涙(赤城麗子、1999年1月9日)
  • 世界はメロディー(1999年10月6日)
  • 希望(室井箱(滋)&山崎ハコ、2000年10月12日)

アルバム[編集]

  • 信じるものなどありゃしない(室井滋&W.C.カラス(2015年12月23日)

著書[編集]

  • 『むかつくぜ!』(1991年、マガジンハウス)のち文春文庫
  • 『キトキトの魚』[9](1993年、マガジンハウス)のち文春文庫
  • 『東京バカッ花』(1994年、マガジンハウス)のち文春文庫 
  • 『まんぷく劇場』(1996年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『すっぴん魂』(1997年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『すっぴん魂カッパ巻』(1998年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『Cro・an 室井滋のクロアン』(1998年、マガジンハウス)
  • 『オンジン』(1998年、日本テレビ放送網
  • 『オケラ歌姫』(1999年、日本テレビ放送網)
  • 『すっぴん魂・愛印』(1999年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『チビのお見合い』(2000年、文藝春秋)
  • 『ふぐママ』(2001年、講談社)のち文庫 
  • 『私は、おっかなババア-すっぴん魂4』(2001年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『心ひだひだ』(2003年、マガジンハウス)のち講談社文庫
  • 『あなたが怖い-すっぴん魂5』(2003年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『うまうまノート』(2003年、講談社)のち文庫 
  • 『しんシン体操』(2004年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『女優の箪笥』(2005年、ぴあ
  • 『ロケ隊はヒィー・すっぴん魂(6)』(2005年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『平凡キング ニャンちゃって漫画』(2006年、ネコ・パブリッシング)
  • 『幸菌スプレー・すっぴん魂7』(2007年、文藝春秋)のち文庫 
  • 『マーキングブルース 猫にまつわる七つの物語』メディアファクトリー 2009 のち文庫 
  • 『気になり飯 うまうまノート 2』講談社文庫 2010
  • 『すっぴん魂大全紅饅頭』文藝春秋 2010
  • 『すっぴん魂大全白饅頭』文藝春秋 2010
  • 『女の悩みはいつもマトリョーシカ』青春出版社 2011
  • 『しげちゃん』長谷川義史絵(2011年、金の星社
  • 『ウリオ』長谷川義史絵 世界文化社 2013
  • 『ドレスよりハウス 家を建てて一人前!』マガジンハウス 2013
  • 『室井滋のオシゴト探検 玄人ですもの(2014年、中央公論新社
  • 『きらきら は・は・歯』長谷川義史絵 世界文化社 2014
  • 『チンチンボンボさん』長谷川義史絵 絵本館 2015

共著編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 井上芳雄が「第36回松尾芸能賞」優秀賞を受賞 大賞には五木ひろし”. シアターガイド (2015年2月13日). 2015年2月16日閲覧。
  2. ^ 公式プロフィール
  3. ^ 光文社女性自身』1999年2月16日号、新潮社週刊新潮』2004年3月11日号ほか。
  4. ^ 富山県出身の女優 室井滋さんの案内で出発進行!黒部峡谷鉄道公式ホームページ、2013年4月28日閲覧。
  5. ^ 女優室井滋さん一日駅長 黒部峡谷鉄道、トロッコ電車見送る北國新聞・富山版(2012年5月1日)、2013年4月28日閲覧。
  6. ^ 向井理、“ムコ入り”榮倉奈々と夫婦役 遺産相続題材にテレ朝連ドラ初主演”. ORICON (2015年8月21日). 2015年8月21日閲覧。
  7. ^ 橋爪功&満島真之介&清水富美加ら豪華キャスト集結!中谷美紀主演ドラマ「模倣犯」”. シネマカフェ (2016年7月22日). 2016年7月29日閲覧。
  8. ^ 江口洋介は短髪!石橋冠監督作「人生の約束」に西田敏行&ビートたけしら主演級ずらり”. 映画.com (2015年3月18日). 2015年3月18日閲覧。
  9. ^ 「きときと」というのは「新鮮で輝くさま」を表す北陸の方言で、冒頭で意味分析が行われている。

外部リンク[編集]