HERO (Mr.Childrenの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mr.Children > HERO (Mr.Childrenの曲)
HERO
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『シフクノオト
B面 空風の帰り道
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2002年12月度月間1位(オリコン)
  • 2003年度年間9位(オリコン)
Mr.Children シングル 年表
Any
(2002年)
HERO
(2002年)
掌/くるみ
2003年
シフクノオト 収録曲
タガタメ
(11)
HERO
(12)
血の管
(7)
空風の帰り道
(8)
Any
(9)
ミュージックビデオ
「HERO」 - YouTube
テンプレートを表示

HERO」(ヒーロー)は、Mr.Childrenの24枚目のシングル2002年12月11日トイズファクトリーより発売。

概要[編集]

桜井和寿小脳梗塞から復帰した後に発売された、前作から約5ヶ月ぶりのシングル。初回限定盤は飛び出す絵本のような仕様となっている。

曲自体は休養前にほぼ完成していたが本格的な活動再開には間に合わなかったため、メンバーを映すPV撮影やプロモーション活動をほぼ行なっていなかったが、桜井復帰の話題性からかオリコンチャートで32週チャートインするロングヒットとなった。2003年度のオリコン年間シングルランキングで9位にランクインし、13thシングル「Everything (It's you)[1]以来6年ぶりに年間TOP10入りを果たした。Mr.Childrenはこの年から6年連続でシングル年間TOP10入りを果たしている[2]

2002年に放送された「Mr.Children 2002 ドキュメント -HERO-」にてこの曲について桜井は、「HEROに歌われている内容は、ある人にとっては彼女のためにHEROになりたいということかもしれないけれど、父親が子供に対して思う気持ちも強く描いた曲だと思っていて、それが病気(小脳梗塞)の時に思った気持ちとリンクはしていると思う。」と語っている[3]

収録曲[編集]

  1. HERO
    NTTドコモ「NTT DoCoMo Group 10th Anniversary」キャンペーンCMソング
    親から子へ向けたラブソングである。
    アニメーション作家の村田朋泰が監督をつとめた[3]PVは、Mr.Childrenでは初のクレイアニメで、このPVは「SPACE SHOWER Music Video Awards 03」で「BEST ANIMATION VIDEO」を受賞、後にライブビデオ『wonederful world on DEC 21』にも収録された。
    小田和正は2002年の「クリスマスの約束」でこの曲をカバーした際に「最初は22ndシングル「君が好き」を歌うつもりだったけど、CMを見て急遽変更した」と語っている。また、2003年の同番組に出演した桜井は友人の結婚式で「この曲を小田さんっぽく歌った」と語っている。
    復帰したばかりだったためリリース当時はテレビ番組で披露されなかったが、後に2008年の『FNS歌謡祭』で「HANABI」とともに披露された。その際に2番の一部歌詞を間違えて歌っている。
    11thアルバム『シフクノオト』では意図的に「タガタメ」の次に収録されている。
  2. 空風の帰り道
    • 作詞・作曲:桜井和寿 編曲:小林武史 & Mr.Children
    Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』では演奏されていないが、『ap bank fes '07』や、『Mr.Children[(an imitation) blood orange]Tour』のドーム公演では演奏された[4]
    この曲以降、カップリング曲がオリジナルアルバムに収録されるのは2007年発売の31stシングル「旅立ちの唄」のカップリング曲である「羊、吠える」まで途切れることとなる[5]

脚注[編集]

  1. ^ 1997年度年間8位
  2. ^ 2004年度:26thシングル「Sign」、25thシングル「掌/くるみ」、2005年度:27thシングル「四次元 Four Dimensions」、2006年度:29thシングル「しるし」、2007年度:31stシングル「旅立ちの唄」、2008年度:33rdシングル「HANABI
  3. ^ a b 「Mr.Children 2002 ドキュメント -HERO-」(フジテレビ系列、2002年12月27日放送分)
  4. ^ 2013年にリリースされたDVDおよびBlu-ray Discには未収録となっている。
  5. ^ 2005年発売の「四次元 Four Dimensions」は4曲A面であり、日本レコード協会では収録曲数によりアルバムに分類されているため、カップリング曲が存在しない。

カバー[編集]

収録アルバム[編集]