Bluem of Youth

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Bluem of Youth(ブルームオブユース)はボーカルの別所悠二と、ギターの松ヶ下宏之からなる日本の音楽ユニット。2人ともに広島県立広島観音高等学校卒業。

メンバー[編集]

  • 別所悠二(べっしょ ゆうじ)
    ボーカルギター、作詞。
    1973年9月22日生まれ。O型。広島県広島市出身。
    ソロ活動時のアーティストネームは「別所ユージ」。映画、舞台、ミュージカル等俳優としても活躍している。
    趣味は車の運転・マラソン・料理・カメラ。

来歴[編集]

  • 1992年に上京しユニット結成。
  • 1995年10月10日、シングル『最後の願い』でデビュー。
  • 1999年日本テレビのバラエティ番組「雷波少年」の企画に参加し日本武道館ライブを果たす。またこの企画で生まれた曲『ラストツアー〜約束の場所へ〜』がヒット(オリコン初登場2位)。
  • 2002年末をもってBluem of Youthとしての活動を無期限休止。
  • 2005年10月、デビュー10周年を記念して、東京(10月4日)、広島(10月9日)、大阪(10月10日)において3日間限定復活ライブを行った。
  • 2008年12月31日 広島でのカウントダウンライブを皮切りに、Bluem of Youthとして活動再開。

歴史[編集]

ふたりが初めて出会ったのは広島の中学時代。当時はふたりとも悪ガキだったらしい。すでにその頃から他の仲間も含めて別々のバンド活動をはじめていた。ふたりとも別の高校へ行きいったんは別れる。その後松ヶ下は東京の大学へ通うために上京。一方あてもなく上京した別所が何気なく松ヶ下のもとを訪ねたことから再会、ユニットを組む運びとなる。ライブハウスなどでアマチュアバンド活動を経験後、1995年10月10日にシングル『最後の願い』でデビューする。その後、8枚のシングルと2枚のアルバムを出したが、曲がヒットせずに8枚目のシングル「声」を最後に1998年12月当時のレコード会社(現EPIC Records)との契約を打ち切られてしまう。

ちなみにブレイク前の1997年8月25日に『HEY!HEY!HEY!』に、1999年2月21日に『MUSIC HAMMER』に出演している。後者は「声」が『MUSIC HAMMER』のリクエストランキングで1位を獲得したことを記念しての出演だった。

1998年NHK BS-2での150分に及ぶBOØWY特集番組『BOØWY ANTHOLOGY』において「MEMORY」を演奏する(別所は学生時代サッカー部に在籍。朝練の時、部員から「凄ぇ、良いアルバムあるから、聴いてみな!」とBOØWYの5枚目のアルバム『BEAT EMOTION』を借りて聴いてみた。その後、BOØWYのファンになったらしい)。

この頃、音楽活動の一方で地方UHF局の音楽番組の司会もこなしていたが、『電波少年』の番組参加で降板する。

そんな折り、1999年3月、日本テレビのバラエティー番組『雷波少年』の崖っぷちバンド企画「雷波少年系ラストツアー」によって急遽モスクワへ行くことになる(雷波少年の送り込んだショッカーによって連行される形だった)。その企画内容は、ロシアの大動脈であるシベリア鉄道横断の旅だった。シベリア鉄道(モスクワ~ウラジオストック)の各駅を旅しながら(生活費や旅費はストリートライブなどで稼ぎながら)運命の一曲を作り上げ、その一曲で日本武道館ライブ(入場料は1000円)を行うというものだった。もしこのライブで観客を1万人以上集められなかった場合は、ユニットを解散し音楽以外の業界へ就職しなければならないという厳しい条件付きだった。旅の途中、二人の旅に感銘を受けた女優の室井滋がロシアに赴き二人を訪ねるという場面もあった。このおよそ半年間の旅を経て誕生した曲が「ラストツアー 〜約束の場所へ〜」である。アムール川のほとりで山篭りをしての完成だった。この曲を日本に持ち帰り、1999年10月4日、日本武道館ライブを行った結果、1万人をはるかにしのぐ(当初は1回だけだったが入りきれなかった客のために2回行われた)2万人近くもの観客を動員することに成功し(番組によると実際には約3万人が来場したという。)、見事再出発を果たす。ちなみにこのライブでは、先の室井滋をはじめ、Something ELseサンプラザ中野パッパラー河合(ともに爆風スランプ)、伊集院光など多くの有名人のほか、当番組のもう一つの企画であった『熱狂的新巨人ファン99 vs 阪神ファン』において二人の所属する事務所『大川興業』の大川豊総裁と、熱狂的巨人ファン(顔に『ジャビット君』のお面をつけて)&松井秀喜と命名したウサギとともに駆け付けた。2ヵ月後にSony RecordsよりCD発売された『ラストツアー 〜約束の場所へ〜』はオリコン初登場2位となり50万枚のヒットを記録する。2000年には、この旅の間に作られた楽曲を収めたアルバム『СПАСИБО』が発売された。また、雷波少年系ラストシリーズの前挑戦者のSomething ELse同様企画内で制作された運命の1曲の候補曲『Stairway』が企画終了後改めて日本テレビの番組タイアップ付きでシングル化された。

その後さらに数枚のシングル、アルバムをリリースするが、2002年12月28日中野サンプラザで行われたライブで無期限の活動休止を宣言する。そして3日後の大晦日に故郷広島で行われたカウントダウンライブをもって、活動休止状態へと入る。それ以降、別所は別所ユージ名義でソロアーティストとして活躍。松ヶ下はソロアーティストとして活動するかたわら楽曲提供やサウンドプロデューサーとして活躍している。2005年10月にはデビュー10周年を記念して、東京、広島、大阪の各都市で3日間限りの復活ライブを行った。

2005年10月3日から放送開始された『スポんちゅ』・『大スポんちゅ』(日本テレビ系)のオープニングBGM(タイトルは「スポんちゅのテーマ」・「大スポんちゅのテーマ」)は松ヶ下が作曲したものである。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1995年10月10日 最後の願い ESDB-3613
2nd 1995年12月13日 10 Calls After ESDB-3633
3rd 1996年7月1日 TRUTH ESDB-3682 OVATWIN SIGNAL』主題歌
4th 1996年11月1日 線路沿いの恋 ESDB-3724
5th 1997年10月1日 Time goes by...君がいるだけで ESDB-3787
6th 1998年3月21日 Garden ESDB-3822 オリコン最高位、登場回数回
7th 1998年6月20日 ロシアンルーレット ESDB-3843
8th 1998年12月2日 ESDB-3876
  1. 声(作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:松本晃彦)
  2. Love Butterfly(作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:松ヶ下宏之)
9th 1999年12月1日 ラストツアー 〜約束の場所へ〜 SRCL-4747 テレビ番組『雷波少年』企画曲。
オリコン2位、登場回数12回
10th 2000年2月23日 Stairway SRCL-4767
  1. Stairway[5:24](作詞・作曲・編曲:Bluem of Youth)
    NTV系『知ってるつもり?!』ED曲
  2. Holiday[3:14](作詞・作曲・編曲:Bluem of Youth)
  3. Stairway(オリジナル・カラオケ)[5:22]
オリコン17位、登場回数5回
「ラストツアー」運命の1曲候補だった。
11th 2000年8月2日 Lover's slit SRCL-4869
  1. Lover's slit[3:00](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
    NTV系「雷波少年系ミラクルラブ&ホラーin日光江戸村」テーマ・ソング
  2. fish[4:00](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  3. Lover's slit (style on piano)[3:00]
  4. Lover's slit (truth mix)[3:00]
オリコン37位
12th 2000年10月12日 If SRCL-4923
  1. If[4:00](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
    TBS系「噂の!東京マガジン」エンディングテーマ
  2. 天気雨[3:00](作詞:別所悠二/作曲・編曲:Bluem of Youth)
  3. If (style on guitar)[4:00]
オリコン26位
13th 2001年8月8日 夕立〜sound of the memory〜 SRCL-5082
  1. 夕立〜sound of the memory〜[5:04](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  2. 東京タワー[4:51](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  3. 夕立〜sound of the memory〜(オリジナル・カラオケ)[5:04]
オリコン63位
14th 2002年10月9日 サルヴェージュ SRCL-5420
  1. サルヴェージュ[4:55](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:井上鑑
  2. Shooting star[2:49](作詞:別所悠二/作曲・編曲:松ヶ下宏之)
    映画「RED HARP BLUES」テーマソング
  3. サルヴェージュ (backing track)[4:55]
  4. Shooting star (backing track)[2:48]
オリコン45位
15th 2002年12月4日 ひとひらの夢 SRCL-5478
  1. ひとひらの夢[4:17](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之)
  2. 夕凪[5:58](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之)
  3. ひとひらの夢 (Instrumental)[4:17]
  4. 夕凪 (Instrumental)[5:56]
オリコン79位

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 1996年2月1日 bloom of youth ESCB-1716
2nd 1998年7月1日 Target ESCB-1893
  1. Silver Train[4:44](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:鳥山雄司・松ヶ下宏)
  2. ロシアンルーレット[4:28](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:森俊之)
  3. 恋の砂[4:28](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:鳥山雄司・松ヶ下宏)
  4. 線路沿いの恋[5:54](作詞:別所悠二/作曲・編曲:松ヶ下宏之)
  5. 月のヌード[4:10](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:今井裕・松ヶ下宏)
  6. Regret[3:52](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  7. 詩[5:27](作詞:別所悠二/作曲:別所悠二・鳥山雄司/編曲:鳥山雄司・松ヶ下宏)
  8. Time goes by…君がいるだけで[4:42](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:鳥山雄司・松ヶ下宏)
  9. 北風[3:11](作詞・作曲・編曲:松ヶ下宏之)
  10. Garden[5:12](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:今井裕・松ヶ下宏)
  11. error[5:09](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:今井裕・松ヶ下宏)
  12. エピローグ[1:38](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
3rd 2000年3月15日 СПАСИБО SRCL-4780 オリコン12位、登場回数5回
Best 2000年4月19日 Early Singles+ ESCB-2108 EPIC時代の全シングルを含むベストアルバム
オリコン60位
1st mini 2001年12月5日 冬の雫 SRCL-5220
  1. 冬の雫[3:18](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  2. Think of you[3:57](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  3. 姉の手[4:25](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  4. from north railway[3:54](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
  5. If (style on guitar)[4:34](作詞:別所悠二/作曲:松ヶ下宏之/編曲:Bluem of Youth)
オリコン80位
Box 2002年3月27日 Gift~Bluem of Extra~ SRCL-5321/3

ディスク:1

  1. シーラカンス
  2. RUN
  3. Crying again
  4. 同級生
  5. 夕立 ~sound of the memory~
  6. 大至急
  7. Nineteen Emotion
  8. アニバーサリー
  9. 部屋の明かり (instrumental)

ディスク:2

  1. No name world
  2. ダメージ
  3. Sing for you
  4. ラストシーン
  5. 菜の花の野原に
  6. TAKE IT EASY
  7. ラストツアー ~約束の場所へ~
  8. 雪のないクリスマス
  9. Another man
  10. 印象 (instrumental)

DVD

  1. Opening SE
  2. Love Flame
  3. Lover’s slit
  4. Love Butterfly
  5. RUN
  6. SHINE
  7. If
  8. 線路沿いの恋
  9. ラストシーン
  10. Stairway
  11. 姉の手
  12. ラストツアー ~約束の場所へ~
  13. Just go the dirtway
  14. No name world
  15. Winnin’ Tonight
  16. アニバーサリー
  17. 大至急
  18. 天気雨
  19. ロシアンルーレット
未発表曲やラストツアー別バージョンを収録
4th 2002年12月18日 GROWIN'DAYS SRCL-5521
  1. GROWIN' DAYS[5:32]
  2. サルヴェージュ[4:53]
  3. 夕立 ~sound of the memory~[5:05]
  4. ID[5:06]
  5. ひとひらの夢[4:14]
  6. SHINE[4:49]
  7. 冬の雫 <Album version>[3:09]
  8. 再会[4:24]
  9. If <Album version>[4:37]
  10. 望郷[3:31]
オリコン95位
Live 2003年4月23日 20021228 LIVE COMPLETE SRCL-5551

中野サンプラザで行われたライブの模様を収録したアルバム
ディスク:1

  1. 20021228OPENING
  2. 最後の願い
  3. 10 Calls After
  4. ID
  5. 夕立 ~sound of the memory~
  6. 線路沿いの恋
  7. ひとひらの夢
  8. 再会
  9. SHINE
  10. ラストシーン
  11. 望郷
  12. 夕凪
  13. サルヴェージュ
  14. GROWIN’ DAYS

ディスク:2

  1. error
  2. Love Butterfly
  3. Winnin’ Tonight
  4. If
  5. 道の果て
  6. 大至急
  7. 東京タワー
  8. ロシアンルーレット
  9. Yes,we’re alone
  10. 冬の雫
  11. Stairway
  12. 君と僕と約束
  13. ラストツアー ~約束の場所へ~

DVD

  1. 最後の願い
  2. 10 Calls After
  3. INTERVIEW 1
  4. ID
  5. 夕凪
  6. GROWIN’ DAYS
  7. 道の果て
  8. INTERVIEW 2
  9. 望郷
  10. INTERVIEW 3
  11. Stairway
  12. ロシアンルーレット
  13. INTERVIEW 4
  14. MC
  15. INTERVIEW 5
  16. ラストツアー ~約束の場所へ~
  17. INTERVIEW 6
オリコン168位
Best 2010年10月20日 Best Retakes DQC-567
  1. Love Butterfly
  2. 線路沿いの恋
  3. 夕立~sound of the memory~
  4. If
  5. 月のヌード
  6. Baby Face
  7. 恋の砂
  8. Holiday~Short trip style~
  9. Garden
  10. Silver Train
  11. GROWIN’ DAYS
  12. 君と僕と約束
Sky Touch Entertainment
5th 2012年11月14日 Regenerate. CVOV-10011
  1. Samurai Drive
  2. ハナウタメロディ
  3. ずっと好きだった
  4. Step
  5. Baby monster
  6. 跳ね馬ベイベー
  7. 星の涙
  8. 未来note
キャピタルヴィレッジ

DVD、VHS[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 2000年2月9日 雷波少年系 ブルーム・オブ・ユース「ラストツアー」完全永久保存版 SRVM-5685:VHS
2nd 2000年8月23日 スパシーバ・ツアー 2000 SRVM-5698:VHS
SRBL-1083:DVD
3rd 2001年3月28日 12 Clips+ SRVM-5717:VHS
SRBL-1110:DVD
4th 2002年12月18日 一夜演奏会~classical premiun~ SRVL-5741:VHS
SRBL-1160:DVD
オリコン93位
5th 2003年2月19日 GROWIN'DAYS CLIPS+ SRBL-1175:DVD オリコン93位

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
高田弘隆 「Lover's slit」
西村亜希子 「サルヴェージュ」
不明 「10 calls After」「Garden」「If」「Stairway」「TRUTH」「ラストツアー〜約束の場所へ〜」「ロシアンルーレット」

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2010年 - Bluem of Youth LIVE ~Bandstyle act1~
  • 2010年 - BLUEM OF YOUTH 15th Anniversary tour
  • 2011年 - Bluem of Youth Chapel Concert ーThe Originー
  • 2015年 - Bluem of Youth 20th Anniversary Tour

出演イベント[編集]

  • 2000年12月31日 - LIVE DI:GA SPECIAL 2000 ACT II

関連項目[編集]

外部リンク[編集]