追憶の雨の中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
追憶の雨の中
福山雅治シングル
初出アルバム『伝言
B面 かなしみは…
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル BMGビクター
作詞・作曲 福山雅治
佐野日出夫(補作曲)
プロデュース HISASHI SHIRAHAMA
福山雅治 シングル 年表
-追憶の雨の中
1990年
アクセス
(1990年)
伝言 収録曲
古い友への手紙
(5)
追憶の雨の中
(6)
かなしみは…
(7)
THE BEST BANG!! 収録曲
追憶の雨の中
(1)
逃げられない
(2)
テンプレートを表示

追憶の雨の中」(ついおくのあめのなか)は、福山雅治の1枚目のシングル1990年3月21日に発売された。発売元はBMGビクター(現・Ariola Japan)。

解説[編集]

福山雅治のデビューシングル。1988年10月から行われていたレコーディングの中で制作された。もともと1989年5月のデビュー予定であったが、自分のキーに合わない曲を歌い続けたため声帯にポリープができてしまい、デビューがこの時まで延期になっていた。福山からのリクエストでプロデュースは元ARB白浜久が手掛けている。

デビュー日はスケジュールが空いていたため、事務所から2トントラックを借りて引越しをしていた。

福山と同じ所属事務所アミューズのバンド、BEGINも同じく3月21日に「恋しくて」でデビューしている。

「追憶の雨の中」CDの初回出荷枚数は2,800枚であったが、何故か福山本人には3,800枚と伝えられていたという。

同年4月21日には、デビューアルバム『伝言』が発売された。

収録曲[編集]

全編曲:白浜久

  1. 追憶の雨の中
    (作詞・作曲:福山雅治 / 補作曲:佐野日出夫)
    レコーディングしていた曲の中にシングル向けの曲がなかったため、シングルを意識して書き上げられた。だが、当時の福山にはどういうものがシングルっぽいのかがわからず、とにかく明るい曲を作ろうということで書いたという[1]。当時、雨に対する思い入れは強かったという。
    PVは5万円で制作されたため、私服かつノーメイクだった。撮影場所は主に当時住んでいた福山の自宅で、福山と同じオーディションで合格した川添が8ミリビデオで撮影したという。
    2009年に発売された24thシングル「化身」(初回限定 祝20周年突入!! スペシャル・タオル付 盤)にライブ音源が収録されている。ライブで演奏する際は福山は観客を曲の始まりに「僕の始まりの歌です!!」と煽り、主にハンドマイクで演奏する。
  2. かなしみは…
    (作詞:福山雅治、白浜久 / 作曲:白浜久)
    テンポと曲調が合うのではないか、という理由でカップリング曲に選ばれた[1]。福山にとって初のバラードで、歌入れに苦労したという[1]

参加ミュージシャン[編集]

追憶の雨の中

かなしみは…

収録アルバム[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c M-COLLECTION 風をさがしてる』ブックレットに封入されている福山によるLiner notesを参照。