泣いたりしないで/RED×BLUE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
泣いたりしないで/RED×BLUE
福山雅治シングル
初出アルバム『5年モノ
リリース
規格 CD
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルJ
作詞・作曲 福山雅治
プロデュース FUKUYAMA MASAHARU
GOOFY MORI
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 週間1位(CDTV
  • 2004年12月度月間3位(オリコン)
  • 2005年度年間46位(オリコン)
  • 登場回数20回(オリコン)
  • 福山雅治 シングル 年表
    FUKUYAMA PRESENTS
    虹 〜もうひとつの夏〜

    (2004年)
    泣いたりしないで/RED×BLUE
    (2004年)
    東京
    2005年
    テンプレートを表示

    泣いたりしないで/RED×BLUE』(ないたりしないで/レッド・バイ・ブルー)は、福山雅治19枚目のシングル2004年12月1日に発売された。制作はユニバーサルJ、発売・販売元はユニバーサルミュージック

    解説[編集]

    前作「虹/ひまわり/それがすべてさ」からおよそ1年3ヶ月ぶりとなるシングル発売。[注 1]

    昨年に引き続きタイアップとなっていた大塚製薬ポカリスエット」2004年CMソングに起用されていた「RED×BLUE」、NHK連続テレビ小説わかば』主題歌となった「泣いたりしないで」が収録された両A面シングル。[1]

    初回仕様として「泣いたりしないで」をモチーフとした16P・スペシャルブックレットと、「泣いたりしないで」イメージ・クリップ収録のスペシャルDVDプレゼントの応募券が付属されていた。また、一部の店頭での先着予約購入特典としてオリジナル・ポストカードが付いてきた。

    2012年3月にはスペシャルブックレットのはまのゆか作の絵が書籍化され、絵本「泣いたりしないで」として発売された。また、「泣いたりしないで」の原画展が3月に大阪・5月に東京で開催された。

    収録曲[編集]

    1. 泣いたりしないで
      (作詞・作曲:福山雅治 / 編曲:服部隆之
      アコースティック・ギターを基調としたバラードタイアップとなったテレビドラマの内容が、福山も体験した阪神淡路大震災後の神戸を舞台にしていたことから、テーマは“再生”となっている。
      曲が完成形となるまでおよそ半年の期間を要したという。ギターのフレーズは、デモ用に録音しておいたテイクが採用されている。
    2. RED×BLUE
      (作詞・作曲・編曲:福山雅治)
      はじめにメロディー(サビ部分は10年近く前からあったという)と曲の全体像があり、東京の景色をイメージしながら主にロサンゼルスで制作された。
      使用ギターはギブソン・J-50 '59、フェンダーテレキャスターフェンダー・カスタム・ショップストラトキャスター '56(ゴールド)。
      元プロ野球選手の新庄剛志(SHINJO)が現役時代の2005年にこの曲を自身の登場曲として起用している。[注 2]
    3. 泣いたりしないで (ORIGINAL KARAOKE)
    4. RED×BLUE (ORIGINAL KARAOKE)

    参加ミュージシャン[編集]

    泣いたりしないで

    RED×BLUE

    収録アルバム[編集]

    泣いたりしないで

    RED×BLUE

    • 5年モノ
    • THE BEST BANG!!

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2004年7月28日に発売された「FUKUYAMA PRESENTS 虹 〜もうひとつの夏〜」は期間限定発売のスペシャル・シングルであった。
    2. ^ 新庄は2000年には「HEAVEN[2]、続いて「桜坂」を、2006年には「美しき花[3]を起用している。

    出典[編集]

    1. ^ 「わかば」情報”. NHKドラマホームページ (2004年8月5日). 2014年3月20日閲覧。
    2. ^ 月刊タイガース 2000年5月号45p
    3. ^ さよなら北海道1号!リーグトップの5号.新庄カウントダウン プロ野球 : nikkansports.com.2016年9月27日閲覧。

    外部リンク[編集]