ロコローション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ORANGE RANGE > ロコローション
ロコローション
ORANGE RANGEシングル
初出アルバム『musiQ
リリース
ジャンル J-POP
ミクスチャー・ロック
レーベル gr8! records
プロデュース シライシ紗トリ
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(2週連続・オリコン
  • 2004年7月度月間1位(オリコン)
  • 2004年度年間7位(オリコン)
  • 登場回数30回(オリコン)
  • ORANGE RANGE シングル 年表
    ミチシルベ〜a road home〜
    (2004年)
    ロコローション
    (2004年)
    チェスト
    (2004年)
    テンプレートを表示

    ロコローション」は、日本ロックバンドORANGE RANGEの6枚目のシングル

    概要[編集]

    オリコンシングルチャートで本作は堂本剛WAVER」(初動15.2万枚)に2000枚差となる初動15.0万枚で僅差の2位でスタートし、2週目で1位を獲得して3週目も1位をキープした。ORANGE RANGEのシングルとしては、2012年現在3番目の売り上げを記録している。

    表題曲は『第55回NHK紅白歌合戦』にて沖縄からライブ中継の形で演奏された。

    レーベルゲートCD2仕様。のちに通常CDとして再発された。

    受賞[編集]

    収録曲[編集]

    1. ロコローション [3:13]
      この曲と「上海ハニー」のヒットから「夏のバンド」としてのイメージが定着し、『ミュージックステーション』の夏歌ランキングでは上位に入るなど、夏の定番曲となった。
      PVのエキストラのほとんどがメンバーの友人である。特にYAMATOは50人ほど呼んだが、それを見たRYOが「呼ぼうと思っていたが、YAMATOのあまりの友達の多さにやめた」とのこと。YOHはYAMATOの友達に何度か「暑くないか? 大丈夫か?」などと心配していたという。
      当初は「作詞・作曲:ORANGE RANGE」であったが、「ロコ・モーション」の製作サイドからクレームがつき、『musiQ』収録時以降は原曲製作者名義でのクレジットとなっている。
    2. MONKEY MAGIC [4:13]
      ゴダイゴ同名曲のカバー曲。英語詞。
    3. ORANGE BOAT [3:00]
      • 作詞・作曲:Irving Burgie William Attaway ORANGE RANGE
      Harry Belafonteの「バナナ・ボート」のカバー曲扱い。民族楽器は各メンバーが好きなものを選んで演奏した。
    4. ロコローション〜RYUKYUDISKO REMIX〜 [4:21]
      RYUKYUDISKOによるリミックスバージョン。

    関連情報[編集]

    収録アルバム[編集]

    タイアップ[編集]

    関連項目[編集]