HELLO (福山雅治の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
HELLO
福山雅治シングル
初出アルバム『M-COLLECTION 風をさがしてる
B面
  • そのままで…
  • Pa Pa Pa
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
レーベル BMGビクター
作詞・作曲 福山雅治
プロデュース GOOFY MORI
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1995年2月・3月度月間2位(オリコン)
  • 1995年4月度月間8位(オリコン)
  • 1995年度年間3位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング31位
  • 福山雅治 シングル 年表
    • HELLO
    • (1995年)
    ミュージックビデオ
    「HELLO」 - YouTube
    テンプレートを表示

    HELLO」(ハロー)は、福山雅治の楽曲。1995年2月6日にBMGビクター(現・Ariola Japan)より通算10作目のシングルとして発売された。

    解説[編集]

    本作から当時のJ-POPシングルとしては珍しかったマキシシングルで発売された。

    前作『IT'S ONLY LOVE/SORRY BABY』に続き、オリコンシングルチャートで初登場1位を獲得し、1年ぶり2作連続でミリオンセラーとなった。オリコン集計で12cmシングル(マキシシングル)がミリオンヒットを記録したのは、本作が初めてとなった[注釈 1]

    その後オリコン累計売上枚数は約187万枚となり[5][6]、福山のシングルとしては2000年に発売した15thシングル『桜坂』に次ぐヒット作品になっている。

    ジャケットには、写真家・植田正治が撮影した写真が使用された[7]。この出会いをきっかけに、福山は植田との交流を深めていくことになる。

    なお、発売日の1995年2月6日は福山の26歳の誕生日。

    収録曲[編集]

    全作詞:福山雅治

    1. HELLO (4:03)
      フジテレビ水曜劇場最高の片想い』主題歌。
      ドラマのプロデューサー大多亮から「"片想い"をテーマに、アコースティック・ギターがジャカジャカ鳴っているR&Rな曲が欲しい」とリクエストされ、これまでに福山が学んできたものを全部つぎ込んで1曲作ってやろうという意気込みで制作したという[8]。自身のラジオ番組内で、ギター弾き語りの練習曲として「HELLO」を勧めたことがある。
      ミュージック・ビデオが制作されており、映像作品『FUKUYAMANIA』に収録されている。
      プロレスラーの黒潮"イケメン"二郎が入場曲に使用している[9]。2019年12月には、福山の『男性限定LIVE 野郎夜!! 6』スペシャルムービーに黒潮とハリウッドザコシショウ(「誇張しすぎた福山雅治」というネタがある)のプロレスが挿入された[10]
      オリジナル・アルバムには未収録で、ベスト・アルバム『M-COLLECTION 風をさがしてる』でアルバム初収録となった。
    2. そのままで… (4:58)
      福山の作品の中では珍しく"雪"という言葉が出てくる曲である。
    3. Pa Pa Pa (3:37)
      ダイドーブレンドコーヒー」CMソング。
      アレンジを見据えた曲作りから出来た1曲であるという[8]
    4. HELLO (オリジナル・カラオケ) (4:03)
    5. そのままで… (オリジナル・カラオケ) (4:58)
    6. Pa Pa Pa (オリジナル・カラオケ) (3:32)

    ミュージシャン[編集]

    HELLO

    そのままで…

    Pa Pa Pa

    • Drums:NORIYASU KAWAMURA
    • Bass:SHUNSUKE TSUNODA
    • Guitars:MAKOTO SAITO
    • Keyboards:ATSUO KATAYAMA
    • Percussions:AKIHIKO NARITA
    • Computer & Synthesizer Programming:HITOSHI ANBAI
    • Background Vocals:MAI YAMANE / MAKOTO SAITO

    収録アルバム[編集]

    HELLO

    そのままで…

    Pa Pa Pa

    • M-COLLECTION 風をさがしてる
    • Fukuyama Masaharu ANOTHER WORKS remixed by Piston Nishizawa (リミックスバージョン)

    カバー[編集]

    HELLO

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 日本レコード協会では、B'zが1989年に発売したミニ・アルバム『BAD COMMUNICATION』がシングル扱いになっており、こちらが12cmシングル初のミリオンセラー作品となっている。

    出典[編集]

    1. ^ 福山雅治 / HELLO”. CDJournal. シーディージャーナル. 2020年9月6日閲覧。
    2. ^ 4月度「ゴールド・アルバム」他認定作品」『The Record』第427号、日本レコード協会、1995年6月1日、 5頁。
    3. ^ ザテレビジョンドラマアカデミー賞:【第4回主題歌賞】「HELLO」福山雅治”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2020年9月6日閲覧。
    4. ^ 第10回日本ゴールドディスク大賞|THE GOLD DISC”. 日本レコード協会 (1996年). 2020年9月6日閲覧。
    5. ^ “福山雅治、11年ぶりベスト盤 20周年集大成で歴代ヒット曲網羅”. ORICON NEWS (オリコン). (2010年9月21日). https://www.oricon.co.jp/news/80238/full/ 2020年9月6日閲覧。 
    6. ^ “【音楽】今から20年前1995年の音楽シーンはミリオン23作品…CDが売れた時代”. MusicVoice (アイ・シー・アイ). (2015年1月12日). https://www.musicvoice.jp/news/20150112022163/ 2020年9月6日閲覧。 
    7. ^ 福山雅治 Masaharu FukuyamaはInstagramを利用しています:「#植田正治 #SHOJIUEDA #HELLO #1994年 #DECEMBER #鳥取砂丘 #福山雅治 #PHOTOSTREAM #植田調 #UedaCho #France」”. 福山雅治 Official Instagram (2020年7月5日). 2020年9月6日閲覧。
    8. ^ a b 福山雅治 (1995年). 福山雅治『M-COLLECTION 風をさがしてる』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. BMGビクター.
    9. ^ “衝撃のラスト5秒 誇張しすぎた福山雅治 vs 黒潮“イケメン”二郎”. JASON RODMAN (東急エージェンシー). https://jasonrodman.tokyo/kochoshisugita-fukuyamamasaharu/ 2020年9月6日閲覧。 
    10. ^ “ザコシも「マジかよ!?」福山雅治本人から誇張しすぎた福山雅治へ出演オファー”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2019年12月10日). https://natalie.mu/owarai/news/358950 2019年12月11日閲覧。 
    11. ^ “阪本奨悟、映画「恋と嘘」主題歌で福山雅治「HELLO」カバー”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2017年7月24日). http://natalie.mu/music/news/241955 2017年9月9日閲覧。 
    12. ^ “本日公開の「映画クレしん」ひろしが福山雅治、みさえがMISIAの楽曲を熱唱”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2019年4月19日). https://natalie.mu/music/news/328550 2019年5月11日閲覧。 

    外部リンク[編集]