ほんの5g

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほんの5g
監督 太田圭
脚本 一色伸幸
丸内敏治
出演者 富田靖子
福山雅治
布川敏和
音楽 田中公平
撮影 上田正治
編集 川島章正
配給 松竹
公開 日本の旗 1988年11月26日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ほんの5g』(ほんの5グラム)は、1988年11月26日公開の日本映画。監督は太田圭で、富田靖子主演映画として企画され、歌手デビュー前の福山雅治が相手役としてオーディション選出されて俳優デビューとなった。なお、タイトルの“5g”とは、パチンコ玉1個の重さのことである。

解説[編集]

福山雅治が所属する事務所アミューズが10周年を記念して製作した、10本の映画作品のうちの1作。主な他の出演者は、布川敏和など。

漫画家いしかわじゅん指圧師浪越徳治郎も脇役で出演している。

パチンコ店のロケは、武蔵小山駅前にあったパチンコ店「パチンコ26号線(現在は閉店)」で行われた。

公開時のキャッチコピーは「きみの、四角い心が玉にキズ。」であった。

ストーリー[編集]

寿明日香、島根県出身、短大生、20歳。就職活動に明け暮れる忙しい日々を送っているが、届くのは不採用通知ばかり。田舎の母から送られてきた見合写真にも、幼なじみの三蔵との付き合いにも、そして自分自身にも嫌気がさしていた。ある日、フラフラとパチンコ屋へ足を踏み入れた明日香は、生まれて初めてのパチンコでまさかの“777”の大フィーバー。その瞬間から明日香の単調な生活に変化が表れ始めた…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]