木村匡也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

木村 匡也(きむら きょうや、1965年11月3日[1] - )は、日本ナレーターラジオDJ

かつてはKYOYA名義で活動していた。『ちびまる子ちゃん』では平仮名の「きむらきょうや」で活動している。

福岡県出身[1]西南学院高等学校[2]西南学院大学文学部外国語学科英語専攻卒業[3]。西南学院大学に在学中に派遣留学生として米テキサス州ベイラー大学へ留学経験がある。

来歴・人物[編集]

1989年FM東京(TOKYO FM)主催の『アメリカントップ40 イングリッシュDJコンテスト』でグランプリを獲得し、ディスクジョッキーとしてデビューした[4]

1990年より、地元のKBCラジオ九州朝日放送)が『KBC-INPAX』と称したゾーン編成を開始し、FMを意識したリニューアルを行ったが、デビュー間もない木村がジングル担当に起用され、『KBCカウントダウンホット20』のDJを務めた。また、1990年にはプロレス団体・SWSの旗揚戦中継(テレビ東京系)で実況を担当した。

1992年に上京し、日本テレビ系『進め!電波少年』を皮切りに、バラエティ番組のナレーションを主戦場として活動する[4]。非常に特徴的かつ軽薄なナレーションを得意とする。そのほか、かつてDJとして登場する際にはKYOYAという表記を使用し、TOKYO FM横浜エフエム放送J-WAVE、などFM局を中心に番組を担当していた。

2001年、自作の童話を朗読したCD「カノン」を発表した(アーティスト名は木村匡也withレーナ・マリア)。

2008年『ラジかるッ』のDJ TERU(吉田照美)が休暇をとった際、DJ KYOYAとして出演したこともある。

2009年、『森田一義アワー 笑っていいとも!』の「NEWSどっちJAPAN」に出演し、ナレーションを披露した。

2019年11月1日よりYouTubeへの動画投稿を開始している。

2021年4月『声の魔力 ~power of voice~』電子書籍を初出版。

ちびまる子ちゃん』にて長年にわたりナレーションを担当してきたキートン山田が引退したことに伴い、後任として2021年4月4日放送分よりナレーションを引き継いだ[5]

人物[編集]

出演[編集]

NHK[編集]

  • 「いだてん」第2部スタート!「メダルがばがば大作戦」(2019年7月1日)

日本テレビ系列[編集]

テレビ朝日系列[編集]

TBS系列[編集]

テレビ東京系列[編集]

フジテレビ系列[編集]

ドキュメンタリー[編集]

スカイパーフェクTV! 他[編集]

CM[編集]

テレビアニメ[編集]

有線放送 [編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 木村匡也のプロフィール・画像・写真|1000036813”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。
  2. ^ 本日10/4深夜KBCテレビ「ドォーモ」にS59卒木村匡也さん、ご出演!”. 西南学院高等学校同窓会. Facebook (2018年10月4日). 2021年4月1日閲覧。
  3. ^ 「めちゃX2イケてる」のナレーターがやってくる(予告)”. 西南学院大学 (2000年5月16日). 2021年4月1日閲覧。
  4. ^ a b “『めちゃイケ』『電波少年』を下支え アニメに頼らない“声優”木村匡也、ナレーターの矜持”. ORICON NEWS (オリコン). (2020年12月14日). https://www.oricon.co.jp/special/55577/ 
  5. ^ a b 「ちびまる子ちゃん」新ナレーション担当はきむらきょうや!”. シネマトゥディ (2021年4月1日). 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧。
  6. ^ 追加キャラクタービジュアル&キャスト公開!”. TVアニメ『ましろのおと』公式サイト (2021年3月5日). 2021年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]