杉原杏璃

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

すぎはら あんり
杉原 杏璃
杉原杏璃.png
杉原 杏璃
プロフィール
別名義 杉原 あんり(旧芸名)
生年月日 1982年6月12日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本広島県福山市
血液型 A型
公称サイズ(2022年[1]時点)
身長 157 cm
スリーサイズ 89 - 56 - 80 cm
カップサイズ G
備考 靴サイズ:23.5 cm
活動
デビュー 2003年
ジャンル グラビアアイドル
他の活動 タレント女優
事務所 フィット
アイドル: テンプレート - カテゴリ

杉原 杏璃(すぎはら あんり、1982年6月12日 - )は、日本タレント、元グラビアアイドル投資家[2]実業家[2]広島県福山市出身[3]スターダストプロモーションARIMAXを経て、現在はフィット所属[4]

来歴

広島県立福山葦陽高等学校卒業[5]

高校卒業後、上京。「背が低くて、声が高い所を生かしたい」と思い、グラビアでやっていこうと決めた[6]

タイが好きで、特技はカポエイラ[7]。左利き。胃下垂で食べても太れないと話している[8]。株式投資で何度か成功を収めており、2015年には「財テクタレント」及び「株ドル(投資アイドル)」と呼ばれる[9][10]

2012年、広島県観光秘書に就任する[11][12]

2015年に発表した自伝的小説『…and LOVE』[13]が、2017年に自らの主演で映画化される[14]

2015年に立ち上げたソフト補正下着のブランド「Andijur」が大手通販専門チャンネルで大ヒットする[15][16]

2017年1月20日発売のDVD『Last Kiss~杉原杏璃ファイナルイメージ』でイメージDVDの仕事に終止符を打ったことで、グラビア活動からは卒業かと思われた。この時は「まだまだやるつもりです!」と完全否定していたが[17]、後述の結婚に伴い完全に卒業。

2018年10月26日、音楽出版会社の代表取締役の男性と結婚したことをブログで公表した[18]。37歳の誕生日にあたる2019年6月12日に、神田明神で挙式[19]

2019年6月1日、以前より続けてきた株式投資経験やノウハウを綴った単行本『株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門』を発売。翌2020年には不動産投資に関する単行本『不動産投資は自分らしく生きる道具』を発売した[20]

2021年4月3日、離婚報道を受け自身のブログで1年前に離婚していたことを明かした[21][22]

2022年12月、当年で40歳とデビュー25周年となる節目に2023年6月まで期間限定でグラビア復帰し、2023年1月に6年半ぶりの写真集を発売する[23][注 1]

人物

財テクに長けていることから「財テクアイドル」・「株ドル」とも呼ばれている[25]

初の投資は23歳。好きが高じて買ったゲーム関連株がスマホゲームブームで上がり、資産を積み上げ29歳で家を購入し30歳で資産1億円を超える「億り人」となった[26]

グラビアのフィールドを通して、投資に慣れていない人の入口になりたいと考えている[26]

2018年の結婚を機にグラビア活動から離れたが、もう一つの理由として33歳ぐらいから突然、高所恐怖症となり、当時住んでいたタワーマンションから引っ越したり、薬を服用しながらグラビアを続けていたが飛行機に乗ると気絶するようになり飛行機NGに。さらに、デビュー時から水辺(特に海)が苦手で、飛行機NG・海NGという身体的な理由だったことを『デイリー新潮』のインタビューで明かした[24]

出演

テレビ番組

テレビドラマ

Vシネマ

インターネット

舞台

  • Kiss me you〜がんばったジプシー達へ〜(2002年9月)
  • お笑い劇場 劇団ショートケーキ(2007年4月)

映画

その他

作品

DVD

WEBサイト

  • みすど mis*dol 杉原杏璃@mistyグラビア第1弾〜第3弾(@misty)

書籍

著書

  • …and LOVE(2015年6月20日、双葉社ISBN 978-4575309034) - 自伝的小説
  • 株は夢をかなえる道具 女子のための株式投資入門(2019年6月1日、祥伝社)
  • 不動産投資は自分らしく生きる道具(2020年7月1日、 祥伝社)
  • マンガでよくわかる株1年生 億り人杉原杏璃と一緒に(2021年12月、かんき出版)
  • お金に働いてもらう!ほったらかし投資(2022年11月、ポプラ社)[27]

写真集


脚注

[脚注の使い方]

注釈

  1. ^ 事務所側は当初、写真集を出すことに反対していたが杉原が説得した[24]

出典

  1. ^ 公式プロフィール”. フィット. 2022年8月29日閲覧。
  2. ^ a b 「厳しい時こそ、人の逆を」逆境を超えた杉原杏璃、“億り人”の今”. Yahoo! Japan. ヤフー株式会社 (2021年12月10日). 2021年12月10日閲覧。
  3. ^ Gカップ杉原杏璃、恋愛に焦燥感!?「とりあえずトキめく人が欲しい!」”. マイナビニュース (2015年12月22日). 2016年9月24日閲覧。
  4. ^ 杉原杏璃 所属事務所
  5. ^ クラスメイトレター 平成13年卒 杉原杏璃さん”. あしび 2013年07号. 福山葦陽東京同窓会. 2016年9月24日閲覧。
  6. ^ FLASH』2013年3月19日号、光文社、2013年、 60-61頁。
  7. ^ eワラント/中国バブル、指をくわえて見てるテはない”. Webマガジン 月刊チャージャー2010年1月号. 2010年1月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年1月3日閲覧。
  8. ^ 89cmGカップ杉原安璃 じゃがりこを箱で欲しがる”. アメーバニュース (2009年11月23日). 2010年2月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月2日閲覧。
  9. ^ “杉原杏璃が儲けた株の銘柄を調査!気になる財テクや投資法を公開!”. 107キロ会社員の満腹日記 (107キロ会社員の満腹日記). (2016年6月14日). http://banbanbangohan.com/archives/293 2016年12月19日閲覧。 
  10. ^ “株ドル・杉原杏璃がイチ押し優待株を紹介”. ハーバービジネスオンライン (ハーバービジネスオンライン). (2015年2月8日). https://hbol.jp/17368 2016年12月19日閲覧。 
  11. ^ 広島県おしい!委員会とは”. おしい!広島県. 2012年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  12. ^ 有吉弘行 地元・広島県の“おしい!”委員長に!AKBあっちゃんにエール”. News Lounge (2012年3月27日). 2015年5月4日閲覧。
  13. ^ 「想像しながら…」杉原杏璃、濃厚ラブシーンに火照る”. ザテレビジョン (2015年7月5日). 2021年2月25日閲覧。
  14. ^ a b “杉原杏璃、濡れ場相手をオーディション公募!処女小説の映画化決定”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年6月5日). https://www.sanspo.com/article/20160605-7ONT3WLMSRKSDLJFYFHYF47HUU/ 2016年6月5日閲覧。 
  15. ^ "「Skettt(スケット)」にフィット所属の吉木りささん、杉原杏璃さんが参加。全部で200枚以上の素材が自社サイトやバナー等で最短1ヶ月から利用が可能に。". 株式会社Wunderbar. 株式会社PR TIMES. 21 April 2022. 2022年9月10日閲覧
  16. ^ "杉原杏璃 資産1億円超「株で人生の選択肢が広がった」株式投資で得た利益を元手に補正下着ブランドを立ち上げ". 日経WOMAN. 日経BP. 27 December 2021. 2022年9月10日閲覧
  17. ^ 杉原杏璃、自伝的小説映画化で初主演!「まだまだやるつもりです!」”. スポーツ報知 (2017年3月18日). 2017年4月14日閲覧。
  18. ^ グラビアタレントの杉原杏璃が結婚発表「夫婦支え合って明るい家庭を」”. スポーツ報知 (2018年10月26日). 2018年10月26日閲覧。
  19. ^ “杉原杏璃、37歳の誕生日に神田明神で挙式「白無垢は人生初」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年6月14日). https://www.sanspo.com/article/20190614-UF3QVD6NNRJZ3DFPPF4RWW5WIE/ 2019年6月14日閲覧。 
  20. ^ 株タレント・杉原杏璃、女子のための不動産投資を説く「"ローン"は"資産"という考え方もある」”. BOOKウォッチ. 株式会社ジェイ・キャスト (2020年7月13日). 2023年1月2日閲覧。
  21. ^ “いつも応援してくださる皆さんへ”. 杉原杏璃 公式ブログ Powered by LINE. (2021年4月3日). https://lineblog.me/sugiharaanri/archives/13278778.html 2021年4月3日閲覧。 
  22. ^ 杉原杏璃 ブログで離婚報告「1年前にすでに」「祝福をして頂いた皆さんには本当に申し訳なく」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年4月3日). 2021年4月3日閲覧。
  23. ^ “杉原杏璃、期間限定でグラビア復帰 23年1月、6年半ぶり写真集「それから、」発売”. サンケイスポーツ (産経新聞社). (2022年12月16日). https://www.sanspo.com/article/20221216-N2YU7HCUCNMLTLYSFVE34RYCKY/ 2023年1月1日閲覧。 
  24. ^ a b “6年半ぶりに水着姿 杉原杏璃が初めて明かすグラビアアイドル引退の真相”. 株式会社新潮社. (2023年1月13日). https://www.dailyshincho.jp/article/2023/01131700/?all=1 2023年1月16日閲覧。 
  25. ^ “天才テリー伊藤対談「杉原杏璃」(1)映画ですべてを見せる覚悟もありました”. アサ芸プラス. (2017年3月21日). https://www.asagei.com/excerpt/77282 2020年2月12日閲覧。 
  26. ^ a b 「エロとお金はみんな好き」 杉原杏璃が“億り人”となっても働き続けるワケ” (日本語). デイリー新潮 (2023年1月13日). 2023年1月15日閲覧。
  27. ^ "『お金に働いてもらう!ほったらかし投資』著者:杉原杏璃~話題の1冊☆著者インタビュー". 週刊実話WEB. 日本ジャーナル出版. 23 January 2023. 2023年1月23日閲覧

外部リンク