斉藤雪乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

斉藤 雪乃(さいとう ゆきの、1985年12月29日 - )は、日本タレント関西を中心に活動している。夫は歌手で作曲家の松ヶ下宏之

来歴[編集]

相愛中学校・高等学校を経て、2007年に相愛大学音楽学部を卒業[1]

2004年から2008年の間、ガンバ大阪チアリーダーとして活動[1]

2009年には大阪モーターサイクルショー大阪オートメッセイベントコンパニオンとしてダンロップを担当。

2011年から始まった大阪マラソンの第1回大会「第1回大阪マラソン〜OSAKA MARATHON 2011〜」に、自らの出演番組『朝生ワイド す・またん!』から参加、6時間17分14秒で完走を果たす[2][3]

2013年、吹田市から「ええとこ吹田PR大使」に任命され、同年3月23日に万博記念公園で行われた「万博鉄道まつり2013」にて井上哲也吹田市長よりPR大使の委嘱状と名刺を受け取った[4]

2018年4月30日、歌手で作曲家の松ヶ下宏之と結婚したことを発表した[5]

2018年7月以降これまでレギュラー出演していた『す・またん!』を欠席し、2018年8月31日公式ブログ及び同日放送された『す・またん!』[注 1]懐妊したことを発表し、同年9月11日より約2か月ぶりに番組へ復帰した。復帰後はこれまでは週3日の出演であったが、火曜日の週1日となっている。同年12月25日の出演を以って産休入り。

2019年3月3日、自身のブログで第1子となる長女を出産したことを報告した[6]

人物・エピソード[編集]

鉄道好き[編集]

  • 鉄道ファン(乗り鉄)であり[10]、鉄道をテーマにしたテレビ番組ラジオ番組雑誌に多数登場している[11]
  • 鉄道ファンになったきっかけは、弟が鉄道好きで、19歳の時に鉄道旅行をしたいという弟に付いて一緒に旅行したことだったという[1]。生まれ育った吹田市は、旧国鉄時代には規模において「東洋一」と誇る吹田操車場[注 2]が存在していたほか、現在は阪急の車両基地である阪急正雀工場が所在するなど、鉄道ファンから”聖地”と目されるほどの「鉄道の街」として知られており、弟と一緒に吹田操車場跡に出かけたり、東海道本線の線路沿いで列車を眺めていたり、正雀工場内に停まっている阪急の車両を眺めたりしていたことを思い出としている。なお、弟のみならず母親もまた鉄道好きで、母親自身が20代だった頃にロシア(旧ソ連)のシベリア鉄道に乗りに行くほどだったという[12]
  • 今でこそ「鉄道アイドル(鉄ドル)」の一人としてよく知られる存在となっているが、デビューして間もない頃は、鉄道ファンであることを売りにしていなかった。それが、自ら出演していた某テレビ番組で共演者から鉄道ファンか否か訊かれたところから、鉄道について勉強を始めたという[11]
  • 鉄道趣味者としての専門は「乗り鉄」(本人談)[1]。一部前記と重複するが、学生時代には「青春18きっぷ」を使って、弟としばしば普通列車の旅を楽しんでいた。その影響からか、タレント活動を始めてからも「東京で夕方から仕事」と告げられると、青春18きっぷを使って赴けるか否かを考えてしまうという。とかく学生時代の貧乏旅行でやむなく利用するというイメージを持たれがちな普通列車について、「普通や快速だけで行く弾丸ツアーが楽しい。滞在時間より移動時間の方が長いけれど、距離感が分かる」とポジティブに捉え、その魅力については「新幹線と違い、地元の人の姿を見たり方言を耳にしたり出来る。車内の中吊り広告にも地域色があって面白い」と語っている。なお、印象に残る列車として「ムーンライトながら」を挙げている[10]
  • 「乗り鉄」が高じて、駅構内に構える立ち食いそば駅そば)店にもハマッており、本人も「日本初の”そば鉄”アイドル」と自認するほどである。その魅力については「鉄道の旅は好きだけれど、長いこと旅をしていると、高い駅弁はそうそう買えない。駅そばならば手軽に地元の味を楽しめる」と語っている[13]
  • 2008年12月に『日刊サイゾー』Webサイト上に掲載されたインタビュー記事の中で、「京阪電鉄の駅に於ける発車メロディをピアノで弾く練習をしている。いつかファンの目の前で披露したい」と語っている[14]
  • 2015年7月15日に東京・神田神保町書泉グランデにおいて開かれた、交通新聞社の鉄道趣味誌『鉄道ダイヤ情報』通巻400号発刊を記念するトークショー及びサイン会に、同じく「鉄道アイドル」として知られる木村裕子と共に姿を見せた。このイベントでは同誌の編集長も同席して鉄道趣味や鉄道雑誌・書籍について語り合う等為されていたが、その席上、2008年3月14日限りで廃止された寝台急行「銀河」のサヨナラ運転の現場において木村との初顔合わせが実現したこと、その顔合わせの際に木村に「あーっ、木村さん。本物だ。顔小っちゃ~い」と声をかけたことを明かした[15][16]

出演[編集]

レギュラー出演[編集]

現在[編集]

過去[編集]

単発出演[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

雑誌・書籍[編集]

雑誌・ムック[編集]

  • 旅する鉄道
  • ブルートレイン&夜行列車 完全ガイド
  • ミニベロライフ
  • 旅する自転車
  • 自転車生活(以上、枻出版社
  • 鉄道のテクノロジー(VOL.5 - 、三栄書房
  • 自転車と旅(実業之日本社
  • シクロツーリスト VOL.1 旅と自転車(グラフィック社)

単著[編集]

  • 『斉藤雪乃の鉄道旅案内〈関西版〉』(2017年3月28日、京阪神Lマガジン)ISBN 978-4874355367

共著[編集]

音楽[編集]

デジタル配信[編集]

  • 「鉄の女」(2017年・斉藤雪乃&嘉門タツオ名義、デジタル配信のみ)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本人は欠席していたが、総合司会の森たけしより発表された。
  2. ^ その後、吹田信号場(旧国鉄JR西日本管轄)への施設格下げ(1984年2月)を経て、現在は吹田貨物ターミナル駅(JR貨物管轄)として存在する。
  3. ^ 休業中は月・火曜日を中村秀香、水曜日を武田訓佳がそれぞれ代行していた。
  4. ^ 復帰後は月曜日を中村、水曜日を武田がそれぞれ正式に担当する形となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「斉藤雪乃 DJ interview」、『ラジオライフ』2014年2月号、三才ブックス、2014年。
  2. ^ 朝生ワイド す・またん! 2011年10月31日放送回”. gooテレビ番組. NTTレゾナント (2011年10月31日). 2015年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。 ※ 現在はウェブアーカイブサイトarchive.is」内に残存
  3. ^ “YTV・吉田アナ“業務命令”に応え大阪マラソン挑戦します”. スポーツ報知(報知新聞). (2012年9月5日). オリジナルの2012年9月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120905173554/http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/entertainment/news/20120905-OHO1T00073.htm 2016年2月14日閲覧。  ※ 現在はインターネットアーカイブ内に残存
  4. ^ “斉藤雪乃さん「魅力伝える」 吹田市のPR大使に”. 大阪日日新聞. (2013年4月1日). オリジナルの2013年4月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130404140820/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/130401/20130401024.html 2013年4月14日閲覧。 
  5. ^ “「す・またん」お天気キャスター斉藤雪乃が結婚電撃発表!お相手は歌手・松ケ下宏之”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年4月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/30/kiji/20180430s00041000129000c.html 2018年4月30日閲覧。 
  6. ^ “斉藤雪乃、第1子長女出産を報告「元気いっぱいの女の子です」”. スポーツ報知. (2019年3月3日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190303-OHT1T50277.html 2019年3月4日閲覧。 
  7. ^ a b c d プロフィール - 舞夢プロ
  8. ^ 斉藤雪乃(サイトウユキノ)”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2016年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。《》
  9. ^ 斉藤雪乃のプロフィール”. Ameba (アメーバ). 2016年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月14日閲覧。 “本人オフィシャルブログ(アメブロ)内に掲載されているプロフィール・ページ”
  10. ^ a b “「筋金入りです」ほんわか癒やし系「鉄ドル」斉藤雪乃 受け狙いの戦略ではなかった! 次は「そば鉄」? 3/5”. 産経新聞社. (2015年6月16日). http://www.sankei.com/west/news/150619/wst1506190011-n3.html 2018年6月1日閲覧。 
  11. ^ a b “「筋金入りです」ほんわか癒やし系「鉄ドル」斉藤雪乃 受け狙いの戦略ではなかった! 次は「そば鉄」? 1/5”. 産経新聞社. (2015年6月16日). http://www.sankei.com/west/news/150619/wst1506190011-n1.html 2018年6月1日閲覧。 
  12. ^ “「筋金入りです」ほんわか癒やし系「鉄ドル」斉藤雪乃 受け狙いの戦略ではなかった! 次は「そば鉄」? 2/5”. 産経新聞社. (2015年6月16日). http://www.sankei.com/west/news/150619/wst1506190011-n2.html 2018年6月1日閲覧。 
  13. ^ “「筋金入りです」ほんわか癒やし系「鉄ドル」斉藤雪乃 受け狙いの戦略ではなかった! 次は「そば鉄」? 4/5”. 産経新聞社. (2015年6月16日). http://www.sankei.com/west/news/150619/wst1506190011-n4.html 2018年6月1日閲覧。 
  14. ^ 小川裕夫 (2008年12月22日). “木村裕子の元マネが注目! 新人鉄道アイドル斉藤雪乃”. 日刊サイゾー. サイゾー. 2016年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。《》
  15. ^ 鉄ドル木村裕子の幼少期~家のふすまで電車ごっこ”. 共同通信47NEWS) (2015年7月27日). 2016年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。
  16. ^ “鉄道アイドル”木村裕子・斉藤雪乃”のトークショー&サイン会、7月15日(水)東京 神保町にて開催” (プレスリリース), (株)交通新聞社《@Press》, (2015年7月10日), オリジナルの2016年2月20日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160220103103/https://www.atpress.ne.jp/news/66625 2016年2月20日閲覧。 

外部リンク[編集]